2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

音楽で拡がる輪

« やみつきだぜっ! 『Bungalow Japan Tour 2018 @ Jazz FLASH (11/12)』 | トップページ | 双頭テナーで快進撃! 『Tenors of Our Time / Dave O'Higgins Trio + Max Ionata』 »

2018年11月16日 (金)

ざ・正統派! 「佐津間 純&若林 美佐デュオツアー@Jazz Flash(11/15)」

佐津間 純&若林 美佐デュオツアー@Jazz Flash(11/15)

佐津間 純(g) 若林 美佐(b)

46485370_1292776454193159_610468586


私の大好きな「糸ものデュオ」!!
10月の初めに、ピアニストのたなかかつこさまとデュオでいらしていた、ベーシストの美佐さま。
私との地元のジャズ友の間では、和製ハンナ(『BLUE GIANT』に登場するベーシスト)で通ってます。イメージは「バッチコイ」笑
この時、糸ものデュオのアルバム『Weaver of Dreams』を購入したにですが、これがもう秋の夕暮れにぴったりな秀作。リリース以来?毎年、新潟にいらしてるようですが、なかなか、参戦できず、今回がはじめて。

オープナーは「I've Never Been In Love Before」。スイングするギターが始まると、心が踊る。ベースがタイミングを見合わせて入ってくる。時々、アイコンタクトをしながら楽しそうに演奏が進む。グルーヴィな丁々発止の演奏、相手の意図を読み取り、瞬時に返答。1曲めからがっつり心を掴まれちゃいました。高速「Funji Mama」、ハードアクション、スリリングだったなっ!

ケニー・バレルを敬愛するギタリストは、バップギタリストの鏡のような正統派のギター、グルーブ感が強烈で素晴らしい!! そして、ご自慢のフルアコGibson Super 400で、奏でられる美しい音色にうっとり。


「But Beautiful」、「My Ship」、「Moon and Sand」など、、比較的ゆったり、しっとりした演奏にみせる叙情豊かソフトでジェントルな語り口。典型的な女性が腰砕けになる甘いトーン♪ロマンチックなレーズでメロメロですな。笑
ベーシストが、ビートを刻むのはもちろん、テーマもピチカートでバンバンいけるので、裏に表に双頭のデュオ。
ギターとベースの高速ユニゾンもなんのその♪
互いを尊重し、慈しむ包容力の高い阿吽の演奏。聴いていて、とても心地よくなる。
1セットだけでも、8曲くらい次から次と演奏が続き、休憩をはさんで、2セット、アンコールまで楽しくすごしましたよ。

2人は、演奏時はセットリストは決めてないのだそうです。レパートリーの中からギタリストがチョイスして弾きだす、そして、2人の音風景を創り出して行く。
奇をてらった演奏はないけど、知ってるスタンダードも、知らないスタンダードもとても楽しい。
久しぶりに、ジャズの原点を見つめなおすような、素敵な時間でした。
それにしても、この度の美佐さま、、しっとり艶っぽかったな……

ゆったりと、流れるセピア色の時間。心に染みるスタンダードの数々、、遠い想い出に浸りましたよ。。
『Weaver of Dreams』もとてもよかったのですが、いやあ、生もすっごく、よかったぁ!!

帰りに、佐津間さまの参加している『At Home / Yoshimitsu Okada &Friend』を購入してみました。
サックス、ギター、ベースという変則トリオ。これまた、息がぴったり。バップテナーを中心に味わい豊かな世界が広がっていました。

んじゃ、退散♪

« やみつきだぜっ! 『Bungalow Japan Tour 2018 @ Jazz FLASH (11/12)』 | トップページ | 双頭テナーで快進撃! 『Tenors of Our Time / Dave O'Higgins Trio + Max Ionata』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« やみつきだぜっ! 『Bungalow Japan Tour 2018 @ Jazz FLASH (11/12)』 | トップページ | 双頭テナーで快進撃! 『Tenors of Our Time / Dave O'Higgins Trio + Max Ionata』 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ