2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« 静謐な中の浮遊感と哀愁 『Lost River / Michele Rabbia  Gianluca Petrella  Eivind Aarset 』 | トップページ | 硬質…甘さを排除した抒情 『When Will The Blues Leave / Paul Bley  Gary Peacock  Paul Motian』 »

2019年6月21日 (金)

めちゃハンサムなガールズバンド 「吉野 ミユキ カルテット @ Jazz FLASH (6/20)」

吉野 ミユキ カルテット @ Jazz FLASH (6/20)
吉野 ミユキ (as)  外山 安樹子 (p)  若林 美佐 (b) 鈴木 麻緒 (ds)
 
Growing_up
 
2014年に結成した女性ばかりメンバーの吉野 ミユキ カルテット。
2014年には『Starting Point』、2016年には『Growing Up』の2枚のCDをリリースしてます。
当初、東京で活躍していた若林 美佐ベーシストが、山形に住居を移してから、なかなか演奏のタイミングが掴めないのだとおもいますが、
今回は、山形の鶴岡に近い新潟市と山形県内でのツアーとのことで、Jazz FLASHに行ってきました。
 
満席の会場、ステージに女性4人は華やかですね!
オープニングは、彼女の名前のMをつけたナンバー。最初から全員で飛ばしていきます。
もう、男性の「やぁ!」とか、「おぉ!」とか、低い掛け声が飛び交って盛り上がる!
 
選曲は、新旧のCDからの彼女のオリジナルとスタンダード。曲のエピソードなどMCもきちんとしてくださって、面白かった。
明るく華やかな音色のアルトサックス奏者、吉野ミユキ奏者は、気を衒わずでも、表現力の素晴らしいアルト・サックス。ロングトーンの音色の美しいこと!
オリジナルも、前向きな曲調で、アンサンブルも決めや重なりがスリリングでかっこいい。
 外山 安樹子ピアニストも、美しいフレーズを交えながらガッツで弾きまくります。
もちろん、下を支える若林 美佐ベーシストの力強いバネと正確なピッチは絶大です。
そして、後ろに控える 鈴木 麻緒ドラマーのパワフルな色付けがバンドサウンドをグッと強靭に。
 
美しくも、強者の集まったバンドっす。
ストレートに歌うサックス、息のあったバンドサウンド心地よかったですね。
そうそう、、ガールズなのに、メンバーの演奏はなぜかとてもハンサム!かっこいい!!
久しぶりにスタンダードのストレートな歌心を楽しみました♪
もう、最初から最後まで盛り上がりましたよ! とても、リラックスしてめちゃ楽しみました♪
 
前作は、ピアノの外山さまに頼んで、サイン入りを購入したんだけど、
今回は、しっかりCD持参でサインをいただきましたよん♪
 
でも、帰りに独りで居酒屋さんに行っちゃったので、、まぁ、細かいことは。。m(_ _)m
 
んじゃ、退散♪

« 静謐な中の浮遊感と哀愁 『Lost River / Michele Rabbia  Gianluca Petrella  Eivind Aarset 』 | トップページ | 硬質…甘さを排除した抒情 『When Will The Blues Leave / Paul Bley  Gary Peacock  Paul Motian』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 静謐な中の浮遊感と哀愁 『Lost River / Michele Rabbia  Gianluca Petrella  Eivind Aarset 』 | トップページ | 硬質…甘さを排除した抒情 『When Will The Blues Leave / Paul Bley  Gary Peacock  Paul Motian』 »

無料ブログはココログ