2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« You Can't Go Home Again/Chet Baker | トップページ | 雨と曇りのあいまに。。。 »

2010年6月12日 (土)

Live at Smalls / Seamus Blake Quintet


段々夏が近づいてます。庭の薔薇は盛りを過ぎて、少し、色が白っぽくなってしまった。でも、まだいい季節ですよねぇ。全開に家中を開け放して、新鮮な空気。今日も、パットメセニーの昔のアルバムか、トーマスフライランドのアルバムを聴きたくなったなって、ボンヤリしてたんだけど、からだにカツ入れよう、切り替えよう、って、ことで、最近届いた中で一番ストレートに熱いアルバムに手を出すことにしたン。巷では、クリスポッターに迫る勢いで人気のコンテポラリージャズサックスの雄シーマスブレイク。何処のインフォに「白人コンテポラリーサックス奏者で、クリポタとならんで双璧の」、とか、、あった。。。ほぉ。。。。。。。。。そうですかあ。
で、かなり電子オタクらしいことは、先回の来日ライブであきらかになったようである。彼も清く正しい現代っ子なわけだ。常に、清く正しくオーソドックスなジャズが好きなわたしは(嘘っ)、どうも電化シーマスはあんまり好きじゃない。ものには、限度ってあるだろう。それだけでなくて、特にテナーサックス吹きはみていてもかっこよくなくちゃいけない、って、思ってるわたしのリスナー的美学に(爆)、、ちょっと、外れる。でも、そんなことばかりもいってられれない。なぜなら、これは安くてお買い得だし、中味も凄いから。
ま、メンバーも涎が出るし、「Stranger in Paradise」はやってるし、何より、ライブ盤というのは、シーマス買いには大きくプラスでしょう。ライブ盤Joel Haynes Trioでも、えらく燃えていたし、Live In Italy/Seamus Blakeもイケてましたぜ。エイッ、躊躇せずに暴れてくれッ!!

4曲がシーマスの現代っ子らしいオリジナル、そして、「Stranger in Paradise」。。。
小気味よいビルスチュのドラムとキコスキーのピアノがお出迎えの Subterfugeから。
テンポや拍子を自在にとはいえ、そうなると手枷足枷になりそうなものですが、この辺のメンバーにはそういうことは関係ないのでしょう。ハードバップの定番テーマの2管、3管ユニゾンつうのがありますが、ここの売りはテクニシャン2人サックスとギターでユニぞっって、浮遊感もある演出なのです。ワンホーンだけど、ツートップ。
厚さはあっても、重さはない。高速パッセージ主流の現代ジャズのサウンドにはかっこえですゎ。
そのまま、リズム隊のプッシュをうけて、シーマスとルンドの長尺でシリアスなソロへ。タイトでクールなルンド。でも、かなり、きれいなフレーズのソロを淀みなく弾ききって、、やはりかっこよすぎる。高速でも音に濁りがなくて素敵♪いやいや、どちらかといえば黒子達のリズム陣なのですが、これがまたかっこよい。ちょこっと、ドラムソロもあって、特にビルスチュねぇ。
Amuse Boucheもなんだか、変わった感じの一見ユーモラスな楽しそうな曲。こういう、、シュチュエーションは絶対危険ですよね。このまま、暢気に楽しく終わるはずはない。(爆)シーマスのソロははじめからなかなか好戦的。ビルスチュもキコスキーもグイグイと押し続けていきます。小波を何度か乗り越えながら、次第に大きな波へ。波頭が崩れた瞬間ルンドにバトンタッチ♪ここからルンドが揺さぶっていくわけですよ、逆にリズム陣を。次第に大きな波となり、今度は全員で終演へ。イェ〜〜イ。
Consequenceもタンタンとした感じに不思議な始まりなのですが、キコスキーの美しいソロにこの方の表現力の広さをみます。かなり、好演。そういえば、猫屋試聴会で聴いた彼のリーダーのバラード集からの演奏よかったんです。でも、あちらのドラムって、ビリーハートだったんですよねぇ。苦手なんだよねぇ。と、シーマスのソロは相変わらずのイケイケな長尺なだけでなく、高揚感、躍動感も。アルバム唯一の他人の曲が「Stranger In Paradise」、、キコスキーの透明感あふれるピアノに誘われデュオル2人のバラードプレイはかなり反則。これは、普通に素晴らしい。余計な音を控え、他のメンバーがフィルインしてからも、しっとりと歌い上げる。テンポがアップして、軽やかで爽やかなキコスキーのソロは先程までの熱演とは、、別次元へ運んでくれます。ぐっと、スィング感がましてきて、思わず、ここは何処、わたしは誰?って、感じ。黒子に徹してきたベースのソロもフューチャーされ、ピアノトリオの真髄みたいになってるぞぉ。しかし、前半のシーマスの演奏はなかなかよかったと思いまーーす。わたくしてき反則なお気に入り。(^_^);;
最後は、やはりいかにも、、って、感じの Fear Of Roomingです。キコスキーはクールだけど、テンション高く音を引きつめていきます。全員で収束に向かってる感じ濃く音の重なりが厚くなっていくので、燃え上がり感たっぷりでシーマスの自在で奔放なサックスも全開でしょうか。ビルスチュのお尻叩きもバシバシ入ります。で、ここで、つなぐのがギターなので、かなり攻めのギターなのですが、暑苦しさはない。。と、わたしは思う。最後戻ってからもなんだかかっこいいの。気づけば13分をこえる熱演。でも、長さなんてまったく気にならない一枚でござった。

つうことで、二度目のスモールズライブ中継でしたン。
わたしのリンク友だちは、、わかるのですが、、こういうのは、、誰が買うのかな。。♪

1. Subterfuge
2. Amuse Bouche
3. Consequence
4. Stranger In Paradise
5. Fear Of Rooming

Seamus Blake (ts)
Lage Lund (g)
David Kikoski (p)
Matt Clohesy( b)
Bill Stewart (ds)

ライブにお出かけの前後はバタバタするだけでなくて、そのライブに影響されてあれやこれや聴いてしまうので、新譜がおろそかになる。しかも、昨夜もお出かけで、明日もお出かけなのだぁ。
明日の日曜日には、ほんとうなら行きたいイヴェントとライブがあります。

6/13(日)レア盤を聴く会@JAZZY SPACE CATS HOUSE
15:00〜 ¥2,000 1D付き&お土産付き! 025-224-1667
これねぇ、、あの舟田さまのお持ちのレア盤試聴会。今回は、サックス&トランペットだっけかなあ。
いけないけど、、猫マスター&舟田さま、、よろしく♪

6/13(日)Fabio Trio@SWAN
15:00〜 ¥2,000 1D付き 025-223-4349
Fabio Bottazzo (g) 東 聡志 (b) George Edwards (d)
かなり前から楽しみにしていた、、ライブです。でも、いけそうにないので、がっかり。。
サインもらおうと思ったのになぁ。違う、、ところで、、聴けるようにがんばってみよぉ。。。

これって、開始時間は一緒です。あなたなら、どっちを選ぶかな?
わたしが、もし、新潟に居たら、、もちろん、、両方!(爆)
身体を2つに裂いても、、両方に行きますル。

皆さまにおかれましては、楽しいおやすみでありますように。。
わたしにおかれましては、まずは風邪がきちんと治りますように。。
んじゃ、退散♪


« You Can't Go Home Again/Chet Baker | トップページ | 雨と曇りのあいまに。。。 »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Seamus Blakeも良いけど、このメンツが良いと思ってる
SECRET: 0
PASS:
>厚さはあっても、重さはない。

まさにこの通り。厚いけど、重さを感じさせない。

かといって、軽いわけでは全然ないんですけどね。

この絶妙感が妙味なのかも知れませんね。



Bill Stewartに煽られてというのが根本でしょうけど

Lage LundもDavid Kikoskiも良い演奏してくれてます。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

TITLE: お土産つきが気になります
SECRET: 0
PASS:
テナ-とギタ-のQuintet 賑やかな感じがします。ライブ盤ですしね。

といっても 私はわからないです。スミマセン

すずっくさんならではの選曲ですね。

たぶん すずっくさんのブログをご覧になっている方は知っているのかなぁ。

ひとつ 覚えました(^-^)♪

ソニ-・ロリンズが来日しますね。(この方も名前しか知らないのです)

テナ-サックス奏者でしたよね。

なんか へんなコメントになってきた(^_^;)

Jazz 好きなのですが まだまだ わからないことばかりです。

風邪 お大事に。

薔薇の花 秋にまた見れますね*

いいなぁ。

お出かけ 楽しんできてください♪

TITLE: 何度もゴメンナサイ
SECRET: 0
PASS:
「Live in Italy」を今 読んできました。

こっち聴きたいです。

すずっくさん アルバムの紹介の仕方 ステキですね。

木星ですかぁ。

ドビュッシ-ですかぁ。

ファンタジ-ですね♪

いつか聴けたらいいなと思います。

TITLE: TBさせて頂きます
SECRET: 0
PASS:
すずっくさん,こんにちは。敦煌より戻ってきました。今回は中国と言えども,遠くて疲れました。上海〜合肥〜西安〜敦煌〜蘭州〜上海ですからねぇ。ダーリンに場所を聞いてみて下さい。



このアルバム,Seamusのソロなんかは期待通りです。そして,私にとって予想以上によかったのが,このバンドによる演奏でした。"Live in Italy"やJoel Haynes盤のSeamusがいいのよ〜なんて思っている,食わず嫌いの私はいけませんということで,反省してしまいました。こういうのが眼前で聴けるニューヨーカーがやはり羨ましいですね。



ということで,こちらからもTBさせて頂きます。それにしても全然音楽の記事をアップしていない...。


TITLE: TBさせていただきます
SECRET: 0
PASS:
電化シーマスは私もあまり好きではないので、テナー一本で勝負してくれる方が嬉しいです。

さすがにライブ盤だけあって、本作ではメンバー全員がいい仕事をしてましたね。



http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/a6fcd9a33806a09d51fd216cade9b535/83" target="_blank">http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/a6fcd9a33806a09d51fd216cade9b535/83

TITLE: 意固地に、、、
SECRET: 0
PASS:
oza。さま、、たまに、マイナスとわかっていても意固地になるわたし。

と、、やっぱ、シーマスは追っかけない。。つもり。

恋人は2人いらない。(爆)

マイケルブレッカーとスティーブグロスマンくらい個性に差があれば別だけど。





>>厚さはあっても、重さはない。

>まさにこの通り。厚いけど、重さを感じさせない。



ですよねぇ。。



>かといって、軽いわけでは全然ないんですけどね。



そうなんです。

かなりメロディアスな感じもあるんだけど、やってることはスゲェよねぇ。。



>この絶妙感が妙味なのかも知れませんね。



ルンドでしょう。





>Bill Stewartに煽られてというのが根本でしょうけど

>Lage LundもDavid Kikoskiも良い演奏してくれてます。



しかし、ビルスチュって、やっぱ凄いよね。

重たいわけではないんだけど、タイミングが絶品でグィットのせてくれる感じが。。



>TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。



はい。

他にもあるんだけど、、今日は、、やめておきます。

TITLE: きいてきたもん!
SECRET: 0
PASS:
すずっくちゃま



Fabio Trio@SWAN



きいてきたもん^^  

ジョージが入るとまた一味違うファビオとなっとりました!



帰りは、すずっくちゃまのまねして、スキップしながら、芋虫ごろごろでかえりました



ファビオ血豆できたかもぉっ!!

TITLE: coincidence
SECRET: 0
PASS:
先週、偶々、Seamus Blakeの話題を某メーリングリストで交わしていたタイミングで、この記事。

偶然にしては出来過ぎです。



その際に、こんなyouTube映像を知ったので、音声付きかどうかはともかく(笑)試してみてください。



http://www.youtube.com/watch?v=5yh4g0sLjpw&" target="_blank">http://www.youtube.com/watch?v=5yh4g0sLjpw& ;feature=related



1999 斑尾でのMichael Brecker & Seamus Blake (後姿のピアノはKikoskiですよね)

Seamusが参加しているMingus Big BandにMichaelが飛び入りした際の映像です。

誰かがステージ袖から撮影していたものでしょうか。



Mingus Big Bandを昔、Time Cafe Downstairsで見たとき、John Hicksのピアノがとてもかっこ良くて、彼は最近どうしているんだろと思って調べたら、なんと2006年に65歳で夭逝したことをたった今知りました。RIP

TITLE: お土産、、、、。。。
SECRET: 0
PASS:
マ-リンさま、、この世には、、信じられない値段のついたレア盤というのがあります。案内本まででてるんですよ。

そういうのは、、わたしは持ってないです。だから、この会で聴かせてたかったの。

で、ここのお土産は、、凄いんです。はい。(^_^)



>テナ-とギタ-のQuintet 賑やかな感じがします。ライブ盤ですしね。





そう、この辺は王道テナーサックスとちょっと外れて、捻れてます。興味持ってくれたけど、、どうかなぁ。。

前に、日記にスコットハミルトンかハリーアレンをあげてなかった?違ったかなぁ。ごめんね、失念した。

あのヘンのサブトーン効いて、ゆったりしたテナーの音色確かめるサックスと違うのでご注意です。はい。



>すずっくさんならではの選曲ですね。



随分、長い間聴いてるうちに、、こっちに偏ってるのですよ。

でも、めちゃくちゃ偏ってるわけでもないと思います。

自分で言うのもなんですが、、微妙な感じです。(爆)



でも、名前を覚えるのは、、いいことですヨン。あ、これ、すずっくさんが注意して、って、言ってた。。って、名前を覚えましょう。(爆)



>ソニ-・ロリンズが来日しますね。(この方も名前しか知らないのです)

>テナ-サックス奏者でしたよね。



ロリンズはとても素晴らしいテナーサクッス奏者です。長く演奏歴あります。わたしも好きです。

50,60年かなぁ、、あの辺、、もう、なんつうか、、かっこいいよ。個人的には、カリプソ入ってから、、生を一度聴きましたが、、それは迫力ありました。今でも、この街にきたらきっと聴きに行きます。わたしのお友だちはたぶん街から街へ追いかけます。



お出かけは疲れましたが、楽しかったです。

今日は、自分で運転しなかったので、楽ちん。

ただ、予定外に午前中に万代島美術館でポター展をみてから行くことになってしまって、、ブログのお返事するのが遅れちゃいました。ごめんなさい。

TITLE: こちらこそ、、
SECRET: 0
PASS:
マ-リンさま、、

と、言うことで、、シーマスは、結構、、危険です。はい。

貸せるものなら、、貸してあげたい。。

確かに、いきなりこれが気に入ることもあるわけですが、、

うーーーーん。

TITLE: またまた中国である
SECRET: 0
PASS:
音狂閣下!おかえりなさぁい。



>すずっくさん,こんにちは。



はい。お返事遅くなりました。



>敦煌より戻ってきました。今回は中国と言えども,遠くて疲れました。

>上海〜合肥〜西安〜敦煌〜蘭州〜上海ですからねぇ。ダーリンに場所を聞いてみて下さい





はい。ダーリンに聞いてみます。

でも、父のほうが、、きっと、よく知ってます。。

で、またまた中国である、って、感じなのね。

今度は、月末?って、いつなんでしょう。。





>このアルバム,Seamusのソロなんかは期待通りです。



そうかぁ。。確かに、期待通りです。でもなぁ。。。ぶつぶつ。。



>そして,私にとって予想以上によかったのが,このバンドによる演奏でした。"Live inItaly"やJoel Haynes盤のSeamusがいいのよ〜なんて思っている,食わず嫌いの私はいけませんということで,反省してしまいました。こういうのが眼前で聴けるニューヨーカーがやはり羨ましいですね。



そうですよねぇ。まぁ、同じですよぉ。

しかし、一度でいいからニューヨークとか、、住んでみたい。

英語できないし、ダーリン嫌がるなぁ。

ウ〜〜ン。。いっそ、ニューヨークに駆け落ちしますか?

お互いに恋愛感情まったく無いけど。閣下と師匠だし。(爆)





>それにしても全然音楽の記事をアップしていない...。



はい。昨日はスタンリークラークだったねぇ。。

って、わたし、昨日は車でダーリンのオールマンブラザーズの去年だかのクラプトン&デレクがいるヤツ聴いてた。これが、、デレクが、、凄かった。

クラプトン、、おじいちゃんになったねぇ。。

と、ありがとうございました。

TITLE: こんにちは
SECRET: 0
PASS:
こちらは梅雨入りしました。むし暑いです。

スコットハミルトンはエディヒギンズのピアノに合わせて ゆったりとした感じで吹いてましたね。

渡辺貞夫さんの サンバ?リズム感のあるサックスも好きです。

危険ということは…

どんな感じかなぁ。

いつか聴いてみたいです。

ソニ-ロリンズは80歳なんですってね。

席はとても高かったです(8000円だったかな)

TITLE: 再び、ありがとうございます
SECRET: 0
PASS:
naryさま、、ありがとうございます。

なんだか、段々、トラバアドレス教えて下さい!って、脳天気にいえなくなってきてる、、わたしです。いつも、すみません。



>電化シーマスは私もあまり好きではないので、テナー一本で勝負してくれる方が嬉しいです。



そうなんです。ちょっとくらいなら、面白いのですが。。

ちょっと、しつこいのは嫌だ。



>さすがにライブ盤だけあって、本作ではメンバー全員がいい仕事をしてましたね。



はいはい。

と、わたし的には、、ルンド&ビルスチュがとっても素敵でした。

って、シーマスも好きだけど。。。



でも、このアルバムにビルスチュいなかったら、どうしたかな。。

TITLE: やられたぁ
SECRET: 0
PASS:
sabuちゃま。。。



>すずっくちゃま



あらぁ。



>Fabio Trio@SWAN



げげ。



>きいてきたもん^^  



いいなぁ。

猫マスターが半分づつでもいいよ、って、言ってくれてたのに。

午前中も思わぬ予定も入って、猫マスターのところにもお電話もできなかった。



>ジョージが入るとまた一味違うファビオとなっとりました!



そうなんだそうですよねぇ。

ちと、長岡の路上でサブちゃまをまってる間に東さまにきいたんだけど、東さまも似たようなこと仰っておりました。

あ、、つうことは、東さまも違ってた?





>帰りは、すずっくちゃまのまねして、スキップしながら、芋虫ごろごろでかえりました



惜しいなぁ。一番最初にハグもいれなくちゃッ!!(爆)

知り合いには恥ずかしくてできないけどぉ。



>ファビオ血豆できたかもぉっ!!



大丈夫。ギターリストさまはみんな凄く綺麗なお手々してるけど、、

彼らの指の皮は厚いから、、きっとヘイキ♪

どんな曲演奏したの?

TITLE: It's no Coincidence
SECRET: 0
PASS:
catszooさま、、

それは、ほんとうは、、It's no Coincidenceだったりして。

って、ことはないか。



>Seamus Blakeの話題を某メーリングリストで交わしていたタイミングで、



さすがに、あのメーリングリストからは除外されてしまった模様です。一度も発言しなくて、じっと、、眺めるだけの人生であった。今も濃い会話がなされているのであろう。。(推測)



>偶然にしては出来過ぎです。



世の中のタイミングって、こんなモンですよ。

わたしも、、時々、この人とわたしは前世で繋がっていた!なんて、思ったりするんだけど、、(爆)

実は、知らないうちにガーゼにくるまれてたりするモンです。。。



>こんなyouTube映像を知ったので、



これみました。お出かけ前に2回。(爆)

で、そのあと、違うところをさ迷った。モチロン、音無で。(自爆)

やっぱ、マイケルブレッカーって、音がなくてもかっこいい。

って、クリポタも!!吹いてる姿かっこいいなぁ。



そう。。catszooさま、、クリポタあまりお好きじゃないでしょう。。。。



>1999 斑尾でのMichael Brecker & Seamus Blake



そうです。ピアノはキコスキーですネ。

素げぇ、、身体の動いてましたね。キコスキーも、、よほど、嬉しかったのでしょうか??



>Seamusが参加しているMingus Big BandにMichaelが飛び入り



十年くらい前ですね。。



>John Hicksのピアノがとてもかっこ良くて、彼は最近どうしているんだろと思って調べたら、なんと2006年に65歳で夭逝したことをたった今知りました。RIP



ジョンヒックスも追っかけしてたわけでないので、なんも、語れませんが。。。

でも、パワートリオつうののエリントンナンバーで、ヒックスはえらくかっこええです。わたしの好きなチェルシーブリッジじゃない方のヤツ。タイトル忘れちゃった。

って、お亡くなりになってましたか。。。ご冥福をお祈りします。

TITLE: ご飯にしなくちゃ
SECRET: 0
PASS:
マ-リンさま、そうかぁ。。梅雨に入ったのですね。

今日も、夕ご飯、、遅いのです。水まきしなくていいので助かります。



>こちらは梅雨入りしました。むし暑いです。



午前中に母とお出かけもしたのですが、、

梅雨の話題を振られて、、ちんぷんかんぷんでした。そういうことだったんだ。。(恥)



>スコットハミルトンはエディヒギンズのピアノに合わせて ゆったりとした感じで吹いてましたね。



はいはい。ジェントルなサックスです。



>渡辺貞夫さんの サンバ?リズム感のあるサックスも好きです。



現役ですよねぇ。

この方、日本でフュージョン全盛?だった頃に、誰もが聴いたことあったはずです。

TVのCMでバンバン流れてましたァ。

ブラジルとか、ボッサとか、、アフリカンミュージックとか、身体の中にと入りれた素敵なおじいさまです。

って、古いLPしか持ってないのです。(恥)



>危険ということは…

>どんな感じかなぁ。

>いつか聴いてみたいです。



はい。



>ソニ-ロリンズは80歳なんですってね。

>席はとても高かったです(8000円だったかな)



80歳で8000円って、覚えやすいね。


TITLE: No Complication
SECRET: 0
PASS:
Chris Potterは多分、かなり好きです。



これは、自分でも、とても難しい質問でして。



初めて聴いたのはAntonio Faraono名義のアルバムで、さほど感心しなかった事を覚えてますが、その後、Holland, Hallなどで聴いて、Krantzと始めてから以降は「かなり」聴きました。



現役テナーでは最も好きなプレーヤーですが、しかし、冒頭に述べたように何故か「多分」が付いてしまう。



どこか、フレーズが鈍重で色気不足、という気がしているのかとも思いますが、自分の趣味のことなのに、よく判りません。



まあ、あまり他人が「○○は好きでは無いのではないか」と推定するのは、ちょいと微妙なこととは思いますけども。

人はそれぞれ、自分でも判らない複雑怪奇なところを持っているものだし。でも、反面、とても単純だったりもしますけど(笑)

TITLE: Re:やられたぁ(06/12)
SECRET: 0
PASS:
>すずっくちゃま



・・東さまも違ってた?

あずまさんも歌ってる暇がないくらいでしたぁ^^





・・どんな曲演奏したの?

ファーストCDのソニームーンフォーツー(でしたっけ)

まったくCDとはべつものでしたぁ



秘密の音源の最後の曲。。サムライひーは・も演奏しました

これは・・いくさに向かう、侍のような感じといいましょうか・・元気よかったすよ



ちょっと曲目忘れたけど、アンコール前の最後の曲・・



んん・・これは、ロックができるファビオって感じでしょうか・・



前にナインスでもこのトリオ聴いたことありますが、CDの雰囲気を一掃するトリオです





でもファビオのギターは堪能できました^^^^

TITLE: 夕飯 冷しゃぶにしました
SECRET: 0
PASS:
わたしも 貞夫さん『カリフォルニアシャワ-』とか入ってるベスト盤しか持ってないです。

それにしても みなさま くわしいですね。 すずっくさんと ばんばん話が通じる。羨ましいです(^-^)

夕飯の話なら 私もできるかな??

今晩は暑くて レタスとかトマトとかたくさん盛って豚肉の冷しゃぶにしました。

このメニュ-に合うJazzってあるかなぁ…

TITLE: ごめんねぇ
SECRET: 0
PASS:
catszooさま、、ちょっと蒸し暑い日でした。



>Chris Potterは多分、かなり好きです。



と、来日するといいなぁ、って、わたしが言ったときに言ってましたよね。



>これは、自分でも、とても難しい質問でして。



へいへい。



>初めて聴いたのはAntonio Faraono名義のアルバムで、さほど感心しなかった事を覚えてますが、その後、Holland, Hallなどで聴いて、Krantzと始めてから以降は「かなり」聴きました。



2000年のソーンですよね。

クリポタって、わたしも途中から、馬鹿好きになるんです。

90年代とかのアルバムも凄いけど、あんまり反応してないんです。

わたし的には、2002年くらいから、、なんか、突然、きた。(笑)



>現役テナーでは最も好きなプレーヤーですが、しかし、冒頭に述べたように何故か「多分」が付いてしまう。



はいはい。それは、もっと好きな人がいるからでしょ。

その辺、、なんか、わけてる、、わたし。



>どこか、フレーズが鈍重で色気不足、



音色とかのせいもありませんか。。



>まあ、あまり他人が「○○は好きでは無いのではないか」と推定するのは、



すんません。

あれや、、これやと、、妄想癖があるんです。はい。

だから、こんなブログ続けてるんですよ。



>人はそれぞれ、自分でも判らない複雑怪奇なところを持っているものだし。でも、反面、とても単純だったりもしますけど(笑)



ですねぇ。。

と、タイトルに戻るのね。(笑)

わたしね、頭はスカスカですが、、心は複雑怪奇かも。いや、魑魅魍魎かも。

いろいろ、、ごめんなさいね。

TITLE: それは、、それはぁ
SECRET: 0
PASS:
sabuちゃま、、



>すずっくちゃま



はいはい。



>あずまさんも歌ってる暇がないくらいでしたぁ^^



そうですか。

ほぉ。。。♪





>ファーストCDのソニームーンフォーツー(でしたっけ)

>まったくCDとはべつものでしたぁ



ひゃほぉ。

すげぇ、、楽しみ。



>秘密の音源の最後の曲。。サムライひーは・も演奏しました



わたしねぇ、、アバークロンビーって、ギターも好きです。

これは、ベース屋さんがつくった曲です。



>これは・・いくさに向かう、侍のような感じといいましょうか・・元気よかったすよ



わーーい。



>んん・・これは、ロックができるファビオって感じでしょうか・・



彼ね、、クランツも好き、って、言ってたンだよ。

クランツはロックのギターではないけど、結構、寄ってるよ。



>前にナインスでもこのトリオ聴いたことありますが、CDの雰囲気を一掃するトリオです



はいはい♪

ありがとう。。って、わたし、いい知らせがあるのじゃ。。

TITLE: いいなぁ。。
SECRET: 0
PASS:
マ-リンさま、、

>ファビオさま、東さまの奮闘ぶりが楽しみです。はい。



はいはい。ありがとう♪優しいね。

ええとね、、金沢にもね、わたし知ってる、、かっこいいドラマーがおるんですよ。今も、金沢に住んでるかなぁ。。



>わたしも 貞夫さん『カリフォルニアシャワ-』とか入ってるベスト盤しか持ってないです。



あのね、普通は奥さまはね、、貞夫さんのことは知らないの。

わたしとか、、ちょっと、ヘンなの。

わかってるんで、昔はこっそりブログをやってたんですけど。。。



>それにしても みなさま くわしいですね。 すずっくさんと ばんばん話が通じる。羨ましいです(^-^)



つうか、みんな詳しいので、、わたしもひー、って感じでっす。

でも、皆さんは、、わたしが書いた文章にコメントするんで、、わたしの知ってることが多いの。



>今晩は暑くて レタスとかトマトとかたくさん盛って豚肉の冷しゃぶにしました。



それは、旦那さまが大喜びだったでしょう。

わたし、必ず、青じそをかけます。



>このメニュ-に合うJazzってあるかなぁ…



どうかな。

ビルエヴァンスって、ピアノのアルバムには、アフィニティってあるんですが、、

そこに、、トマトキッスってあるわ。

エレピも入って、夏向きです。はい。


TITLE: しってるもん
SECRET: 0
PASS:
すずっくちゃまぁ



>ありがとう。。って、わたし、いい知らせがあるのじゃ。。



しってるけど・・・・・ないしょだもん



明日の深夜までは・・・

うううううう言いたい・・・・



だすけてくれぃ

TITLE: こんばんは
SECRET: 0
PASS:
ビルエヴァンス 好きです♪といっても だいたいみんな持ってる(と思う) 『Waltz for Debby』しか持ってないんですけど(^-^)

「トマトキッス」ですか かわいいタイトルですね。

今度 聴いてみます。ありがとう♪

TITLE: しってるのぉ?
SECRET: 0
PASS:
sabuちゃま。。



>すずっくちゃまぁ



はいはい。





>しってるけど・・・・・ないしょだもん



なーーんだ、、しってるのかぁ。

つまんないなぁ。(爆)



>明日の深夜までは・・・



シンデレラ♪



>うううううう言いたい・・・・



どうなるかァ。。言ってみたら。。。。(-_-);;;;;;;



>だすけてくれぃ



助けてやらないモン。(爆)

今日は寒いねっ。風邪ひきそっ。暖まらねば。。。

TITLE: ビルエヴァンス。。
SECRET: 0
PASS:
マ-リンさま、エヴァンスって、とても入りやすくて、、そして、深いの。



>ビルエヴァンス 好きです♪といっても だいたいみんな持ってる(と思う) 『Waltz for Debby』しか持ってないんですけど(^-^)



リヴァーサイド4部作、って、ヤツの一枚です。

エヴァンスのアルバムは、敷居が低くてとてもわかりやすいの。

でも、彼らがそこでやってることはジャズという音楽の深い部分にとても関わっていて、その考え方は今のピアノトリオの主流になってると思うのです。

って、うっとりしますよねぇ。。いい気分ですよね。。



>「トマトキッス」ですか かわいいタイトルですね。



そうなの。

一番好きなのは、Sno' Peasって、曲なの。

サヤエンドウ、、だって。

この曲収集してるんですが、、大本、オリジナルを持っていません。(哀)



>今度 聴いてみます。ありがとう♪



うん。

エヴァンスって沢山アルバムでてるけど、もしかすると、図書館とかに行くと借りられるかも。

今度、一度、行ってみたら?

TITLE: こんばんは
SECRET: 0
PASS:
エヴァンスのこのアルバム グラスの音とか 話し声とか入ってて 近くで自分も聴いてるようなアルバムですよね。

図書館とは思いつかなかったです。

TUTAYAとかGEOはJazzのレンタル少ないんですよね。

今度 見てみます♪

あと もうひとつ教えてくださいませ。ヨ-ロピアンカルテットとアメリカンカルテットってありますが 好みの問題かもですが どちらが聴きやすい?

演奏者の違いだけかなぁ。

TITLE: おそくなりました
SECRET: 0
PASS:


マ-リンさま、、お返事遅くなってすみません。ちょっと、土曜日のことで、バタバタしてて。。





>エヴァンスのこのアルバム グラスの音とか 話し声とか入ってて 近くで自分も聴いてるようなアルバムですよね。





なんつうか、、あんな素敵な演奏を、、よく。。。あんなにクールに聞いてますよねぇ。



>図書館とは思いつかなかったです。





最近は、なかなかの品揃え、、と、聞きます。





>TUTAYAとかGEOはJazzのレンタル少ないんですよね。



たぶんね。ネットのレンタルだと結構いろいろあるらしいですよ。



>今度 見てみます♪



はい。是非♪



>あと もうひとつ教えてくださいませ。ヨ-ロピアンカルテットとアメリカンカルテットってありますが 好みの問題かもですが どちらが聴きやすい?



まぁ、実際、演奏者違うんですけどね。。時期も重なってますが。。

すげぇ。。簡単にいってしまうと、、アメリカンの方は骨太な演奏重視な重たい感じ。

ヨーロピアンの方は繊細でメロディ素敵なの多いそのまんまヨーロッパって感じ。(笑)

当然、キースもそれぞれそんな感じ。

サックス入ってるのがいいの?

アメリカンの方は枚数多いから、選ぶの大変だし、ヨーロピアンは枚数少ないし、とりあえず、素敵な曲の多いMy Song等はいかが?






























































































































TITLE: こんばんは
SECRET: 0
PASS:
忙しいところ ありがとうございます♪

タイトルから随分と外れたコメントでゴメンナサイ。

キ-スが二つカルテットを持っているとのことから どうしてかな なんて感じてました。

外山さまのライラックソングブックがなかなか届かなくて(;_;) それまで なんか聴きたいなと思って…

途中で消えてしまって読めなかったですが 『My song』ですね。

覚えておきます。

ほんとに 忙しいところ ありがとうございました(^-^)

TITLE: クリスポッター
SECRET: 0
PASS:
>>Chris Potterは多分、かなり好きです。

>>これは、自分でも、とても難しい質問でして。

>>現役テナーでは最も好きなプレーヤーですが、しかし、冒頭に述べたように何故か「多分」が付いてしまう。

>はいはい。それは、もっと好きな人がいるからでしょ。



明らかに、「もっと好きな人がいるから」ではないです。



例えば、Coltrane, Shorter, Getz, Brecker, はそれぞれに好きなところがあって、ならば、Potterをそこに並べて好きかというと、残念ながらちょっと違うという感じです。



>その辺、、なんか、わけてる、、わたし。



すっきりと分けれる事でもなく、また、「人それぞれ、好みの問題」でもない気がします。何かが物足りない。



>>どこか、フレーズが鈍重で色気不足、

>音色とかのせいもありませんか。。



フレーズの納め方、唄わせ方、・・・全ての要素によるものですが、明確に分析できまでんわい。



まあ、この種の話を、明晰に分析してくれる人がいますけど、あんまし納得できないことの方が多いので、分析できないことなんじゃないか、と思ってます。

TITLE: メンバー最高でした
SECRET: 0
PASS:
すずっくさんこんにちはー。蒸し暑いでしょうか。

東京は曇り雨晴れがはっきりせずムシムシします。



これはついついメンバーが良かったしリーズナブルだったので買ってしまいました。かってよかった!

もうちょっとKikoskiのソロが聴きたかったなぁ。

TITLE: お返事遅くなりました
SECRET: 0
PASS:
マ-リンさま、タイミング悪くて、、お返事遅くなりました。



>忙しいところ ありがとうございます♪



いいえ。

でかけるとなると、なんか、あれもこれも、、用事増えますよね。





>キ-スが二つカルテットを持っているとのことから どうしてかな なんて感じてました。



才能のあるミュージシャン達って、いろんな面を持っていて、その方向性でメンバー選んだりして、アルバムつくったりしますから。



>外山さまのライラックソングブックがなかなか届かなくて(;_;) それまで なんか聴きたいなと思って…



きたんですね!

よかったね!



>途中で消えてしまって読めなかったですが 『My song』ですね。

>覚えておきます。



うん。このアルバムも好きですけど、この曲が大好きで。。

なんか、不意に聞くと、、涙がこぼれそうになります。



>ほんとに 忙しいところ ありがとうございました(^-^)



いいえ。

金沢も、ジメジメしますか?髪がまとまらなくて、、いやよねぇ。

TITLE: そうねぇ
SECRET: 0
PASS:
catszooさま、ちょっと、お久しぶりです。



>>>Chris Potterは多分、かなり好きです。



>明らかに、「もっと好きな人がいるから」ではないです。



へぇ。。って、思ったけど。。



>例えば、Coltrane, Shorter, Getz, Brecker, はそれぞれに好きなところがあって、ならば、Potterをそこに並べて好きかというと、残念ながらちょっと違うという感じです。



これは、確かにこういわれると、、わかる気がします。

私もこの人達好きですけど、、

クリポタはかなり好きなのですが、確かにここにまだ並べることは抵抗感があります。

まだまだ、クリポタが現在進行形ってこともあるかもしれませんが。。



>すっきりと分けれる事でもなく、また、「人それぞれ、好みの問題」でもない気がします。何かが物足りない。



物足りないですかぁ。。





>フレーズの納め方、唄わせ方、・・・全ての要素によるものですが、明確に分析できまでんわい。



>まあ、この種の話を、明晰に分析してくれる人がいますけど、あんまし納得できないことの方が多いので、分析できないことなんじゃないか、と思ってます。



分析してくれたものを読むことは嫌でも何でもないけど、、

時間をかけて分析してもらっても、、それを受け入れるかって、ありますし。。



と、、ぐだぐだ言ってしまってすみません。


TITLE: はいはい
SECRET: 0
PASS:
rhodiaさま、、女神さま、、♪

上海にきたイタリアキャズメンを日本に連れてきてくださいませ。。



>すずっくさんこんにちはー。蒸し暑いでしょうか。



はい。湿度が苦手なスズックです。



>東京は曇り雨晴れがはっきりせずムシムシします。



うん。汗だらだらしてきました。





>これはついついメンバーが良かったしリーズナブルだったので買ってしまいました。かってよかった!



そうですよね。

お値段、メンバー、、その辺考えると、シーマスさまに足を向けてねられません。(笑)



>もうちょっとKikoskiのソロが聴きたかったなぁ。



キコスキーさま、ファン多いなぁ。

とりあえず、、シーマス盤って、ことで、、許してあげましょう。



トラバ届いたかなぁ。


TITLE: ショタ
SECRET: 0
PASS:
何となく、「現在進行形」で納得してしまって、ふと気づきました。やべ、ショーター、まだ進行形だったじゃん。



分析力がありそうだと思われることがある私めですが、実は、ほぼ直観人間です。その直観人種が、ふと思いついたのは、こんな理屈。



・自分が心から凄いと思うミュージシャンの要件

「その人の演奏を聴いている時間は、他のミュージシャンの音楽と比較する余裕などが無いほど、演奏に吸引力があること。」



残念ながらトレーンとゲッツの演奏には、音源と映像でしか触れたことがありませんが、推測するに、上記の状態に陥ったでありましょう。



NYというところは、ジャズに敬意を払っているような、払っていないような、へんてこりんな街です。

しかし、つくづく伝統が蓄積しとるわと感じたのは、取引先の経理担当の、ごくフツーの好々爺然としたおっさんと話した時でした。

「君は、こないだウチのクリスマスパーティーでギターを弾いてたよねえ。ワシも昔はビレッジの店に出かけて観たもんだよ。ビル・エバンスとかマイルスとかコルトレーンとか。」

彼らが当たり前に演奏していた世界で、普通の人達が店で食事したり酒呑んだりしながら、ごく普通に聴いていたんだよなあ、と改めて実感しました。ちょっとやそっとでは敵わん。



でも、自分の時代は、所詮そこには無い。だから、自分の時間をそれなりに有意義に過ごすしかないべさ、と言うことで夜な夜な出かけたという訳でした。



今は、かなーり出不精ですが、昨夜は、大坂昌彦のレコ発ライブをBlues Alleyで観てきました。ギターの馬場孝喜が、やはり光ってました。

TITLE: そうですが
SECRET: 0
PASS:
catszooさま、、



>何となく、「現在進行形」で納得してしまって、ふと気づきました。やべ、ショーター、まだ進行形だったじゃん。



そうですが、彼のやって来たことの偉大さは、、既に、大きすぎて、比べると単純に進行形とはちょっと、、なんか、、違う感じ。





>分析力がありそうだと思われることがある私めですが、実は、ほぼ直観人間です。その直観人種が、ふと思いついたのは、こんな理屈。



直立猿人つうアルバムありましたねぇ。





>・自分が心から凄いと思うミュージシャンの要件

>「その人の演奏を聴いている時間は、他のミュージシャンの音楽と比較する余裕などが無いほど、演奏に吸引力があること。」



おぉ。。!!!





>残念ながらトレーンとゲッツの演奏には、音源と映像でしか触れたことがありませんが、推測するに、上記の状態に陥ったでありましょう。



つうか、コルトレーンは音源でもそうだなぁ。



と、、続く。。

TITLE: 続きィ
SECRET: 0
PASS:
catszooさま、、



>NYというところは、ジャズに敬意を払っているような、払っていないような、へんてこりんな街です。



ほぉ。。



>しかし、つくづく伝統が蓄積しとるわと感じたのは、取引先の経理担当の、ごくフツーの好々爺然としたおっさんと話した時でした。

>「君は、こないだウチのクリスマスパーティーでギターを弾いてたよねえ。ワシも昔はビレッジの店に出かけて観たもんだよ。ビル・エバンスとかマイルスとかコルトレーンとか。」

>彼らが当たり前に演奏していた世界で、普通の人達が店で食事したり酒呑んだりしながら、ごく普通に聴いていたんだよなあ、と改めて実感しました。ちょっとやそっとでは敵わん。



そうなんですよねぇ。

そこに居た事実。そこに居た空間に居る事実。

ちょっと、違いますが、イギリスでレノンとポールが少年時代を過ごした部屋に居たとき、、なんか、いきなりビーンと直撃した感覚がありますです。

音を随分聴いたつもりなんですが、いきなり、来たものは、結構普通に凄かった。

って、すみません。文章にうまくできないです。



>でも、自分の時代は、所詮そこには無い。だから、自分の時間をそれなりに有意義に過ごすしかないべさ、と言うことで夜な夜な出かけたという訳でした。



そりゃ、羨ましい、、清く正しい決断です。



>ギターの馬場孝喜が、やはり光ってました。



大坂さんもマダ生で聴いたことないです。

馬場さんって、誰かがかっこいいって、言ってたなぁ。



今日は、ダウンロードできないから、ウニオンで大枚払って買ってきたクランツライブ2002年盤を聴きましたよ。

TITLE: ウニオン
SECRET: 0
PASS:
>そこに居た事実。そこに居た空間に居る事実。

>ちょっと、違いますが、イギリスでレノンとポールが少年時代を過ごした部屋に居たとき、、なんか、いきなりビーンと直撃した感覚がありますです。

>音を随分聴いたつもりなんですが、いきなり、来たものは、結構普通に凄かった。



まるで「Dead Zone」のサイ・トレーラー(笑)



馬場孝喜が参加している佐山雅弘のバンド名がDead Zone

・・・になる予定だったけど、それじゃちょっとあんまりだろってことで、Red Zoneになったそうです。



レノン、というかヨーコさんとの仕事でダコタの部屋に伺ったことが一度だけあります。1998年のことで、当時はイマジンの白いピアノがセントラルパークを望む角部屋にあって、脇に45センチ位のエジプト猫の彫刻が、公園内のStrawberry Fieldsに向かって置かれてました。この猫がレノンなんだなーと感じました。

「ビーン」は特に無かったですけど、その時の一連の出来事はいまでも印象が深いです。



>大坂さんもマダ生で聴いたことないです。



音の粒立ちが素晴らしい名手。ライドのレガートなんて惚れ惚れします。

でも、あっしにとって最高のドラマーは古今東西Dejohnette。



>馬場さんって、誰かがかっこいいって、言ってたなぁ。



音の粒立ちは馬場も素晴らしいです。

顔立ちは藤井隆です。



>今日は、ダウンロードできないから、ウニオンで大枚払って買ってきたクランツライブ2002年盤を聴きましたよ。



waynekrantz.comで買った際は10-15ドルだった気がしますから、DUでの3800円前後は高いようですが、無駄な買い物にはならないと思います。

「your basic live '06」の方は、ありませんでした?

http://diskunion.net/jazz/ct/detail/JZ090728-06" target="_blank">http://diskunion.net/jazz/ct/detail/JZ090728-06

TITLE: お返事遅くなりました
SECRET: 0
PASS:
catszooさま、すみません、バタバタのろまだったので。



>まるで「Dead Zone」のサイ・トレーラー(笑)







>馬場孝喜が参加している佐山雅弘のバンド名がDead Zone

>・・・になる予定だったけど、それじゃちょっとあんまりだろってことで、Red Zoneになったそうです。



ソ、、そうですか。って、なんで、あんまりなんでしょう。

インパクト、、あるような気がするんだけど。





>レノン、というかヨーコさんとの仕事でダコタの部屋に伺ったことが一度だけあります。1998年のことで、当時はイマジンの白いピアノがセントラルパークを望む角部屋にあって、脇に45センチ位のエジプト猫の彫刻が、公園内のStrawberry Fieldsに向かって置かれてました。この猫がレノンなんだなーと感じました。



そうなんですか。

って、なに屋三男だろう、、って、考えちゃイカンのですよねぇ。

すみません。



>「ビーン」は特に無かったですけど、その時の一連の出来事はいまでも印象が深いです。



そうですか。

友だちは、軽井沢でレノンが自転車に乗ってるのを瞬間みただけだけど、、一生覚えてるぞぉ、って、可愛く叫んでた。



続く

TITLE: 続きィ
SECRET: 0
PASS:
>音の粒立ちが素晴らしい名手。ライドのレガートなんて惚れ惚れします。

>でも、あっしにとって最高のドラマーは古今東西Dejohnette。



って、ディジョネットの去年だしたアルバムはめちゃかっこよかったよ。





>音の粒立ちは馬場も素晴らしいです。

>顔立ちは藤井隆です。



藤井隆、、って、誰かなぁ。

馬場さんは、mixiでも大活躍してる西山さんって、ピアニストとのデュオを聴いた人がかっこいい、って、いってたんだ。





>waynekrantz.comで買った際は10-15ドルだった気がしますから、DUでの3800円前後は高いようですが、無駄な買い物にはならないと思います。



そんな高かったかな。千円間違って、勝ったかな。(爆)

でも、二枚組だった。



>「your basic live '06」の方は、ありませんでした?



なかったです。

実は、2002年は二月に観たときもあったんです。

でも、高いなぁ、、って、やめたんです。

今回、あきらめて購入。(爆)

でも、思った以上によかったから、いいや。



遅くなってすみませんでした。

週末、何処か、、ライブに行きますか?

TITLE: 西山さん
SECRET: 0
PASS:
ピンポイント。



>馬場さんは、mixiでも大活躍してる西山さんって、ピアニストとのデュオを聴いた人がかっこいい、って、いってたんだ。



西山瞳とのデュオは、3−4回観ました。

近年、西山瞳が、長大な組曲を書き溜めて少しづつ披露していた頃。組曲の完成形も目撃しました。mixiにも居るとは知りませんでした。



馬場は、この世界にも嵌まるし、先日出た大坂の西海岸ファンキージャズでも嵌まる。でも、器用というより、器が大きいので多様な楽曲に適応性がある感じです。



因みに、馬場はmixiでは「ボスコニアン」です。

TITLE: Re:西山さん(06/12)
SECRET: 0
PASS:
訂正:少なくとも、このデュオは5回観てました。

だからどうということでは無いですけど。

TITLE: にっぽんぜんこく、、
SECRET: 0
PASS:
寝不足な朝。。



catszooさま、おはようございます。



>西山瞳とのデュオは、3−4回観ました。

おぉ。。って、5回ですか。

記憶力いいです。はい。



>近年、西山瞳が、長大な組曲を書き溜めて少しづつ披露していた頃。組曲の完成形も目撃しました。mixiにも居るとは知りませんでした。

フレンドリーな方なのでしょうね。

ライブやピアノが好きなマイミクさまのところにいらっしゃいました。

ライブのお礼などフォローされれてて、お忙しいのに凄いなぁ、って、思っておりました。





>馬場は、この世界にも嵌まるし、先日出た大坂の西海岸ファンキージャズでも嵌まる。でも、器用というより、器が大きいので多様な楽曲に適応性がある感じです。

そうなんですか。

ギターの好きなcatszooさまが仰るのですから、一度聴いてみたいものです。



>因みに、馬場はmixiでは「ボスコニアン」です。

西山さまのmixiネイムは私はわかるけど、マイミクではありませんから、ここではいえないなぁ。(爆)



って、ご飯にしなくちゃ。

PKって、辛いものですねぇ。。

TITLE: にっぽんぜんこく、、(06/12)
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん、お疲れさまです。



>>西山瞳

>ライブのお礼などフォローされれてて、お忙しいのに凄いなぁ、って、思っておりました。



西山瞳、折目正しくてフレンドリーな佳人。繊細な外見に相違して「男らしい」ところもあります。Lyle Maysが好きで、でも景気をつける時はSteve Vaiを大音量で聴くのだとか。

馬場とは、7月末にその大曲Astrolabeを横浜のDolphyにてまた演奏する模様です。一度、長大な譜面を見せて戴きました。

馬場は、西山近作にも参加してました。大作Astrolabeを馬場と吹き込むのを期待しています。



>西山さまのmixiネイムは



すぐに判りました。プロミュージシャンは半ば公人ですし。

馬場もフルネームで捜せばすぐに発見できます。



>PKって、辛いものですねぇ。。



グループリーグ1位抜けの強豪を相手に健闘以上でした。試合は微妙にジャッジがヘンテコにも思えて残念でした。2回ほど明らかな逆ジャッジでFKを貰い損ねた。

でも勝ち切るだけの実力が不足していたのも感じました。

最後のPK戦は時の運で、こればかりは、残念だったけど仕方がありませぬ。

スペインを自国と思って応援します。ユーロ2008制覇以来、スペインの大ファンですもんど。

TITLE: なぜか
SECRET: 0
PASS:
お昼が四時前だったので、今、、非常に、、眠い。(笑)



catszooさま、、



>Suzuckさん、お疲れさまです。



って、延長、PKは、、スリリングと言えども、、長かったねぇ。。





>西山瞳、折目正しくてフレンドリーな佳人。繊細な外見に相違して「男らしい」ところもあります。Lyle Maysが好きで、でも景気をつける時はSteve Vaiを大音量で聴くのだとか。



わぁ。そうなんですか。

女エンリコ、なんて、ちょっと的はずれなキャッチでお気の毒だなぁ、って、思ってたことがありました。



>馬場とは、7月末にその大曲Astrolabeを横浜のDolphy。



ほぉ。。。もうすぐですねぇ。



>馬場は、西山近作にも参加してました。大作Astrolabeを馬場と吹き込むのを期待しています。



ほぉ。。

とりあえず、、馬場さんだけどっかで聴いてみたいモンです。



>すぐに判りました。プロミュージシャンは半ば公人ですし。



ね、簡単だったでしょ。

でも、一応、女性だから、マイミクでもない私が言うのはなぁ、って、くらいです。



>グループリーグ1位抜けの強豪を相手に健闘以上でした。



ダーリンが解説してくれるんだけど、私の頭が空っぽで。。



>でも勝ち切るだけの実力が不足していたのも感じました。

>最後のPK戦は時の運で、こればかりは、残念だったけど仕方がありませぬ。



私は、PKになった時点で、みんなの責任だから、外した方は特定できるけど、責任は全員だと感じるので、にっぽんが一歩足らなかったンだなぁ、って、思ったです。

興奮したなぁ。



>スペインを自国と思って応援します。ユーロ2008制覇以来、スペインの大ファンですもんど。



スペインに住んでるカビゴンさまは、、どうなっているだろう。。

んじゃ、コリアのスペインでも弾きながら応援してください。



眠くなんか、、ないぞぉ。

TITLE: ババ
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん



あっしはこの二日間のハーフタイムで体力回復を目指しています。



>とりあえず、、馬場さんだけどっかで聴いてみたいモンです。



試聴は、ひとまず大坂昌彦新譜。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003BNK9E0" target="_blank">http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003BNK9E0

ババ演奏的お勧めは、MilesのBlue in Greenと思います。

機会があったら、ぜひ生演奏も聞いてやって下さい。

わたしが勝手につけたキャッチは「日本が世界に誇る天然ギタリスト」



>興奮したなぁ。



御意。



>んじゃ、コリアのスペインでも弾きながら応援してください。



Austin PeraltaのThe Spainは、拍子を変えてあってなかなかヘンテコ。あれで応援したらパスミスしそうです。

金曜土曜は、また昼夜逆転の日々。

TITLE: かけたら、、あかん。。
SECRET: 0
PASS:
catszooさま、、パパ、、かと思った。



>Suzuckさん



なになに?



>あっしはこの二日間のハーフタイムで体力回復を目指しています。



って、わたしは既にヘロヘロを脱しました。

昨日も1時だったし、起きたの5時前だけど。

って、自慢にならない?





>試聴は、ひとまず大坂昌彦新譜。

ババ演奏的お勧めは、MilesのBlue in Greenと思います。



そうなの?

試聴か。。。。。。。。。。。。



>機会があったら、ぜひ生演奏も聞いてやって下さい。



うん。どうやって機会つくればいいだろうね。

上京できるかなぁ。

大坂さまと新潟に来ないかな。



>わたしが勝手につけたキャッチは「日本が世界に誇る天然ギタリスト」



最近、、天然の方々多いですよねぇ。。。

天然のドラマーと天然のピアニストと最近お近づきになりました。。。ン。。





>>興奮したなぁ。

>御意。



おぉ。姐御になった気分。



>Austin PeraltaのThe Spainは、拍子を変えてあってなかなかヘンテコ。あれで応援したらパスミスしそうです。



誰じゃ、そりゃ、って、検索して、ジャケットみて思い出した。

一時期、話題になりましたよね。



>金曜土曜は、また昼夜逆転の日々。



どこが優勝するかな。

でも、、かけたら、、、あかん。。。

TITLE: コメント有難うございました
SECRET: 0
PASS:
お返事遅くなりすみません。



何だか凄いコメント欄になっていますね。まるで掲示板の様な感じで驚きました。しかも話題が Astrolabe や大阪昌彦さんになっていたりと...私は馬場孝喜さんは大好きなギタリストで参加作品を集めているのです。

今までの参加作品で素晴らしいのは鈴木央紹さんのアルバムで普段の鈴木央紹さんとは全く異なるスタイルのアルバムですが、馬場さんはいい仕事をしています。



ところで、話は変わりますが Chris Potter もツイッターをやっているのはご存知ですか?



私は、直接フォローしているミュージシャンは少ないのですが、リストで多くのジャズミュージシャンを見張っています。



ご参考までに私のリストのアドレスを...



http://twitter.com/funky_alligator/jazz-musician/members" target="_blank">http://twitter.com/funky_alligator/jazz-musician/members



http://twitter.com/funky_alligator/jazz-musician-japan/members" target="_blank">http://twitter.com/funky_alligator/jazz-musician-japan/members



気になるミュージシャンがいたら是非フォローかリストアップを。ちなみに私は大阪に住んでいた事があるので日本のミュージシャンは関西のミュージシャンも多く含まれています。



ちなみにトラバは上手く入っていない様です。ライブドアブログは上手くいかない事が多いようですね。



今更ですがこちらからトラバさせて頂きます。



あ、Seamus Blake については何も言ってませんね。汗。

TITLE: ンわぁ!!!!!
SECRET: 0
PASS:
funky_alligatorさま、、凄い数ですねぇ。



>お返事遅くなりすみません。



いえいえ





>私は馬場孝喜さんは大好きなギタリストで参加作品を集めているのです。



そうですか。

なんか、こちらからの情報発信より、皆さまから情報頂くことが多くて。読みに来て下さる方には、、大変申し訳ない気がしますが、わたしは楽しいでーーす。



>今までの参加作品で素晴らしいのは鈴木央紹さんのアルバムで普段の鈴木央紹さんとは全く異なるスタイルのアルバムですが、馬場さんはいい仕事をしています。



すみません。恐れ多くも、、その鈴木さまを知らなくて。。

とりあえず、馬場さまの露出度高いのがいいのですけど。



>ところで、話は変わりますが Chris Potter もツイッターをやっているのはご存知ですか?



はい。。しっとります。

が、、恥ずかしくて。。(乙女心)



>私は、直接フォローしているミュージシャンは少ないのですが、リストで多くのジャズミュージシャンを見張っています。



これ、、今みた。

すげぇ、、、観察ですねぇ。

見張っているんですね。凄い凄い!!





>気になるミュージシャンがいたら是非フォローかリストアップを。



なんつうか、、なんとなく、恥ずかしい。

そもそも、日本が通じるミュージシャンとは、、凄く、恥ずかしい。

外タレねらってみます。はい。



>ちなみに私は大阪に住んでいた事があるので日本のミュージシャンは関西のミュージシャンも多く含まれています。



そうなんですか。

あれ?今はどこにお住まいでしたっけ。





>ちなみにトラバは上手く入っていない様です。



今日は成功しました。

今日は、ナリーさまのところも成功しました。

調子、、いいです。はい。



>あ、Seamus Blake については何も言ってませんね。汗。



いえいえ。。

とっても、好きで期待してるのわかりますので。

どうも、、ありがとうでした。

TITLE: かいたら、、あかん orz
SECRET: 0
PASS:
どうやらコメント欄を荒らしたと思われているらしいので退散しますわ。

TITLE: あれれ。。
SECRET: 0
PASS:
catszooさま、何を仰ってますのやら。



>どうやらコメント欄を荒らしたと思われているらしいので退散しますわ。



funky_alligatorさまは、全然、そんな風に思ってないと思いますよ。

つうか、わたしはその様なことは一度も思ったことがありません。



ブログにはいろんな形態があります。

情報を発信するだけでいい人もあれば、コミュニュケーションを楽しむ人、、、その人の「欲望、希望」で、いろんな形にしていいのだと思います。

ここはわたしのお部屋です。

わたし自身はとても雑多な人で、いろいろ興味があるけど、自分ですべてフォローしきれません。ネットで調べれはいろんな情報は手に入ります。でも、、個人の実体験からくるお話しを聞くのはとても楽しいのですよ。頭だけの知識にはないおもしろさがあります。

お返事は遅くなるときもありますけど、それは大体時間的な問題だけです。

わたしが退席をのぞんでないのですから。

また、遊びに来て下さいね。



すずっく 拝


TITLE: かいたら、、あかん でもない。
SECRET: 0
PASS:
別に嵐というほどでもないですなー。



鈴木央昭バンドwith馬場のギグは、御茶ノ水NARUで見ました。

ターナー&ローゼンウィンケル路線を狙った気配も垣間見えて、なかなかでした。鈴木は、なかなかイナセな青年です。



馬場さん、2005年のギブソンジャズギターコンテストの際に、初めて会いました。会場の銀座山野の隣の喫茶店にて、コンペの開始前に少し話して「あ、この人、絶対上手い」と感じて、コンペの演奏で、All the Thingsの最初の音が流れ出た瞬間に、その予感が正しかったことが判りました。

そして、他によっぽど有能なギタリストが出ていない限り、競うまでもなく、最優秀に違いないとも。



さて、また今夜から♪

TITLE: し ま っ た、、、
SECRET: 0
PASS:
すずっくさん、今晩は!



ツイッターで誤字脱字が多く気をつけていたのですが、大きな間違いをしてしまいました。



編集が可能であれば私のコメントの大阪昌彦さんをコッソリと大坂昌彦さんと修正お願い致します。大汗。



>恐れ多くも、、その鈴木さまを知らなくて。。



かなりのイケメンです。お顔もサウンドも...



>見張っているんですね。凄い凄い!!



太田朱美さんや織原良次さんはめちゃめちゃ面白いですよ。織原良次さんは昨日始めたばかりなのに爆裂中です。



>外タレねらってみます。はい。



私も直接フォローしているミュージシャンは少ないのですが、なぜか大友良英さんや吉田隆一さんとは相互フォローになっています。特に吉田隆一さんには音楽的なことを色々と教えて頂いています。そして見事にやられてしまいました。



http://togetter.com/li/28558" target="_blank">http://togetter.com/li/28558



直接フォローが恐れ多いのであれば私のリストを監視するのも手ですし、非公開リストを作って監視するという手もあります。





>あれ?今はどこにお住まいでしたっけ。



今は千葉県ですが、仲の良いミュージシャンは関西の方が多いです。GWに行われる高槻ジャズストリートは同窓会みたいで楽しいです。





ではでは。


TITLE: そうなん、そうなん
SECRET: 0
PASS:
catszooさま、、「2」はイランでしょうが。。



>別に嵐というほどでもないですなー。



物わかりが宜しーーですなぁ。



>鈴木央昭バンドwith馬場のギグは、御茶ノ水NARUで見ました。



あぁ!!!そこ知ってるよ。

お茶の水ウニオンの近くでしょう。

いいなぁ。そこでライブ聴いてみたい。



>ターナー&ローゼンウィンケル路線を狙った気配も垣間見えて、



ほぉ。。。。。





>馬場さん、2005年のギブソンジャズギターコンテストの際に、初めて会いました。会場の銀座山野の隣の喫茶店にて、コンペの開始前に少し話して「あ、この人、絶対上手い」と感じて、コンペの演奏で、All the Thingsの最初の音が流れ出た瞬間に、その予感が正しかったことが判りました。



そうなんですか。そういうところに行ったことないし。

わたし、良くわかってないから、きっと、わかんないと思うよ。。

馬場さまは、どうにかしてみたい。

でも、みんなでいいって、、言うのに、聴いてはまらないと困るんだけど。。

そのうち、こっそりCD聴いてみるね。

基本的に、日本人、つうか、、日本語のわかる人のことをブログでとりあえげるのいやなんですよね。

何せ、こんな、、文章なので。(爆)



>そして、他によっぽど有能なギタリストが出ていない限り、競うまでもなく、最優秀に違いないとも。



そうなんですか。



>さて、また今夜から♪



お疲れさまでーーす。(笑)

そう、サッカー好きな友だちから、メール来なくなってます。大丈夫かなぁ。。(爆)

TITLE: ご・め・ん。。。。
SECRET: 0
PASS:
funky_alligatorさま、、このブログ、管理人でも訂正できないんです。

削除はできるケドネェ。。。

お気持ちはわかりますが、ここで、訂正してるのでよしとして下さいませ。



>すずっくさん、今晩は!



はいはい。

つうことで、わたしも誤字脱字の女王なんですけどね。





>編集が可能であれば私のコメントの大阪昌彦さんをコッソリと大坂昌彦さんと修正お願い致します。大汗。



と、言うことで、お許しあれ。





>>恐れ多くも、、その鈴木さまを知らなくて。。

>かなりのイケメンです。お顔もサウンドも...



ほぉ。。。イケメンか。。。

イケメン、、も、、幅、、広いからなぁ。。(爆)

わたしって、、クリポタが好きなんですぜぇ。(見た目も)





>太田朱美さんや織原良次さんはめちゃめちゃ面白いですよ。



そうだねぇ。(爆)



>特に吉田隆一さんには音楽的なことを色々と教えて頂いています。そして見事にやられてしまいました。



http://togetter.com/li/28558" target="_blank">http://togetter.com/li/28558



なんだか、凄いことになってますねぇ。(爆)





>非公開リストを作って監視するという手もあります。



はいはい。



>今GWに行われる高槻ジャズストリートは同窓会みたいで楽しいです。



そうでしたよね。

そっか、千葉なんですか。

最近、千葉のお友だち増えつつあります。



ではでは〜。

TITLE: そうなんですか
SECRET: 0
PASS:
おはようございます。20088EUROのドイツ対スペインを見直し、準決勝戦の予習にも余念がありません。但し、眠いです。



>>御茶ノ水NARU

>いいなぁ。そこでライブ聴いてみたい。



ここで西山&馬場も観ました。ピアノの周囲にカウンターテーブルがあって音響面の特等席。食事も安くてなかなか美味。



>馬場さまは、どうにかしてみたい。

>でも、みんなでいいって、、言うのに、聴いてはまらないと困るんだけど。。



一般に、ネット言辞において、誰が読んでいるか判らないから無難なことしか書かない、という傾向はおよそ退屈です。馬場孝喜に関しては、様々な意見も伺ってみたいですし、ぜひよろしく。



馬場はホントにハードワーカーというか、凄い頻度でギグをこなしているので追いきれませんが、東京と関西がほとんど。



現時点で完全に本領を発揮したCDが出ているとは思いません。

ただし、何が彼の本領なのかというと難しい。

敢えて言ってしまうと、本領が明瞭に見えないところが、ユーティリティの高さになっていながら、現時点でのソロアーティストとしての弱みかもしれません。



>基本的に、日本人、つうか、、日本語のわかる人のことをブログでとりあえげるのいやなんですよね。



自分自身は、どうでも構わない対象のことに関してはなるべく何も言わない。気になる対象については「面と向かって当人に言っても恥じないことしか言わない」で、相手がKrantzでも同じです。



織原良次は、馬場が自己のトリオで横浜Motion Blueにてギグを行なった際のベースでした。

ジャコ命の好青年で、ギグ後、メチャ盛り上がって話しました。内容は、ジャコトリビア話題で、他の人はわけわかめ・・・



そういれば、Seamus Blakeは一体何処に遭難。

TITLE: 勝つぞぉ。。。
SECRET: 0
PASS:
catszoo2010さま。。

もしかして、勝つぞ、って、ことで、catszooなん?



>準決勝戦の予習にも余念がありません。



ほぉ。。おおかたの予測を覆して、、勝つといいね。すまん、正直で。



>ピアノの周囲にカウンターテーブルがあって音響面の特等席。食事も安くてなかなか美味。



なんつうか、、、そこ、落ち着いてますよねぇ。

本当に、こういうところで、ブログとか考えずに、ジャズのライブ聴いて、お酒呑んで、ほろ酔い加減で帰宅、なんて、やってみたい。〆はラーーメンか、讃岐うどんで。



>誰が読んでいるか判らないから無難なことしか書かない、という傾向はおよそ退屈です。



つうか、わたしは無難な事、つうか、基本的に自分が好きでないと書かないかなぁ。

だって、好きでないものにわたしみたいな意味不明のヤツが勢力費やして戯言書いても、仕方ないと、割り切ってます。

説得力ないモン。気に入ったときは、結構、燃えるんで説得力はなくても、なんか、伝わるみたいだっもン。



>馬場孝喜



馬場さま、、、新潟出身とかだったりして。





>東京と関西がほとんど。



いつか、なまで。



>本領が明瞭に見えないところが、ユーティリティの高さになっていながら、現時点でのソロアーティストとしての弱みかも



大器と言うことですね。





>どうでも構わない対象のことに関してはなるべく何も言わない。気になる対象については「面と向かって当人に言っても恥じないことしか言わない」で、相手がKrantzでも同じです。



まぁ、、似たようなモンですが、わたしの場合そこに乙女心が入ります。(爆)





>ジャコトリビア話題で、他の人はわけわかめ...



わたしも、広く浅くなので、そういう話には全然ついて行けません。

でも、人がそういう話してルの、わきで聞いてるのは好き。



>そういれば、Seamus Blakeは一体何処に遭難。



ン?

なんじゃ、なんじゃ?

TITLE: ねこです
SECRET: 0
PASS:
>もしかして、勝つぞ、って、ことで、catszooなん?



ではなくて、先代猫の名前からなのです。



>ほぉ。。おおかたの予測を覆して、、勝つといいね。すまん、正直で。



スペインの真価が問われるのはこれからです。



>〆はラーーメンか、讃岐うどんで。



ライブや新譜をブログ記事を考えつつ聴くのもまた楽しい事でありましょう。

しかし、あっしには無理難題であり、かろうじて曲名を備忘録的にコースターの裏にメモる程度です。自分は、音楽脳と思考脳が同時に作動しない。

音楽が鳴っている音にはそのまま共振して終わり。ただし、共振できない場合も多々あります。そんな時は、全く関係ない事を考えていたりします。



>つうか、わたしは無難な事、つうか、基本的に自分が好きでないと書かないかなぁ。



基本はそれで良いと思うのですが、共振しなかった場合、例えばジョン・メイヤーになぜ自分が共振しなかったのかを書く事に躊躇はありません。

残念ながら、多くのネット言辞は、それを意識的か無意識にか回避している。「人それぞれ」なのも事実だけれど、だからこそ、夫々の忌憚の無い意見を表明できるのがネットの利点なのに。まあ、不見識な意見が氾濫して、それに食傷した状態が現状で、各自が蛸壺化しているとも思います。



そもそも昔は、もっと客の目が厳しかった・・・筈。



>馬場さま、、、新潟出身とかだったりして。



馬場は大阪人です。阪大に入ってジャズをやるため途中で辞めた。天然系ながら自覚的にプロのジャズマンになりました。本質的に凄く頭の良い人と思います。



>大器と言うことですね。



「期待の若手」「大器晩成」歴を何十年も続ける惧れもありますが、大化けを期待しています。



>まぁ、、似たようなモンですが、わたしの場合そこに乙女心が入ります。(爆)



対抗して、少年心で・・・うげー、我ながら気色悪いオヤジ。

TITLE: 次は、、猿かなあ。。
SECRET: 0
PASS:
catszoo2010さま、、は、、猫ですかぁ。

実は、ここには、犬もいるの。次は、、猿、、かなぁ。





>ではなくて、先代猫の名前からなのです。



はいはい。



>スペインの真価が問われるのはこれからです。



決戦の時だねぇ。



>ライブや新譜をブログ記事を考えつつ聴くのもまた楽しい事でありましょう。



そん時は、わたしもそんなことは思ってないのだ。

すげぇ、テンション上がるから、そんな考えたくても無理。

わたしも一度、曲を携帯にメモったことがあったんだけど。。

だめ、気が散って。

問題は、そのあと、お酒が沢山はいると、、ごちゃごちゃになるんですよね。。





>基本はそれで良いと思うのですが、共振しなかった場合、例えばジョン・メイヤーになぜ自分が共振しなかったのかを書く事に躊躇はありません。



うーーん、、たぶん、、書かないなぁ。

共振しなかったライブも無いことはないんだけど、、、、、。



>夫々の忌憚の無い意見を表明できるのがネットの利点なのに。まあ、不見識な意見が氾濫して、それに食傷した状態が現状で、各自が蛸壺化しているとも思います。



凄く、、わかるんだけど、、、

ネットって、自分は文章下手なせいもあって、本意が伝わりにくいんですよ。

応援してるつもりで、、忌憚のない意見を書いても、そう思わない人も多いから。



>そもそも昔は、もっと客の目が厳しかった・・・筈。



そう?



>本質的に凄く頭の良い人と思います。



>大化けを期待しています。



はいはい。



>対抗して、少年心で・・・うげー、我ながら気色悪いオヤジ。



それって、そのまま自分に返しておきます。

TITLE: TBありがとうございます
SECRET: 0
PASS:
遅くなってすみません。いろいろ忙しくて。最近、ブログを更新することはもちろん、PCの前に座ることすら時間がなくて、、。



それにしてもコメント数59って、凄いですね。なんだかコメントを読んでも全然知らない世界のことのようで、理解できませんです。


TITLE: クリスさま。。
SECRET: 0
PASS:
crissさま、、おはようございます。



>遅くなってすみません。いろいろ忙しくて。最近、ブログを更新することはもちろん、PCの前に座ることすら時間がなくて、、。



いえいえ、お子様もまだまだ小さいですし、ご職業のことを考えると、ブログを維持されてることは凄いと思ってます。

趣味のことって、ストレス解消ににもなりますよね。更新、、楽しみにしてます。



>それにしてもコメント数59って、凄いですね。なんだかコメントを読んでも全然知らない世界のことのようで、理解できませんです。



はい。

おかげさまで、60を超しましたね。

私、前世は掲示板村で育ったので、コメント返してると、、望郷の思いがひしひしこみ上げます。(笑)

大切にしていたトピックスを自分で消しちゃったんで、、二度と戻ることはないけれど。。。



ここもいつかは離れちがう世界に行くかもしれませんが、、、それまでトボトボやっていきます。



私も、、お金の計算に疲れたので、ゼペッテラのジョビン集をきいてました。ちょっと毒のあるダニロリラが夏バテにいい感じです。

ありがとうございました。


りじちょうお久しぶりです。この2-3日風邪引いて寝込んでました。シーマスブレイクのバンド、先週横浜で聴きました。キコスキとドラムのなんちゃらの独壇場でしたよ。ところでりじちょうの別の日の記事で、八木ブラザーズ欠席残念がってくれてる人を見つけまして、申し訳なくてカキコミできませんでした。冬には必ず。

にしょ~さま、、こんにちは。

>りじちょうお久しぶりです。この2-3日風邪引いて寝込んでました。

え、そうなん?本当に、体弱いんだから。。
気をつけてくださいね。

>シーマスブレイクのバンド、先週横浜で聴きました。キコスキとドラムのなんちゃらの独壇場でしたよ。

そうなんですよ。
このバンドは、個人的にはドラマーと一緒にお出かけして、ドラマーの感想聞きたいライブだと思ってました。って、いろんなことが、あちこちであったようで、ジャズ友の日記を読んでいると面白かったです。。あの日記をにしょ~さまに読ませたいなぁ。。

>ところでりじちょうの別の日の記事で、八木ブラザーズ欠席残念がってくれてる人を見つけまして、申し訳なくてカキコミできませんでした。冬には必ず。

うん。だこださまです。
大変ありがたいことですよね。
冬かぁ。。。これが、わたくしが。。。どうなることか。。
つうか、その前に夏をどうにかしないと。。
その週は、、凄く大事な予定があるんです。。

って、また、遊んでくださいね。
今度は、コブ付きかも。(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Live at Smalls / Seamus Blake Quintet:

« You Can't Go Home Again/Chet Baker | トップページ | 雨と曇りのあいまに。。。 »

無料ブログはココログ