2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« 愛の結晶 『Love at Christmas / 横田明紀男 & 長尾珠代』 | トップページ | より深みの増した2枚目 『Opowiesci Wigilijne / Andrzej Jagodzinski』 »

2017年12月15日 (金)

半世紀が時がもたらす味わい 『Christmas Wish / Herb Alpert』

The_christmas_wish

ハーブ・アルパートには、彼が「Herb Alpert and The Tijuana Brass」として活動したいた頃のクリスマス・アルバム『Christmas Album / Herb Alpert and The Tijuana Brass』があります。これは、レコードでもってます。1968年のリリースなので、新譜は50年?ぶりのクリスマス・アルバム! 
定番のクリスマス・ソングを、45人編成のオーケストラ、32人編成の聖歌隊、そしてゲストも迎えます。その真ん中でトランペットを吹いているのがハーブ・アルパート。
ゴージャスなイメージのクリスマス・アルバムです。

オープナーは、オケと聖歌隊で一気に盛り上がる「Joy To The World&Silver Bells - Medley」から。Joy To The Worldのテーマを全員で合わせるところは壮観、続くSilver Bellsも軽快。2つの曲がミックスされた感じのアレンジも楽し。
「Let It Snow&Rudolph The Red Nosed Reindeer - Medley 」、明るくリラックスしたトランペットにLet It Snow、Rudolph The Red Nosed Reindeerは、よく似合う。
エレベが印象的なアレンジの「Santa Baby」は、ミュートかな?
「Carol Of The Bells&We Wish You A Merry Christmas - Medley」、聖歌隊が活躍し壮大。
一転、ギター・ソロからしっとり入る「I'll Be Home For Christmas」、ポップでメロディアスなトランペットにうっとり。
トランペット独奏から始まる「Silent Night 」、後半はコーラスも重なり美しい。

収録されている楽曲は、老若男女に世代を超えて親しまれているお馴染みのクリスマス・スタンダードが15曲!その中には、「Let It Snow」から「Rudolph The Red Nosed Reindeer」のメドレーや、「Silent Night」、「Winter Wonderland」など誰もが知っている楽曲がずらり!!これらの楽曲をハーブ・アルパートは、今回、自身のトランペットに加え、10人編成のリズム・セクション、45人編成のオーケストラ、そして32人編成の聖歌隊とともにレコーディング!ゴージャスな編成とアレンジで楽曲を盛り上げている。レコーディングが行われたのは、ハリウッドにある歴史的スタジオ、キャピタル・スタジオである。

全編ジャジーでありながらも、時にはビッグバンド風のゴージャスなアレンジがあったり、聖歌隊が加わった厳かな響きがあったりと、広く、長く愛されているクリスマス・スタンダードがずらりと収録された新たな聖夜の定番がここに誕生した。柔らかに高らかに響く「Winter Wonderland」、テンポを緩急かえながら楽しく。
冬の澄んだ夜空かチェレスタで透明感を増す「Merry Christmas, Darling 」。ちょっと、レトロなアレンジ、再び、ミュートを使った楽しい「Santa Claus Is Coming To Town」。
ハーブ・アルパートのパートナー、ラニ・ホールの情感こもった歌がとても素敵な「The Christmas Wish 」。
ラテン風味のアレンジでパーカッションが効いてる「Have Yourself A Merry Little Christmas」。ピアノが美しい「The Christmas Song」。お洒落で都会的な「White Christmas」。ドラマチックなアレンジ、コズミックなサウンドも入る「What Are You Doing New Year's Eve?」。
終演は、音の重なりと広がりが厳かな「Jesu, Joy Of Man's Desiring」。

たくさんの音の重なりで荘厳な雰囲気、でも、肩の力のぬけたメロディアスな主役のトランペットのおかげで、親しみやすさが増してます。
ジャケットの、帽子を脱いで、おひげも外したサンタ姿。彼の演奏は、まさに、このくつろぎ感。
50年前のジャケットの写真、、あのストレートな視線を和らげるメガネもつけちゃってるしね♪

1.Joy To The World&Silver Bells - Medley
2.Let It Snow&Rudolph The Red Nosed Reindeer - Medley
3. Santa Baby
4.Carol Of The Bells&We Wish You A Merry Christmas - Medley
5.I'll Be Home For Christmas
6.Silent Night
7.Winter Wonderland
8.Merry Christmas, Darling
9.Santa Claus Is Coming To Town
10.The Christmas Wish
11.Have Yourself A Merry Little Christmas
12.The Christmas Song
13.White Christmas
14.What Are You Doing New Year's Eve?
15.Jesu, Joy Of Man's Desiring

Herb Alpert (tp)

Mike Shapiro(ds)
Anthony Wilson(g)
Mike Valerie (b)
Larry Goldings(p)
Patrick Warren(key)
Bob Zimmitti (perc.)

Lani Hall (vo) #10

今日のおまけはアルバムのトレーラー。

ちなみに、昔のジャケットはこれですね。

Herb_alpert


んじゃ、退散♪


« 愛の結晶 『Love at Christmas / 横田明紀男 & 長尾珠代』 | トップページ | より深みの増した2枚目 『Opowiesci Wigilijne / Andrzej Jagodzinski』 »

A Merry Jazzmas」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 半世紀が時がもたらす味わい 『Christmas Wish / Herb Alpert』:

« 愛の結晶 『Love at Christmas / 横田明紀男 & 長尾珠代』 | トップページ | より深みの増した2枚目 『Opowiesci Wigilijne / Andrzej Jagodzinski』 »

無料ブログはココログ