2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« Within a Song / John Abercrombie Quartet | トップページ | ボールティック ギャング(The Baltic Gang )?? »

2012年5月13日 (日)

晴れ時どき、、Woody Shaw。。


マイフェヴァリットなトランペッターサーシャさまがGenerations /Alex Sipiaginがウディショウに捧げたアルバムを出したときの、まわりの反応は、わたしを含めほとんどが「ウディショウはあまり知らないけど」みたいな反応でした。
とか、いいながら、アルバムは持ってるんだろうけど。
あと、やっぱり、親しくしてるブロガーの方々は、日夜、前に目が向いていて、ウディショウって時代の狭間と不幸な出来事で不遇な人生だったせいもあるかもしれません。
調べたら、44才で、1989年に亡くなってました。
よくよく、考えると結構名盤なサイドにいて、結構皆さん聴いているのですが、「地味な容姿」とシリアスでジャズ一筋なスタイルで時代にのることを拒んだ日陰な存在だったのでしょうか。。

先日、発狂するくらいいいって、閣下がコロンビアのボックスセットを話題にしテて、欲しいけどそれを聴く時間も、お金も捻出不可能だ,って、ようなコメントした気がします。
でも、あちこちで売り切れて、残り僅かになってたとき、背中を押す人がおって(爆)、ボックスセットを買ってしまった。。
で、新譜が雨アラレと届く中、時どき合間をぬってショウの音源を聴く。

まとめ聴きすると、明らかなのは彼のスタイルは今でも古さを感じずかっこいい。
まぁ、何よりトランペットがうまいんだ。これが。
テクニックはもちろん、その音色も良く、何より、ハードボイルド。そして、ソロのスタイルが同時代のあのトランペットの大スターに比べると、かなりモダンでクールでスリリング。って、今まで何を聴いてたんだか。(爆)
ジャズの日陰のかっこいい部分がぎゅーっと詰め込まれてる。鬼のように怒涛の勢いで吹きまくるかと思えば、メロディアスなフレーズではぁとふるな歌心なんだわ。
オリジナルも、キャッチーつうか、ちょっと臭メな一度聴いたら忘れられないかっこよさを持ってる。このボックスのUnitedにおさめられた、Katarina Ballerina、Blues For Woodを聴くと、あれだけ萌えてたサーシャさまにもまだ大人への路が残されてるかもねって。(笑)
6枚も入ってるんで、まだまだ楽しみがたくさん残ってるんですが、
この後、最愛の奥さまとひとり息子にあえなくなり、彼に、謝金だとか、エイズだとか、アル中だとか、、、いろんな試練しか残らなかった人生なのです。

テなわけで、マクリーンのディモンズダンスでも、ヤングのユニティでもなく、、
不幸な出来事が重なって、亡くなる少し前の録音で49th Parallelです。もともとNeil Swainsonが好きだったので中古で拾ってきたんですね。『欲望』という名の携帯。。。を持って。

49th Parallel / Neil Swainson Quintet

残念ながら、彼のオリジナルはないのですが、カナダのミュージシャンに支えられてジョーヘンと一緒に録音してます。Neil Swainsonは有名なベーシストですが、ピアノもドラムもハイレベル。だから、全体にとてもいい感じの作品なのですが。で、ここは、2曲目Port Of Spainは優雅で哀愁ある曲で、ジョーヘンが抜けてワンホーンで大変メロディアスに吹いてます。ベースソロも良くて、素敵なの。
でも、気のせいかもしれないけど、、この曲でショウは自分のソロでちっとミストーンがあった気がします。ほとんど、気にするようなもんではないのですが、コロンビア時代の自信のあふれた完璧さからすると、思わずどきっとします。この間までは、そこまできがつかなかった。。
でも、このアルバムの素晴らしいことにケチをつける気はまったくありません。
この気持ちは偽りはありません。そして、Neil Swainsonかっこええのにもあらためてどっきり。
カナダには地道なかっこいいミュージシャン多いきがします。


1.49th Parallel
2.Port Of Spain
3.Southern Exposure
4.On The Lam
5.Don't Hurt Yourself
6.Homestretch

Neil Swainson (b)
Woody Shaw (tp)
Joe Henderson (ts)
Gary Williamson (p)
Jerry Fuller (ds)

んじゃ、退散♪

« Within a Song / John Abercrombie Quartet | トップページ | ボールティック ギャング(The Baltic Gang )?? »

コメント

続けて、すみません。
Rosewood 出だし一発でノックアウト。

前田さま、、

>続けて、すみません。

気になさらないでくださいませ。
嬉しいです。

>Rosewood 出だし一発でノックアウト。

おぉ。。同感。
きっと、サーシャさまも、そうにおもっただろうなぁ、、と思って聴きました。(笑)

また、遊びに来てくださいね。

すずっくさん,こんばんは。TBありがとうございます。このWoody Shawボックス,お買い上げは当然です(きっぱり)。いいボックスですよ,つくづく。と言いながら,まだまだちゃんと聞けていない私です。Stan GetzもDexter Gordonもあって大変なんですよ。新譜も来るし...。やっぱり病気ですね。

私の方の記事は,主題が主題だけにTBはやめておきます(笑)。

スズックさん、monakaです。
TBありがとうございました。
このアルバムは私も中古で仕入れました。記事をいただき久しぶりに今聞いています。
ウッディ・ショーだったんですね。1曲目メチャかっこ良いですね。
このアルバムこのベーシストの一番かっこいいところがでてますね。
今日は夜中に起きなければいけないのに、寝れません。まだ9時だけれど、ワールドカップの時をおもいだしました。

ついでに(笑)。

Woody Shawとは渋いネタを。あれ買っちゃたのね。閣下と一緒に某所で聴きました。

思うに、モダンジャズトランペット業界ではフレディーハバートと並ぶスタイリストですよねえ。ハバードよりちょっとだけ歳が下で、シーンに出てきたのが60年代の終わり、ピークが70年代と言うことで、非常に損してる感じ。CBSでそれなりにいいレコード出してるんだけど、クロスオーバー全盛で今一つ波に乗り切れず、そうこうしてる間にウィントンとかでてきちゃったという。

私個人的にはやはりジョーヘンとの70年代初めの録音が非常に好きです。謎の跳躍フレーズとか、ちょっとタイムがつんのめってる感じがまた素敵。なんとなくゴルゴ的な暗い鋭さを感じます。例の伝道師には無い、「ちょい悪」な感じね。というわけで、ただ今私が唯一持ってるアルバムSteppin' Stonesを聴いてます。やっぱりいいわ。リズムセクションも典型的な70年代でいい感じですな。

では。

こんにちは♪
Woody Shaw は聴いたことがないのですが…
この素敵な白いお花は 利休梅ですか?

きれいですね〜
いい香りがしそうです*

発狂閣下、、

>すずっくさん,こんばんは。TBありがとうございます。

閣下、お返事遅くなってすみません。

>このWoody Shawボックス,お買い上げは当然です(きっぱり)。いいボックスですよ,つくづく。と言いながら,まだまだちゃんと聞けていない私です。

元バッタさまじゃないけど、これだけお金をかけるなら今のミュージシャンにお金が入るといいと思ってもいたのですが、、
あまりに不遇なショウの人生を知って、、まぁ天国に行ってしまってからでも、ちっとはいい思いしてもいいかなぁ、って、思ったもので。

>Stan GetzもDexter Gordonもあって大変なんですよ。新譜も来るし...。やっぱり病気ですね。

閣下は病気ですよ。
わたしは、予備軍くらいだなぁ。
そうだ、あのタイトルはイケテルのでリンクしておこう。(笑)

>私の方の記事は,主題が主題だけにTBはやめておきます(笑)。

はいはい。
あとで、こちらで、リンクしておきますから。(爆)

ブラザー最中さま、、

>スズックさん、monakaです。
>TBありがとうございました。

ブラザー、お返事遅くなってすみません。

>このアルバムは私も中古で仕入れました。記事をいただき久しぶりに今聞いています。
>ウッディ・ショーだったんですね。1曲目メチャかっこ良いですね。

そうなんよ。
買うときには、ショウって頭にザ・ムーントレインくらいしか浮かんでなかったのですが。

>このアルバムこのベーシストの一番かっこいいところがでてますね。

派手なプレイではないんですが、自分のソロではアグッレシブで強気なところががいいですわ。

>今日は夜中に起きなければいけないのに、寝れません。まだ9時だけれど、ワールドカップの時をおもいだしました。

え、ナニナニ?
どうも、世間のいろんなことをちゃんと把握してないんですよねぇ。
なのに、ジャズに現を抜かしてます。はい。。
わかってます。自分のことは。。はい。

でかいこやぎさま、、

>ついでに(笑)。

ついでならば、ロバーノにコメントを入れなさい。(笑)

>Woody Shawとは渋いネタを。あれ買っちゃたのね。閣下と一緒に某所で聴きました。

わたしさ、ショウって、スゲェ古い人の気がしてた。
D2のマスター好きだと思います。(爆)

>思うに、モダンジャズトランペット業界ではフレディーハバートと並ぶスタイリストですよねえ。

スタイリストかぁ。
さすが、早瀬っ。

>ハバードよりちょっとだけ歳が下で、シーンに出てきたのが60年代の終わり、ピークが70年代と言うことで、非常に損してる感じ。

ここは、強敵の狭間だったねぇ。。
あっちは、花のブルーノートからCTIだもん。日向街道だよねぇ。

>CBSでそれなりにいいレコード出してるんだけど、クロスオーバー全盛で今一つ波に乗り切れず、そうこうしてる間にウィントンとかでてきちゃったという。

まぁ、ウィントンは衝撃的ですからねぇ。
って、やっぱ、決定的なのはクロスオーバーを拒否しちまったこととですか。
時代は、そっちばっかりだったし。

>私個人的にはやはりジョーヘンとの70年代初めの録音が非常に好きです。謎の跳躍フレーズとか、ちょっとタイムがつんのめってる感じがまた素敵。なんとなくゴルゴ的な暗い鋭さを感じます。

え?ゴルゴ的ってなんだろう?
とか、暗いけど見せ場を知ってると思うんですよね。つうか、天性かしらねぇ。
で、ぱっと聴きは、少し臭目な感じ。
でも、自信に満ちた歯切れ良さと、間が、赤面もので、えらくかっこいい。
しかも、好き者に受けるかっこよさ。

>例の伝道師には無い、「ちょい悪」な感じね。

性格は、かなり真面目で家族を大事にしていたようですが。
悪って言うか、孤高な感じ。

>というわけで、ただ今私が唯一持ってるアルバムSteppin' Stonesを聴いてます。やっぱりいいわ。リズムセクションも典型的な70年代でいい感じですな。

それも、ええですねぇ。

>では。

はい。

マーリンさま、、

>こんにちは♪
>Woody Shaw は聴いたことがないのですが…

わたしは名前は知ってましたし、アルバムも持ってましたが、ボックスセットで目から鱗って、ていたらくです。

>この素敵な白いお花は 利休梅ですか?

はい。
それは、それはお気に入りなのですが、
今年は、いつも以上に花の期間が短かったです。

>きれいですね〜
>いい香りがしそうです*

香りはあまりしないのです。
同じくらいに咲いてる、ライラックはいい香りです。

この後は、夏椿(沙羅)がたのしみです。

toshiya氏のブログで知って,買うかどうか,鬱々してます.
コロンビアのLPは3枚持っているから,半分ちょっとはカヴァーしてるしなあ,とかね.
まさか新潟方面まで,とますます鬱々しております.
(やっぱり,いい内容ですよね?)

ken さま、、

今日の新潟は晴れです。
月曜日もこのくらい晴れるといいな。。

>toshiya氏のブログで知って,買うかどうか,鬱々してます.

うーーん。。半分ちょっとつうか、、。。
これね、CDなので、そういう聴き方ができると割り切って買ってしまったら?
LPとCDって、わたしは聴くときのスタイルがかなり違ってます。

>コロンビアのLPは3枚持っているから,半分ちょっとはカヴァーしてるしなあ,とかね.
まさか新潟方面まで,とますます鬱々しております.

そうでしょう。。。
貸してあげてもいいんだけど、って、思うくらいですよ。
ken さまもいろいろたくさん持ってると思うので、これ以上イラヌ心配をかけないで欲しいですよねぇ。まったく。。

>(やっぱり,いい内容ですよね?)

いいです。
やっと、全部聴けました。
でも、続けてウディショウナイトとかやりたいです。はい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晴れ時どき、、Woody Shaw。。:

» チャレンジ NELS SWAINSON QUINTET [JAZZ最中]
3月4月の年度代わりのいろいろなイヴェントが、やっと昨日ですべて終了て、今日はゆったりと、でも少し気ぜわしい。 今年度に大きく貢献するだろう仕事が決まったものの、なんと中国で物を作って、中国に納める仕事、この年になって中国に行かなければならなくなりま...... [続きを読む]

« Within a Song / John Abercrombie Quartet | トップページ | ボールティック ギャング(The Baltic Gang )?? »

無料ブログはココログ