2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« 外山さんに小曽根さん、、 | トップページ | Walking Shadows / Joshua Redman »

2013年5月12日 (日)

別れの曲

Exochorda_racemosa


ここで、利休梅がはじめて咲いたとき、

「綺麗なお花ね。このお花が利休梅なのね?」

と、喜んでくれたのが昨日のようです。


残念ながら、今年は利休梅が美しく咲く庭を眺めることは叶わなかったのですが。。。


何年か前、クラシックも好きだった故人が、簡単に音楽が聴けるようにとiPadをプレゼント。
その後、話を聞きながら、iPadの中に入れてあげたものと同じヴァージョンです。

ええと、、いろいろと滞ってすみません。
まだ、初七日を過ぎたところですので、お部屋にお花がいっぱいです。
花の色が褪せる。。ただ、、それだけのことに、、改めて諸行無常を感じます。
皆様とのご縁を大切にしたいと心からおもいます。

んじゃ、退散。。m(_ _)m


« 外山さんに小曽根さん、、 | トップページ | Walking Shadows / Joshua Redman »

コメント

先日、父が緊急入院したので、週末に親不孝息子ながら、あわてて様子を見に
北国に行ってきました。幸い話はできました。

それはそうと、ご不幸があったようでお悔やみ申し上げます。

こんにちは
記事に無関係なコメントすみませんBBSが見たらなかったので。

キース・ジャレット・トリオ5/12@大阪フェスティバル・ホール行ってきました☆

今回は結成30周年記念、あてになりませんが最後の来日公演という触れ込み、日曜ということで恐妻と初めて(!)JAZZのコンサートでした

かみさんは前日子供たちに「明日はうなるピアノのおっさんやったかな?シマシマのギターのおっさんやったかな?」などと尋ねていたそうです。⇒うなるピアノのお爺さんでしたw

1曲目の最初がちょっとブレイクした感じでおかしかったのですがすぐにバランス良くなり、そのまま緩急強弱織り交ぜて最後のアンコールまであっと言う間に過ぎ去りました。全体的に肩の力が抜けたリラックスした雰囲気でした。時々「スイング」する時があって叫び声が出そうになりましたが我慢しましたw

前回の大阪公演より、3人とも、特にキース・Jとゲイリー・Pは今回の方が体調が良かったようで格段に良かったです。過去に発売されたスタンダード・トリオCD作品の中でも、The Out-of-Towners、Up for It: Live in Juan-Les-Pins、My Foolish Heart - Live at Montreuxの2001~2002年あたりをトリオ10~20年目、復帰後の1つのピークとすると、今回の来日公演は20~30年目の円熟期を代表する演奏の数々なんでは?と推測しています

詳細は遠慮しますけどアンコールのThings Ain't What They Used To Be の間の取り方が絶妙で、クラブのノリで会場すごく盛り上がりました。

いろいろあったので5/12大阪公演のCD化は無いと思いますが、何回かあったライヴのどれかがCDにならないかと思います。

会場ではまもなく発売になるSomewhere がもう売られてました。私はアマゾンで予約したのでスルーでしたけどね。新生フェスティバル・ホールも座席広くなってホワイエもできたし、音響も昔と変わらず良かったです(1F真ん中やや後方でした)。

ではまた!

セットリストはこちら
1st
1. All Of You
2. Django
3. The Bitter End
4. The Old Country
5. Straight No Chaser

2nd
1. Last Night When We Were Young
2. Conception
3. I Thought About You
4. One For Majid
5. I Fall I Love Too Easily

Encore
1. Bye Bye Blackbird
2. Anser Me, My Love
3. Things Ain't What They Used To Be

コメント前後してすみません・・・
体調お悪かったりご不孝があったのですね
謹んでお悔やみ申し上げます

また、璃と葉さんの1日も早いご快癒をお祈りいたします。。。

スズックさん、こんにちはmonakaです。
しばらくお目にかからなかったので、心配していましたが、ついに送られたようですね。
お悔みもうしあげます。
早く癒されますようお祈りします。

とっても癒される素敵なアルバムを2枚も買いましたので、今度送りますね。

TAKASHIさま、、

わたしが今回1番思ったのは、、
兎に角、、思ったことを口にする、と、いうことです。
普段は互いさまでいろいろあります が、、
少しでも感謝の気持ちを持っていたら、、それを言葉にして声をかけることの大切さです。

優しい言葉に人は癒やされます。

>先日、父が緊急入院したので、週末に親不孝息子ながら、あわてて様子を見に
北国に行ってきました。幸い話はできました。

お父様とお話ができて良かったですね。
離れていると、、そういった簡単なことさえ難しいものですよね。
どうか、お父様、、お大事にどうぞ。
我が家も連休中だったので、母は子どもや孫、友だちと時間を重ねることができました。
わたしも、今度は実家に「入り浸らなくては」ネ。

>それはそうと、ご不幸があったようでお悔やみ申し上げます。

TAKASHIさま、ご丁寧にありがとうございます。
マダムさまを 拉致して(笑)でかけたハーシュライブ。。
今思えば、、奇跡のような瞬間でした。
そうやって、綱渡りの人生を続けております。m(_ _)m

BAR HAYAFUNEさま、、

もうすぐ、メルドー参加のアルバムがでますねぇ。

>こんにちは
>記事に無関係なコメントすみませんBBSが見たらなかったので。

引っ越しの際に、おいてきちゃったのでした。

>キース・ジャレット・トリオ5/12@大阪フェスティバル・ホール行ってきました☆

わぁ。

>今回は結成30周年記念、あてになりませんが最後の来日公演という触れ込み、日曜ということで恐妻と初めて(!)JAZZのコンサートでした

キースは連休前後なので、初めからあきらめてました。
奥さまと一緒でいいなぁ。

>かみさんは前日子供たちに「 明日はうなるピアノのおっさんやったかな?シマシマのギターのおっさんやったかな?」などと尋ねていたそうです。⇒うなるピアノのお爺さんでしたw

おぉ。。お詳しいではないですか。(マジで)


>1曲目の最初がちょっとブレイクした感じでおかしかったのですがすぐにバランス良くなり、そのまま緩急強弱織り交ぜて最後のアンコールまであっと言う間に過ぎ去りました。全体的に肩の力が抜けたリラックスした雰囲気でした。時々「スイング」する時があって叫び声が出そうになりましたが我慢しましたw

http://blog.goo.ne.jp/ken_jazz/e/329559d0bc0f0f2b03e1df4ae3d038ed
お友だちも同じ空間にいました。


>前回の大阪 公演より、3人とも、特にキース・Jとゲイリー・Pは今回の方が体調が良かったようで格段に良かったです。過去に発売されたスタンダード・トリオCD作品の中でも、The Out-of-Towners、Up for It: Live in Juan-Les-Pins、My Foolish Heart - Live at Montreuxの2001~2002年あたりをトリオ10~20年目、復帰後の1つのピークとすると、今回の来日公演は20~30年目の円熟期を代表する演奏の数々なんでは?と推測しています

次回、、来日があったとしても、同じ演奏はないですものね。
良い演奏を感じ取ることができて良かったですね。

>詳細は遠慮しますけどアンコールのThings Ain't What They Used To Be の間の取り方が絶妙で、クラブのノリで会場すごく盛り上がりました。

アンコール三回ですね。

>いろいろあったので5/12大阪公演のCD化は無いと思いますが、何回かあったライヴのどれかがCDにならないかと思います。

うむうむ。。いつかリリースされるといいですね。
最近の傾向だと、、五年くらいかかるかな。

>会場ではまもなく発売になるSomewhere がもう売られてました。私はアマゾンで予約したのでスルーでしたけどね。新生フェスティバル・ホールも座席広くなってホワイエもできたし、音響も昔と変わらず良かったです(1F真ん中やや後方でした)。

わたしも新譜の予約はしております。
新譜も滞ってる状態なのですが、、。。ゆっくり、いきます。

>ではまた!

はーい。

「セットリストはこちら
1st
1. All Of You
2. Django
3. The Bitter End
4. The Old Country
5. Straight No Chaser

2nd
1. Last Night When We Were Young
2. Conception
3. I Thought About You
4. One For Majid
5. I Fall I Love Too Easily

Encore
1. Bye Bye Blackbird
2. Anser Me, My Love
3. Things Ain't What They Used To Be」


セットリストもありがとございます。
わたしもおでかけした気分で、、嬉しいです。はい。

BAR HAYAFUNEさま、、

>コメント前後してすみません・・・
>体調お悪かったりご不孝があったのですね
>謹んでお悔やみ申し上げます

恐れ入ります。

>また、璃と葉さんの1日も早いご快癒をお祈りいたします。。。

わたしは、いろいろな反省はありますが、、元気にしております。
お気遣いありがとございます。

ブラザー最中さま、、

すみません。
お礼のメールもだしませんで。。。m(_ _)m

>スズックさん、こんにちはmonakaです。

はい。
ブラザーは、シカゴだったのですよね。
大昔に、あの滝もシカゴもおでかけしたことがあります。
シカゴは乗り換えただけとも言うんだけど。。(^-^;

>しばらくお目にかからなかったので、心配していましたが、ついに送られたようですね。

はい。
わたしは、いい歳なんだけど、至らないことばかりで、、自分のことばかりで、、
沢山の反省をいたしました。

>お悔みもうしあげます。
>早く癒されますようお祈りします。

ありがとうございます。
はやく、皆さまとご一緒にライブでワイワイしたいなぁ。と。。。

>とっても癒される素敵なアルバムを2枚も買いましたので、今度送りますね。

はい。
ブラザーのコンピも素敵ですよ。
でも、お気遣いありがとうございます。m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 別れの曲:

« 外山さんに小曽根さん、、 | トップページ | Walking Shadows / Joshua Redman »

無料ブログはココログ