2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« ファンキーだぜ! 『Sharp Eleven / #11 (Fabio Bottazzo , Hideko Kimura , Kazufumi Tsuchmura , Shinichiro Kamoto)』 | トップページ | 『ジャズ批評 209号』がでました〜♪ »

2019年4月21日 (日)

情緒豊かに、穏やかに… 『Epistrophy / Bill Frisell  Thomas Morgan

Epistrophy


 

 

この2人のアルバム『Small Town』は、感性の掛け合い、癒しの空間でした。

なんと、再び、ニューヨークのヴィレッジ・ヴァンガードでのライヴの録音盤がでるとのことで、楽しみにしてました!

 

オープナーは、ひたすら優しく穏やかな「All in Fun」。息のぴったりあった癒しの演奏に、終了とともに歓声があがる。カントリー・ソングをメドレーで、長閑に「Wildwood Flower」、明るく「Save The Last Dance For Me」。

一転、コンテンポラリーのクールな演奏、ポール・モチアン曲「Mumbo Jumbo」。

美しいバラッド「You Only Live Twice」、悶絶するほど美しく、情感豊かな演奏。

スタンダードでビリー・ストレイホーンの名曲「Lush Life」、音数も少なく夜の闇にメロディが静かに流れていく。

タイトル曲セロニアス・モンクの「Epistrophy」、すこしテンポもあがってファンキーにインプロゼーションを積み上げていく。再び、ゆったりとモンクのバラッド「Pannonica」。

大自然が広がる音風景「Red River Valley」。

終演は、フランク・シナトラを始め多くの歌手に愛されてきたスタンダード「 In the Wee Small Hours of The Morning」。2人の心の中の歌声が聴こえてくる愛情満ちた演奏。

 

本当に、この2人の相性は抜群ですよね。

2人とも引き算の美学の達人!

いわゆる超絶な掛け合いでないけれど、誰にも真似のできない世界。

日曜日の朝にぴったりな1枚ね♪

 

 

1. All in Fun

2. Wildwood Flower / Save The Last Dance For Me

3. Mumbo Jumbo

4. You Only Live Twice

5. Lush Life

6. Epistrophy

7. Pannonica

8. Red River Valley

9. In the Wee Small Hours of The Morning

 

Bill Frisell  (g)

Thomas Morgan (b)

 

今日のおまけは、「You Only Live Twice」。



 

平成ももうすぐ終わります。

我が家では、旅行にいってしまうけど。。

 

んじゃ、退散♪

 

« ファンキーだぜ! 『Sharp Eleven / #11 (Fabio Bottazzo , Hideko Kimura , Kazufumi Tsuchmura , Shinichiro Kamoto)』 | トップページ | 『ジャズ批評 209号』がでました〜♪ »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ファンキーだぜ! 『Sharp Eleven / #11 (Fabio Bottazzo , Hideko Kimura , Kazufumi Tsuchmura , Shinichiro Kamoto)』 | トップページ | 『ジャズ批評 209号』がでました〜♪ »

無料ブログはココログ