2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« 「旅する音楽」に出逢った2夜…。 | トップページ | 難曲揃いだった、、「Miho & Fabio Special Live at Monk's Mood Jazz Club (11/2)」 »

2017年11月 3日 (金)

ジョナサン・ブレイク、デビッド・ギルモアも参加 「Reflections / ERIKA (Erika Matsuo)」

Reflections


ニューヨーク在住17年の日本人ヴォーカリストの新譜。
前作、「Nostalgia」をクラウドファンディングでリリースした際に、ちょこっとご協力しました。見事、新譜をリリースして、手書きのお礼がそえられて「Nostalgia」が我が家にやってきたのです。で、新潟にライブに来た時には、ライブに行きたかったのですが、、なかなか、参加できず、、
先日、やっと「Erika Japan Tour 2017 ハロウィン Special Night in 器」に行くことができました。もう、大満足。

CDで聴いていた伸びやかで明るい、コク(酷)のある歌声。奥行きを感じます。素晴らしいリズム感でバンドをリードして、様々なシュチュエーションをつくっていきます。キレッキレの高速スキャットとか、リズム隊を煽っているとしか思えんかった。。お師匠さまのシーラ・ジョーダンのように自由に羽ばたくのがお好きなようで、状況に応じてどんどん変化して行く感じも好き。感情表現も細やかで、日本語の歌にもぐっときました。
あと、選曲もよかったです。ミルトン・ナシメントやバーデン・パウエルの名曲、スタンダード、オリジナル、カバー曲と観客も巻き込んでの圧巻のパフォーマンス。それに応える地元のサポート陣の方々も素晴らしかったです。
ハロウィンの衣装も可愛らしくて、握手とハグ、新譜、旧譜にサインをいただいて、打ち上げにまで参加させていただいて帰ってきまた。

その時買って来たのがこの新譜。10月に発売になったばかりです。
トレイにのせて、オープナの「Serrado」がかかった瞬間虜になりましたね。
一緒に踊りだしたくなる、そして、バックの演奏の素晴らしいこと。
渡米17年間のNYC人脈素晴らしい♪ 気さくで明るいお人柄を反映してか、私たちが知らない素晴らしい才能がたくさん聴けます。
楽器のソロがでてくるたびに、これは誰なんだ!と確認しちゃうほど。

あのジョナサン・ブレイクが半分ドラム叩いています。デビッド・ギルモア(ジャズの方)もアレンジに演奏に活躍してます!
特に、ジョナサン・ブレイクは、ながらくトム・ハレルのバンドのドラマーだった方ですし、リーダー作では、クリポタさまとマーク・ターナーっていう二色を使ったコードレスのアルバムとかだしておりまする愛しのドラマーさまの1人でございますから、もう、燃えてしまうわけで。。 ギルモアの高速フレーズ弾きまくりとか。。
そんなハードドライビングな演奏に乗って飛翔するエリカさまに惚れ惚れします。かっこええです。

また、「Caravan」のように手垢に汚れた曲も、彼女のミステリアスな雰囲気にぴったりなアレンジになってたりと、目が離せません。
「Lullaby Of Birdland」を聴いている時に、後ろで誰かハモってるかと思ったら、、ぴったりヴォーカルにユニゾンしてたアルトだった。。汗  もう、驚くことが満載です。
オリジナルでタイトル曲「Reflections」が、ヴィブラフォンの入ったポップな曲。目の前が開ける感じがとても好き。
終演は、「ひこうき雲」。ストレートに歌い上げる姿は、ニューヨークで頑張る彼女の姿そのもの。とても、感動的。

未来を信じて、今を一生懸命生きて行く、等身大の彼女。
そして、彼女が置かれている音楽的な状況もバックの演奏でよくわかります。
決して、売れっ子を集めただけの薄っぺらなアルバムではなく、しっかりした筋書きを感じます。
そして、フレンドリーな愛も。

たくさんの才能が集まったNYC!刺激をうけながら頑張ってください!


1. Serrado
2. Caravan
3. Inútil Paisagem
4. Reflections
5. Now You Are Not Here
6. Spain / I Can Recall
7. Moonlight Butterfly
8. Lullaby Of Birdland
9. Always -Reflections-
10. Autumn In New York
11. LIFE
12. Mas Que Nada
13. Hikoukigumo ひこうき雲

ERIKA/ Erika Matsuo (Vocals & Compositions)
Art Hirahara (Piano,Rhodes,Synth & Arrangements)
Helio Alevs (Piano)
Juancho Herrera (Electric Guitar& Arrangements )
David Gilmore (Acoustic,Electric Guitar & Arrangements)
Essiet Okon Essiet (Acoustic Bass)
Leo Traversa (Electric Bass)
Tyler Blanton (Vibraphone)
Steve Wilson (Alto & Soprano Sax)
Paulo Levi (Tenor & Soprano Sax)
James Zollar (Trumpet)
Josh Deutsch (Trumpet)
Itai Kriss (Flute)
Keita Ogawa (Percussion & Drums)
Johnathan Blake (Drums)

Special Guests:
Monday Michiru (Composition)
Yusuke Hirado (Composition)
Carlton Holmes (Co-song writer)
Toru Dodo (Arrangement)
Yuri Juárez (Arrangements)
Nicholas Hammond (Co-writer)

ちょっと、めんどうなんで、、某音楽サイトからコピペしてしまいました。m(_ _)m

今日のおまけは、新譜のトレラー。

んじゃ、退散♪

« 「旅する音楽」に出逢った2夜…。 | トップページ | 難曲揃いだった、、「Miho & Fabio Special Live at Monk's Mood Jazz Club (11/2)」 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「旅する音楽」に出逢った2夜…。 | トップページ | 難曲揃いだった、、「Miho & Fabio Special Live at Monk's Mood Jazz Club (11/2)」 »

無料ブログはココログ