2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« 穏やかな晩秋に 『Last Things / Siril Malmedal Hauge / Jacob Young 』 | トップページ | やみつきだぜっ! 『Bungalow Japan Tour 2018 @ Jazz FLASH (11/12)』 »

2018年11月 6日 (火)

一筋縄ではいかぬ 「金澤 英明 & 石井 彰 DUO @ Jazz Flash (11/5)」

金澤 英明 & 石井 彰 DUO @ Jazz Flash (11/5)
金澤 英明(b)石井 彰(p)

45348759_1285566714914133_573133868


以前に、「二重奏」で、フラッシュにいらしてくださった、ベースの金澤さまが、石井彰ピアニストと「裏?二重奏」でフラッシュにいらしてくださいました!

オープニングのバラッド「For All We Know」は、しっとり、しなやかに。ベースソロも歌心たっぷりと哀愁をひき出す。シームレスにはじまった「Secret Love」、先ほどとはうってかわって、力強く、時にパーカッシヴに大胆にピアノを鳴らしていく。ベースとの絡みも 瞬間瞬間の互いのイマジネーションをすっごく大切にしているのがよくわかる。揺れる、唸る! こっちも体が揺れる、歌いたくなる!
皆んなが大好き「Waltz for Debby」も、遊び心も刺激もたっぷり。どんなに大胆に曲想を広げても、原曲の持つ可愛らしさを保ってましたよね?

と、二人は何を演奏するか順番とかきめてないのだそうです。
見合わせた顔、仕草、その時の気分で決まるらしい。。

フリーの佇まいから、ベースがボーイングで奏で始めたのがまるで二胡の演奏のようで異国情緒にあふれていた。ユニゾンなどもあったけど、かなり自在に遊んで、少し、フリーやアヴァンギャルドな空気もはいった気合の入った演奏に。ピアノに乗っていたタンバリンも 満を持して出動。ベースソロの間、タンバリン叩きながら踊ってましたよ。内部奏法もはいり、緊張感ある空気。次のスタンダードでも、長尺でアグレッシヴな即興の醍醐味を思いっきり堪能。あぁ……自由すぎる!

長い拍手と歓声の中、休憩へ。
買いましたよ、石井さまのアルバム、2枚!
『Silencio / Chamber Music Trio』『Endless Flow / 石井彰』
素晴らしい仲間と、素敵な音楽です。

2セットめも、いい意味で観客を裏切るエキサイティングでトリッキーな演奏。
一筋縄ではいかない!

生で、はじめて聴くピアノは、とても知的で、力強く、、溢れ出る感情が渦を巻いてました。
そして、バラッドなどでみせる、、1つの音の響きを最後まで大事にするしなやかで繊細な演奏も。
心が大きく揺さぶられて、家に帰ってもその余韻が鳴り続けていました。素晴らしかったです。
そして、一音一音が魂のこもった低音を響かせ、グイグイとひっぱるベースと本当に本当に阿吽、豊かで、表現力、想像力がいっぱいの世界。
凄腕の音楽家たちは、一瞬一瞬、相手との反応も勝負なのだけれど、自分との勝負でもあるのだな、と、改めて強く感じました。今出した、自分の音にいかに反応できるか、彼らの腕の見せ所なのですね。

晩秋の深い色彩、心に残る味わい深い音風景。迫力満点、男組デュオでした!

今日から、新発田のBirdさんですよ。
6日は、セッション! 7日は、再びデュオライブ!!
お近くの方、ぜひ!!

んじゃ、退散♪

« 穏やかな晩秋に 『Last Things / Siril Malmedal Hauge / Jacob Young 』 | トップページ | やみつきだぜっ! 『Bungalow Japan Tour 2018 @ Jazz FLASH (11/12)』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一筋縄ではいかぬ 「金澤 英明 & 石井 彰 DUO @ Jazz Flash (11/5)」:

« 穏やかな晩秋に 『Last Things / Siril Malmedal Hauge / Jacob Young 』 | トップページ | やみつきだぜっ! 『Bungalow Japan Tour 2018 @ Jazz FLASH (11/12)』 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ