2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« 2人の想いがとけあった… 「akiko × masaki hayashi 『spectrum』Release Live @ ハクジュホール (11/19)」 | トップページ | 今年、発売のクリスマス・アルバム…。 »

2019年11月23日 (土)

心揺さぶる歌心 『Gary Karr Contrabass Recital  @ りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 (11/21)』

Gary Karr Contrabass Recital  @ りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 (11/21)
Gary Karr (b)   Harmon Lewis (p)
Img_8142e1574339654908400x600
(この写真は、りゅーとぴあのHPからおかりしました)
クラシックは、本当に本当に本当に門外漢なので、まぢ個人ブログの備忘録っす。
「コントラバス界の“生きる伝説”が新潟にやってくる!」
という、キャッチに魅せられ一人でおでかけ。
りゅーとぴあ の会員で、発売日にとったチケットなので最前列でマエストロの真ん前!
定刻、黒を基調に総柄のジャケットと真っ赤なサッシュベルトがオシャレなマエストロ登場!
拍手が終わるとすぐに演奏がはじまりました。
日頃見慣れているジャズのベース奏者と大きく違うのは、奏法が弓弾き(ボーイング)ということ。
短い音符は、弓を細かく刻んで躍動感をつけ、長い音符は最後の1音まですべらかに消えていく。
これがコントラバスの音か!と、思うほど、、しなやか美しい高音でも感情豊かにメロディを奏でる。
信じてもらえないだろうけど、顔芸まであるんですぜ。最前列のど真ん中の特権。笑
顔をクシャおじさんにしたり、アインシュタインみたいな ベロ出しもありましたよ。
かと思えば、お気に入りのメロディを、美しい音色を奏でるときの 恍惚とした表情…
愛機に口づけまでしてましたね。
そして、伴奏者いとの阿吽の呼吸や、演奏を始めるタイミングのアイコンタクト?も可愛らしかった。
休憩前のボッテシーニの「夢、タランテラ」、素晴らしかったなぁ。
と、夢見心地でいたら、、後半の流れも超素晴らしく、、
特に、愛機を受け継いでいるクーセヴィツキーの曲、ジャズでも時々聴くカタロニア民謡の「鳥の歌」、終演曲となったパガニーニの「ロッシーニの歌劇「エジプトのモーゼ」の主題による幻想曲」圧巻でした。。
拍手喝采でまさかのトリプル・アンコール。
アンコール曲は、その都度、マエストロが曲名を叫びます。
そういえば、ガーシュインの「ベースを叩け」を弾きながら「Slap that Bass !」って掛け声を入れるのも楽しかった!
2曲めの山田耕筰の「からたちの花」を演奏しはじめた時には、場内に「おぉ〜」って感じの小さな歓声が。
ドアからアンコールする聴衆を伺う様子も可愛かった!
なんと、3曲めは映画「スティング」のテーマ曲にもなった、ジョプリンの「エンターテイナー」、会場からは手拍子も聴こえ賑やかな終演となりました。感謝!
御歳78歳のミスター・コントラバス、めちゃチャーミング!
懸念した堅苦しさはどこにもなく、超絶技巧の演奏と美しい音色にノックアウトされました。。心揺さぶる歌心を感じたのは、私だけではないはずです。
まさかのトリプルアンコール後に、サイン会もあって、めちゃ感動しました。
また、来日してくださいね。また、行きます!
リサイタル・プログラムより
エックレス:ソナタ イ短調
グリーグ:ソナタ イ短調 Op.36 より 第一楽章
メンデルスゾーン:無言歌 より ト短調「そよ風」、変ロ長調「旅人の歌」、ヘ長調「夢」、ハ長調「タランテラ」
ガーシュイン:前奏曲 第2番、ベースを叩け
ラヴェル:ハバネラ
ボッテシーニ:夢、タランテラ
休憩
サン=サーンス:「動物の謝肉祭」より 白鳥
クーセヴィツキー:アンダンテ、小さなワルツ
ラフマニノフ:ヴォカリーズ
カタロニア民謡:鳥の歌
パガニーニ:ロッシーニの歌劇「エジプトのモーゼ」の主題による幻想曲
アンコール
ロレンツェッティ:ガヴォット、象さんとはえ
山田耕筰:からたちの花
ジョプリン:エンターテイナー
もう、冬の寒さです。
朝晩の冷え込みが、、辛い季節になりましたね。
んじゃ、退散♪

« 2人の想いがとけあった… 「akiko × masaki hayashi 『spectrum』Release Live @ ハクジュホール (11/19)」 | トップページ | 今年、発売のクリスマス・アルバム…。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2人の想いがとけあった… 「akiko × masaki hayashi 『spectrum』Release Live @ ハクジュホール (11/19)」 | トップページ | 今年、発売のクリスマス・アルバム…。 »

無料ブログはココログ