2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« 余白の緊張感まで美しい 『Tangents / Gary Peacock Trio』 | トップページ | この創造力…やっぱり、天才! 『Far From Over / Vijay Iyer Sextet』 »

2017年9月 2日 (土)

北欧的スペイン慕情 『Wolfgang Haffner / Kind of Spain』

Kind_of_spain


ドイツのドラマー、ウォルフガング・ハフナー。
ACTレーベルの常連です。ベーシストのラーシュ・ダニエルソンの追っかけしてて知りました。
欧州のドラマーらしい澄んだ音色、透明な空気感で、曲全体をプロデュースする人、みたいなイメージです。
今回は、ヤン・ラングレンも参加な上に、大好きなベーシスト、ラーシュ・ダニエルソンが参加。テーマは、「スペイン」、、と、来たらポチるしかないでしょう。。

オープナーは、顔合わせの挨拶のような「For Vince & Arif」。
いきなり、きたぁ〜、ダニエルソン曲哀愁の権化のような「Pasodoble」。ラングレンの表情豊かなピアノ、情感豊かなギター、阿吽のベースとドラム。キメのユニゾンが心を掴む。
ハフナー曲「El Faro」、トランペットの息づかいとヴィブラフォンが郷愁を誘う。チャック・マンジョウーネの「Children Of Sanchez」をスローで淡々と吹き上げるトランペット。スパニッシュギターの名手ビセンテ・アミーゴの「Tres notas para decir te quiero 」は、邦題が「愛を奏でる3つの音」、ピアノが美しく甘く囁き、ギターが追い打ちをかけて落としにかかる。

トランペット独奏で始まるアンダルシア民謡「El Vito」、ギター、ヴィブラフォンで比較的ストレートに情熱を奏でる。
メンバーそれぞれのスペインが重ね書きされたような即興曲「El Chaos」。
美しいメロディでジャズでも人気の高い「Concierto de Aranjuez」。哀愁がいっぱいのアランフェスの旋律をギターで奏でる、短いベースのソロも泣ける。
マーチングドラムがベースソロに物語性を醸し出す「Tàpies」。
愛の詩人サリナスのことでしょうか?「Salinas」、淡々とした切ないメロディ。終わった愛が観えてくるのは私だけではないとおもいます。
ピアノで聴く「Recuerdos de la Alhambra」。ここでも、ベースソロが胸に沁みる。ビブラートのないアルハンブラはシンプルで美しいメロディが際立ちます。
トリッキーで瞬発力を競うチック・コリアの「Spain」も思わず耳を疑う?柔らかなタッチで幻想的。改めて素敵なメロディであると再確認。
終演はアルハンブラでお馴染みのタレガ曲「Capricho Arabe」、最後まで、スペイン慕情をたっぷりと。

スペインをテーマにその哀愁と郷愁、そして、情熱をクールに。

選曲がベタな感じなのですが、危惧することはありません。
北欧ならではの透明感と抑えめの感情表現で、洗練された演奏となりました。
そして、ハフナーとダニエルソンのオリジナル曲も、この強力なラインナップの中でも見劣りしない哀愁のメロディ。
夏の疲れが一気に抜けていきます。


1. For Vince & Arif
2. Pasodoble
3. El Faro
4. Children of Sanchez
5. Tres notas para decir te quiero
6. El Vito
7. El Chaos
8. Concierto de Aranjuez
9. Tàpies
10. Salinas
11. Recuerdos de la Alhambra
12. Spain
13. Capricho Arabe

Wolfgang Haffner (ds)
Jan Lundgren (p)
Sebastian Studnitzky (tp) 
Daniel Stelter (g)  
Christopher Dell (vib)
Lars Danielsson (b)

今日のおまけはレーベルのトレラー。
「Pasodoble」の一部ですね。

朝晩、寒くなってきました。
庭の広葉樹の紅葉がはじまってきました。
うっそぉ、って、感じですよね。

んじゃ、退散♪

« 余白の緊張感まで美しい 『Tangents / Gary Peacock Trio』 | トップページ | この創造力…やっぱり、天才! 『Far From Over / Vijay Iyer Sextet』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

Wolfgang Haffner Trioの来日が決定しましたのでご案内させていただきます。
2018年11月27日&28日の2日間、目黒のBlues Alley Japan(https://www.bluesalley.co.jp/)です。


ヴォルフガング・ハフナーは世界のジャズ界で最もリスペクトされているドラマーの一人。 18歳でアルベルト・マンゲルスドルフ・バンドにてキャリアをスタート。 共演したミュージシャンは、アル・ジャロウ、チャカ・ カーン、パット・メセニー、ボブ・ジェームス、ブレッカー・ブラザーズ、マイケル・フランクス、ビル・エヴァンス、リー・リトナー、ラリー・カールトン、イヴァン・リンス、チャック・ローブ、ジョー・サンプル、ロイ・エアーズ、ヤン・ガルバレク、ティル・ブレナーその他多数。 これまでに400枚のアルバムに参加、自身の16枚のソロアルバムを発表し、世界100カ国およそ3500のコンサートで演奏。 メゾフォルテなど伝説のバンドのプロデュースも。 2010年に“エコー賞”を受賞。 彼のアルバム“Kind of Cool“ (ACT Records)はジャズ・チャートのトップを占め、5週間に渡りポップミュージック・チャートにもランクインした。 最新アルバム“Kind of Spain” (ACT Records)では 2017年の秋よりWolfgang Haffner & Bandとしてワールドツアーをスタート。 以来熱狂的なオーディエンスを世界中で魅了し続けて来ている。 日本には”チャック・ローブ&メトロ”、エリック・マリエンサル、ネルソン・ランジェル、ダスコ・ゴイコヴィッチ、ニルス・ラングレンと来日している。 今回、ヴォルフガング・ハフナーTrioはBlues Alley Japanで11月27日と28日の2日間だけライブを行う。 ヴォルフガングのコメント:佐々木史郎と彼のバンドApollo Jam を初めて聴いたとき、彼の美しい演奏に圧倒された。 史郎はワールドクラスのミュージシャンだ。僕は完全に彼の演奏に惚れ込んだ! 史郎と僕のトリオWolfgang Haffner Trioと共にBlues Alley Japan で11月の27日&28日に演奏することを非常に楽しみにしている。


Wolfgang Haffner ヴォルフガング・ハフナー(ds)TRIO
guest 佐々木史郎(tp)
(Ds)Wolfgang Haffner(ヴォルフガング・ハフナー)
(B)Christian Diener(クリスチャン・ディーナー)
(Key)Simon Oslender(ジモン・オスレンダー)
★Guest (Tp)佐々木史郎

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北欧的スペイン慕情 『Wolfgang Haffner / Kind of Spain』:

« 余白の緊張感まで美しい 『Tangents / Gary Peacock Trio』 | トップページ | この創造力…やっぱり、天才! 『Far From Over / Vijay Iyer Sextet』 »

無料ブログはココログ