2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« 大人のお遊び。。禁断の○○編 | トップページ | 大人のお遊び。。極楽の○○編 »

2010年7月27日 (火)

大人のお遊び。。信濃川慕情編




(写真は新潟でジャズと共に暮らす加持 顕さまから頂きました。m(__)m)←お兄さま、、写真くれぇ。

さて、2日目、7/18(日)でっす。
やっぱ、朝から暑い。この日、本当は、フラッシュ三昧の日だったのです。
12時から市川バンドを聴いて、3時からユカピさんを聴いて、加賀屋にでかけて、6時に八木ブラ、って、見事な連携プレイの日のはずだった。。
が、、ま、ちょっと、ご用時が。。。何事も、予定通りいかないのが、常でございます。
仕方ないから、4時過ぎからの加賀屋ホッピーズからです。
そう、前日の居酒屋やどで、私は既にここのメンバーのトロンボーンのおねえさまとご一緒したんだ。
人生初体験の不思議なおねえさまで、どうやら、八木3兄弟のおねえさまらしい。とくちゃん、、、だモン。
見た目、スゲェー、ほんわかしてるのに、辛口のお酒が大好きで、ほんのちょっと甘いと、だめ出ししてた。
きっと、人生も甘いの嫌いなんだろうな。甘い人生が大好きな八木兄弟と正反対じゃん。
だけど、前日のジャムセションに最後にでてた三男こやぎを「ヨシユキ、うまくなったじゃん」と、褒めていた。
酔ってたけど。。ねぇ♪

加賀屋ホッピーズfeat.八木ブラザーズ@NSTスタジオSWITCH 7/18 16:15-17:15
加賀屋ホッピーズ(big band) 八木暢之(tp) 八木敬之(ts) 八木義之(vtb)

ここは、既にセットリストが発表になってます。
何度も言ってますが、ジャズに関してド素人なんですけど、ビッグバンドとか、、もう、えらくド素人です。
学生時代も寂しい人生だったので、大勢仲間がいる人達って近寄りがたい、、って、のもある。
そういう人達が、みんなで一生懸命作ったサウンドってのに、近寄りがたい日々を送ってきたのである。
と、でもねぇ、、そんな私でも、下の選曲みると、これは、興味をそそりますよ。

Liberty Cityは、放し飼いで演奏してくれたことがありまして、それはあの人数にしたら、素晴らしい。
Elegant Peopleなんて、私は生で聴くのは初めてだな。そして、Make Me Smile、Off The Cuffと無事続いて欲しいモンです。最後は、エリントン縛りです。でも、ま、普通のアレンジじゃ、絶対ないだろうな。(爆)
バタバタと15分くらい前についたんだけど、ついたら、、Make Me Smileの頭のところをなど。。リハってた。。大丈夫かななぁ。。。
で、今回、最初に謝ってしまう。この時、お兄さまこやぎに、カメラを渡されたのです。これが、、フラッシュが光るんだ。。
いつもは、ライブ中にフラッシュなんてたかないのですが、、消し方が、、わからん。。
つうことで、会場の皆さま、バンドの皆さま、すみません。えらく、鬱陶しくて。。
自分のカメラなら、撮らないのですが、なんか、頼まれちゃったモンで、、。
しかも、、写真撮るのは、やっぱ、私はやめた方がいい気がする。なんか、ソロの順番とかすごく曖昧です。
間違ってたら、ごめんなさい。
って、正直に言いますとね、実はね、、かなり、、記憶がやばいのです。。

まずは、Jaco PastoriusのビッグバンドのナンバーからLiberty City。本家はとにかく、おもちゃ箱をひっくる返したように、楽しくはじけた演奏。ハーモニカのソロとか、スティールドラムとか入ってるビッグバンドなんだもん。ジャコは死ぬまで、、子どもみたいな人で彼のビッグバンドの演奏は遊び心がたっぷり。
だけど、彼のサウンドは本当に身体を使って遊んでいるような臨場感があってかっこいい。
最後に、必ず、キュゥ~ッ、ってなるとこが好きだな。イケッ!!
ちょっと、緊張した感じはあるものの花火の打ち上げは成功。こやぎ兄弟でお兄さまを中心にアグレッシブ&アナーキにソロをまわしながら、進んでいきます。ビッグバンドの多彩サもしっかり楽しんで終演。やっぱ、迫力あります。
こやぎ大のソプラノサックスで風雲時を告げるって、感じではじまったショーターのElegant People。
ンダンダ、、って、あれです、あれ。シリアスな感じの音の重なりがかっこいいだす。めちゃ高揚感あるサウンド。まずは、お兄さまの「エレガント」なソロ。うん、八木ブラの時より、良いかもしれない。そして、ビッグバンドの大きな推進力にのって独り走り続けるのがこやぎ大。これは、なかなかの熱演。やっぱ、こういうのあってるね、、、。無理がない。(爆)アレンジされたサウンドの中でスパイラルな踊りだ。クライマックスに向けて一気に盛り上がって終演♪

って、会場も大盛り上がりでござった。そして、ここから、今度はメルルイスオーケストラのナンバーです。
まずは、Make Me Smile!いろんな打楽器を、1音づツ使ってはじまる曲で、一度聴いたら忘れられない。
一歩間違うと騒音になる音の広がりを寸止め状態のサウンド。第4の男と言ってたアルトサックスは、かなり艶やかで、しかも饒舌。ええです。はい。ソロの減り張りがしっかりしてて、行き当たりばったりな感じはないのだ。結構飛ばしてるんだけど、安心して聴いてられます。バンドサウンド的には、最後まで楽しく決めておしまい。
そして、いよいよ難曲Off The Cuff。はじまりました、巻物ような楽譜だす。なんか、不思議な曲。
えっとね、これはたしか、対決なんだ。なんの?え、ソロ対決。八木ブラ次男、三男 VS アルトサックスさま。
どうなんでしょう、私は今日のこやぎ大のソロは悪くないと思うんですよ。もう、出し惜しみなく吹きまくり。スピード感もばっちりだと思うんだけど。そして、第四の男のアルトサックスがこれまた、強烈に自己主張いたします。そんなあいだにも、バックもなんだか、すごいことになってるんだよ。
そんでもって、バルブトロンボーンのソロがこれまた唸りも入ってかっこよかった。
終演に向かって、ハイスピードで飛ばしまくるバンドの全員の鬼気迫る感じも、圧巻です。
ええとね、でかいこやぎさま、チェッって、顔しないの。実力白昼であったぞぉ。

メンバー紹介があって、なんと、最後の曲、Cotton Tailだす。
守屋純子の、インテリジェンス?あふれるCotton Tail。
と、最後に相応しく、兄弟3人で仲良く?息のあった?ソロ回しをしておりました。
なんだかんだと、緊張感から解放されつつ?あるようで、ここのソロは結構よかった気がします。
守屋アレンジは、ビッグバンドの多彩なしっかりしたアレンジな感じで、終演に相応しく密度の濃いサウンドになってましたぞぉ。

って、ことで、めちゃ楽しい1時間でした。
ありがとうございました。こういうビッグバンドなら、また聴きに行っても私的には楽しいだろうなぁ。

さて、メンバーの打ち上げにちょこっとだけお邪魔したんだけど、反省会モードもあったりと。。
でもねぇ、、そりゃ、完成度を高める為には、いろいろ、あるかもしれない。。
でもねぇ、、私は1時間、あっという間に過ぎちゃったし、とても、楽しかったです。
ド素人だすけど。
しかし、、ここも、、ほんと、もっと、あちこちに宣伝をお願いすればよかったなぁ。。

てな、、わけで、次第に記憶も薄れる中、、八木ブラにたどり着けるのだろうか。。

んじゃ、退散♪

と、新潟のジャズ業界は、大変な事になってしまってます。(真面目)
どうなって、、しまうんでしょう。。。



« 大人のお遊び。。禁断の○○編 | トップページ | 大人のお遊び。。極楽の○○編 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Make Me Smile!
SECRET: 0
PASS:
こんばんは。

私は、どちらのビッグバンドも聞いたことがなくて知らないのですが、どちらかといえば、メルルイスオーケストラのナンバーが楽しかったです。

一緒にでかけした友達は、かなりびっくりしてたようです。彼女は、スィングガールズの映画で流れるような曲が聞けると思ったみたい(笑)

しかし、暑いです。

TITLE: 芋虫・・かっとびでしたね
SECRET: 0
PASS:
おはようす^^

ジャズスト・・やぎ・・追い込みましたねぇ・・・りとちゃんの追い込みで、きっとやぎも悲鳴上げたことでしょう



普通じゃないこのバンド・・やっぱ普通じゃなかったんですね・・・

いやいや・・これがこのバンドの普通か・・・

自分でなに言ってるかわからんなってきた・・



今回はいけなかったけど、次回は必ず聞きたいとおもっとります・・



新潟のジャズ・・・みんなで守らなければね!!

TITLE: 懐かしいですね
SECRET: 0
PASS:
Make Me Smile   Off The Cuff 

もちろん、2曲とも演奏したことはありません(笑)。

難しい曲だと思いますよー。その上、あの(笑)サウンドですからね。努力に対しての観客へのアピールは客層でかなり違うと思います。選曲した方も決断ですけれど、演奏するメンバーも凄いですよね。



八木さん(vtb)は、アマチュアのトロンボーン奏者としては破格に上手いですよ。ご兄弟も大変上手いのですけど、正確な音符を繰り出してくる八木さんのトロンボーンに耳がいってしまいます。私はトロンボーンの奏者として挫折組ですからね(爆)。

バンドの演奏も成功したようですし、本当によかったですね。



> と、新潟のジャズ業界は、大変な事になってしまってます。(真面目)

何があったのでしょう?

TITLE: 千の風さま。。。
SECRET: 0
PASS:
加賀屋ホッピーズですか 千の風さん

今晩は。お久しぶりですが、お元気ですか?

毎日、地獄の暑さですね。大丈夫ですか?



加賀屋ホッピーズは、面白そうだな、などと眺めておりました。

Elegant People、あたりは聞いてみたいところです。



では、退散♪

(2010年07月20日 19時36分52秒)



そう、とっても面白かった。

こんなんやってるバンドも沢山あるんでしょうか。。

ソロをとったアルトサックスの方。。、めちゃうまかったです。はい。



夏バテです。はい。

TITLE: 大人のお遊び。。
SECRET: 0
PASS:
今晩は。

昨夜、大人のお遊び。。の八木ブラ編があったきがしするのですけれど。

TITLE: サトウさま。。。
SECRET: 0
PASS:
サトウさま、、

お友だちとご一緒でしたか。

この日の、ビッグバンドの会場の映像が、加持顕さんの日記にでてました。



>私は、どちらのビッグバンドも聞いたことがなくて知らないのですが、どちらかといえば、メルルイスオーケストラのナンバーが楽しかったです。



・・・・。

ウーーン、さすが、、ヤギファンですねぇ。

と、言うしかない気がします。(爆)



>一緒にでかけした友達は、かなりびっくりしてたようです。彼女は、スィングガールズの映画で流れるような曲が聞けると思ったみたい(笑)



うーーん、実は、、スイングガールズ、って、見損なってしまって、未だにみたことがないのです。

吹奏部のお話しですよね?って、誰かわたしをスイングガールズに連れって。

って、1人でいけって。。ね。



>しかし、暑いです。



昨夜、雷で、、今日は、雨です。

雷なったら、家人が怖がったんですが、、わたしは、、平気。

だって、上州生まれだもん♪

TITLE: sabuさま。。。
SECRET: 0
PASS:
sabuさま、、

めちゃ、面白かったけど、、年寄りにはきつい日程でありました。



>おはようす^^



ヒャッ。

こんばんはぁ。



>ジャズスト・・やぎ・・追い込みましたねぇ・・・



そうですかぁ。

今回は、結構、、安易に聴きに行ってしまって、、凄く、、悔しいのです。

いつも、、行けなくても、なんつうか、いろいろ、予測するんだけど。。



いろいろな予想が、外れまくった!!!!!!

この悔しさは、どうやって、、ケリつけようかなぁ。





>りとちゃんの追い込みで、きっとやぎも悲鳴上げたことでしょう



いや、あの方達、人間の神経ではないですから。





>普通じゃないこのバンド・・やっぱ普通じゃなかったんですね・・・

>いやいや・・これがこのバンドの普通か・・・



ええとね、放し飼いは、スタイルがないようでいて、実はあるんだよねぇ。

段々、濃くなってしまったけど。

このバンドだから、歌満載でも、バックでやってることは、結構、興味深いです。

でも、すっかり忘れちゃったンだよねぇ。



>自分でなに言ってるかわからんなってきた・・



あ、普段のサブちゃんじゃん。





>今回はいけなかったけど、次回は必ず聞きたいとおもっとります・・



え?放し飼い?放し飼いは、、あのピアノの姫はいないけど。。



>新潟のジャズ・・・みんなで守らなければね!!



そうなんですね。

この場合のみんなは誰か。。とっても、考えさせられる今日この頃です。

一年のあいだに、いい方向に進展があればよかったのにね。

TITLE: さささま。。。。
SECRET: 0
PASS:
さささま、、

>Make Me Smile   Off The Cuff 

>もちろん、2曲とも演奏したことはありません(笑)。



わたし、今回ね、聴き直して、なんつうか、とっても、、、あれでした。(笑)



>難しい曲だと思いますよー。その上、あの(笑)サウンドですからね。努力に対しての観客へのアピールは客層でかなり違うと思います。選曲した方も決断ですけれど、演奏するメンバーも凄いですよね。



そういう意味では、、新潟のお客様は、なんつうか、、盛り上がってくださっていた気がします。

つうか、わたしはとても面白かったけどなぁ。。





>八木さん(vtb)は、アマチュアのトロンボーン奏者としては破格に上手いですよ。ご兄弟も大変上手いのですけど、正確な音符を繰り出してくる八木さんのトロンボーンに耳がいってしまいます。私はトロンボーンの奏者として挫折組ですからね(爆)。



バルブトロンボーンだけどね。

昔昔、、、この世で、わたしが今好きなサウンドを演奏を許してもいいトロンボーンは、ロビンさまだけだったンだけどね。(ロビンユーバンクス)

最近は、ちょっと、増えてきた。



>バンドの演奏も成功したようですし、本当によかったですね。



そうですね。

でも、宣伝はもっとすればよかったなぁ。





>> と、新潟のジャズ業界は、大変な事になってしまってます。(真面目)

>何があったのでしょう?



ジャズ喫茶スワンさんの決断です。8月からのライブの運営方針。

http://www4.ocn.ne.jp/~swan/musikakui.htm" target="_blank">http://www4.ocn.ne.jp/~swan/musikakui.htm

そして、この問題は、この文章にある表面的な問題だけでは無いって、ことです。

ここに至るに、かなり、深い問題を抱えてるようです。

TITLE: 千の風さま。。。
SECRET: 0
PASS:
千の風さま、、



>今晩は。



こんばんは。



>昨夜、大人のお遊び。。の八木ブラ編があったきがしするのですけれど。



うん。あったです。

でも、朝早くに、ちょっと、消しちゃいました。

また、復活させるつもりだけど。。

TITLE: そうですね
SECRET: 0
PASS:
すずっくちゃま・・あなたしかいません・・・ちゃんとかけるのは・・



あまり書き込むと、ここのブログが炎上してしまうと悪いので、多くはかけませんが・・・



SWANの意見と行動に、賛同します。



この行動はSWANだからやるのではなく、SWANしかできないでしょう!



金儲けに考える人はいますが・・・



金儲け抜きで、新潟のジャズにかける情熱は、だれも真似できないでしょう!!



SWANを離れるバンドは、新潟のミュージシャンの、いちファンとしてはさみしいです。

TITLE: ちょっと、ちがうけど。。
SECRET: 0
PASS:
sabuさま、、

>すずっくちゃま・・あなたしかいません・・・ちゃんとかけるのは・・



これって、ちょっと違うと思うのだけれど。

私は全部を知っているわけではないのですから。

でも、知ってる情報で自分なりに判断してます。



ここで、それを書くことは無いと思うのですが、でも、8月からはライブ一つでもよくチェックして後から後悔しないようにします。

まずは、そこから。

私は、ジャズの世界で利害関係はほとんど発生しないのですが、でも、誰が損得で動いてるのか、、よく、見極めたいと思ってます。

いい、、チャンスかもしれないな。



常連でもないけど、、なにもできないけど、ずっと、あまり儲かりそうもない小さな地元のライブを支え続けてきた人達ですからね。

その人たちが、最後のお願いしてるわけでしょう?よく、考えます。



でね、、このブログは、マイナーです。

しかも、新潟のジャズファンの人なんて、あまりみてません。

炎上なんてないでーーす。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人のお遊び。。信濃川慕情編:

« 大人のお遊び。。禁断の○○編 | トップページ | 大人のお遊び。。極楽の○○編 »

無料ブログはココログ