2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« これぞ、丁々発止! 『 Blue Waltz - Live At Gustavs / Enrico Pieranunzi Thomas Fonnesbaek』 | トップページ | 8月24日(金)は、ファビオ&美穂のデュオ・ライブで! »

2018年8月 5日 (日)

冷んやりと眠りへ 『夢の中へ PartII / Slawek Jaskulke』

Senne_partii


少し前に『Komeda Recomposed / Slawek Jaskulke Sextet』という意欲的なアルバムを出したばかりのスワヴェクですが、話題になった『夢の中へ』の続編がリリースされました。前作は、アップライト・ピアノを432Hzチューニングしたものでしたが、今度はマルムシュー社グランド・ピアノを432Hzチューニングしたもので演奏、録音。曲も「Senne Ⅶ 」から始まり、前作からの繋がりを感じます。涼しげなジャケも色違い的な感じですよね。

オープナーの「Senne Ⅶ 」が始まるとすぐに、その円やかな音に心安らぐ。
よりミニマルな響きの「Senne Ⅷ 」も静寂な中に広がる美しさ。透明な水の中を泳いでいるような「Senne Ⅸ 」。心の何かと共鳴している「Senne Ⅹ」。陽の光を感じる「Senne ⅩⅠ」。
よせ返す波間に漂うような錯覚「Senne ⅩⅡ」。
終演のボーナストラック「The Mono」は、優し少し物悲しいメロディが心に沁みるエピローグ。

全体に柔らかで叙情的な響き。アンビエントでミニマルな世界。
ひたすら美しく安らかな音が奏でられ続けます。
冷たいという感覚ではなく、冷んやりした空気。猛暑で寝苦しい夜に最適。
この夏の必須アイテムですね♪


1.Senne Ⅶ
2.Senne Ⅷ
3.Senne Ⅸ
4.Senne Ⅹ
5.Senne ⅩⅠ
6.Senne ⅩⅡ
7.The Mono (bonus track)

Sławek Jaskułke (p)

今日のおまけは、このアルバムの音源が探せなかったので、、
前回のアルバムから「Senne . S IV」。

あっという間に8月になってしまいましたね!!
猛暑はどこまで続くのでしょう。。

んじゃ、退散♪

« これぞ、丁々発止! 『 Blue Waltz - Live At Gustavs / Enrico Pieranunzi Thomas Fonnesbaek』 | トップページ | 8月24日(金)は、ファビオ&美穂のデュオ・ライブで! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷んやりと眠りへ 『夢の中へ PartII / Slawek Jaskulke』:

« これぞ、丁々発止! 『 Blue Waltz - Live At Gustavs / Enrico Pieranunzi Thomas Fonnesbaek』 | トップページ | 8月24日(金)は、ファビオ&美穂のデュオ・ライブで! »

無料ブログはココログ