2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« すずっく危機一髪...orz.... | トップページ | ☆Christmas Time Is Here/Vince Guaraldi☆ »

2007年12月13日 (木)

☆The Christmas Song/ Mel Torme☆

う~ん、ジャズ批評11月号の特集は「私のこだわりジャズ PART1」でした。
そこでの私のお題は
「クリスマスの魔法にかかかるための12章
 ~ 読んでいるうちにあなたもジャズのクリスマスアルバムの虜にぃ… ~」
って、ふざけたものです。なんせ、根がふにゃふにゃなもので。。
ま、一人でも多くのジャズクリスマスアルバム仲間を増やそう!
なんて、崇高な使命に満ちたもんでは無く、、、
ようは、いかに労力すくなく、人に自慢ができるかぁ、って、ことを切々とかたってまっす。(嘘)
その中で第3章は、「歌うカドに福きたるぅ…。」と、小見出しつけて、自分が好きなクリスマスソングについてしゃべくってます。
本当は、これだけでも、指定されてる字数をこえちゃうのですが、、ここは、グッと我慢して3曲にしぼりましたぁ。
「The Christmas Song/ Mel Torme」
「Christmas Time Is Here/Vince Guaraldi」
「The Christmas Waltz/ Jule Styne」
もちろん、この他にたっくさ~~~~~~ん、好きな曲がありますが、丁度良いのでThe Christmasなんぞで、、少し、茶を濁しまっす。



The Christmas Song/ Mel Torme」メルトーメが真夏に作曲した美しいバラード。なめらかで優しいメロディから、サックスの名演が多い!デックス、ジーンアモンズ、ジョーヘン、グロスマン、ハリーアレン…クリスマスには、男は黙ってこの曲を吹くのだぁ!『My Second Prime』のSteve Grossman…。ゆったりとした歌心と男性的な包容力を感じる演奏。各個性を聴き比べられる曲。

てな、、感じ。
実は、クリスマスアルバムで一番多いのはヴォーカルでしょう。。
がぁ、ヴォーカルはやっぱ、、楽器以上にどうしても、聴けない、ってアルバムができちゃうので(生理的な体質の問題)私の頭の中にはほとんどヴォーカルが入っていませんが、、The Christmas Songって、言えば、作曲者メルトーメ!ではなく。。。
やっぱ、こちいが有名。
The Christmas Song/Nat King Cole
まぁ、大定番です。cdでは、1946、1961年の二つのヴァージョンにプラスして、な・・なぁ~~んっと、娘ナタリーさまとのデュオがあります。おとうさま譲りその伸びやかでしなやかな歌は、パパと娘の暖かなデュオとなっておるのです。
一枚で、3ヴァージョン!The Christmas Song好きにはたまらんです。
そう、メルトーメはわりとお歳をめしてから自分のクリスマスアルバムでこの曲を歌っております。もちろん、素敵☆。
でも、私的お勧めは、「Christmas Song Book/Helen Merrill」
だって、ゲストでメルトーメが参加してて、ニューヨークのため息とデュオしてるんだもん。ま、こちらは、18禁ヴァージョンとなっておりまあす。
最近の女性ボーカルでは、「Christmas Songs/Diana Krall」かなぁ。


と、終わらなくなるので、次へ。実は、トップのコンピの中に一枚のアルバムにサックス3ヴァージョンのThe Christmas Songがあるアルバムがあります。それが、これね。
The Christmas Collection
Prestigeのクリスマスコンピです。ま、古い。一番新しい録音で、1970年です。新録を集めたのでなく、それまでにでたPrestigeのアルバムからクリスマスソングをかき集めたものです。
が、、これが、結構貴重。なぜなら、Prestigeには、ドンパターソンとボビーティモンズという二大スターが作った、クリスマスアルバム「Holiday Soul」と言う名盤があるのですが、これはcdになってないのです。が、このコンピはcdになってますから、二曲づつではありますが、二人のクリスマスソングがきけるのです。
その上、The Christmas Songマニア必聴、 Dexter Gordon、Eddie "Lockjaw" Davis、Gene Ammonsのテナーサックスによる3ヴァージョンが聴けるのです。
そう、三者三様の「男らしさ」をみせてくれまあす。やっぱ、デックスが好きかな。
兎に角、恐れをしらずにゆったりとした「間」がとれる男じゃなくちゃ、いけないである。そういう意味で、やっぱ、好きなのはPalo Altoのクリスマスコンピ「Mistletoe Magic」で、Mal Waldron Quartetで吹いてるJoe Hendersonのヴァージョンも凄く良いとおもうなぁ。そう、同じレーベルの「More Mistletoe Magic」では、Chico Freemanが、ピアノデュオで演奏してる。これが、意外な程まともに王道で吹いていて、ちょいと痺れる。ホント、サックスに関しては、まだまだ沢山あって、きりが無い。
で、私的極めつけは、やはり、b>「My Second Prime/Steve Grossman」八木ブラザーズもお勧めって、ことのようだし。男は黙ってThe Christmas Songの典型作でござる。
そう、もしも、コルトレーンがこの曲を吹くのなら、、個人的にはコートにすみれをの頃のコルトレーンがいいなぁ。。

そう、、この曲のポイントは大らかさなのです。
懐が深くて、抒情豊かな人にぴったりぃ。
そうそう、他にもJustin Time for ChristmasのKenny Wheelerや、Jazz for JoyのShirley Hornなど、、クリスマスコンピで良い演奏はいっぱいあるのです。
と、、まぁ、今日は時間もなくなり、、ここで退散♪


« すずっく危機一髪...orz.... | トップページ | ☆Christmas Time Is Here/Vince Guaraldi☆ »

A Merry Jazzmas」カテゴリの記事

コメント

TITLE: 通ですね~
SECRET: 0
PASS:
初めてコメントさせて頂きます。

こちらのブログは、ジャズイン新潟経由で以前から何度か見せていただいてました。

自称テナー好きなりに聴いてはいるんですが、こちらの通なレベルは半端じゃないですね。

この記事のキーワードを頼りにアマゾンで検索してみたりして楽しんでします。海外から取り寄せるとすると今年のクリスマスには間に合わないかなー。

ジョーヘンが聴いてみたくてうずうずしてますが、高値になってますね~。

iTunesミュージックストアでも検索してみますね。

TITLE: 通、って、いうか、、なんつうか。。(^_^);;
SECRET: 0
PASS:
タクオさん、初コメントありがとうございます。



>こちらのブログは、ジャズイン新潟経由で以前から何度か見せていただいてました。



つうか。。私達、相互リンクしてるのではありませんかぁ・・・。



>自称テナー好きなりに聴いてはいるんですが、こちらの通なレベルは半端じゃないですね。



そんな事ありません。。

私は、ただの集めてるだけだもん。。

ホント、いつまでたっても、レベルの向上は、、無い(きっぱり)



>ジョーヘンが聴いてみたくてうずうずしてますが、高値になってますね~。

iTunesミュージックストアでも検索してみますね。



う~ん、アマゾンは時々変な値段ついてますよね。

そのコンピは、LPでもあります。お貸ししましょうか?

え、マイミク特権ですわぁ。

そう、私、八木ブラザーズのファンクラブ理事長に就任しようかと。。(爆)

タクオさん、常任理事になりません?

TITLE: わぁ
SECRET: 0
PASS:
Christmas Time Is Here/Vince Guaraldi

これ、大~好きなんです!

「ザ・ロイヤル・テネンバウムス」という映画の中で使われているのを聴いて、一耳惚れでした(*´∀`*)



そういえば、「Charlie Brown Christmas: 40th Anniversary」

などという3枚組のCDがリリースされてたんですねぇ。

すずっくさんのブログに書き込んだ後、

クリスマスアルバムを物色してて見つけたんだけど。

むーん 聴きたい。。。欲しい。。。

でも、今月いろいろ買い物しちゃったからなぁ。。(´・ω・`)

TITLE: 一耳惚れですかぁ。
SECRET: 0
PASS:
nontanさん、素敵なお耳の持ち主ね。



>Christmas Time Is Here/Vince Guaraldi

>これ、大~好きなんです!

>「ザ・ロイヤル・テネンバウムス」という映画の中で使われているのを聴いて、一耳惚れでした(*´∀`*)

す・・すまんです。

その映画は全然わかんないです。

なんか、映画館、、最近いってないなぁ。。



>そういえば、「Charlie Brown Christmas: 40th Anniversary」

>などという3枚組のCDがリリースされてたんですねぇ。

三枚組?

うむ、、一度、サイラスチェスナットってピアノが同じ曲で再現してるんですね。

どんなんなってるのかぁ。

でも、これにかんしては私は三枚組cdより、、

LPが欲しいのです。中古でさがしてます。

実物みたことないの。レアではないんだけど、、地方では、なかなかね。





>むーん 聴きたい。。。欲しい。。。

>でも、今月いろいろ買い物しちゃったからなぁ。。(´・ω・`)

ま、来年、お年玉もらってからぁ!

って、どう?(爆)

では、今日は「Christmas Time Is Here」です。。

TITLE: お。Grossmanだ。
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん



こんにちは。いよいよ、Suzuckさんのメインイベントの「クリスマス」が迫ってきましたね(笑)。

「MY SECOND PRIME」のCHRISTMAS SONG、大好きです。Grossmanのアルバムでは、「MY SECOND PRIME」と「LIVE AT CAFE PRAGA」の2枚がMy Favorite。この2枚は、同じメンバー&同じ頃のライブですが、Fred Henkeのピアノもとても好きです。「LIVE AT CAFE PRAGA」の中では、When I Fall In Loveがたまらなくいい。感涙ものです。この演奏(音色)を初めて聴いた瞬間に、Grossmanが大好きになりました。

TITLE: そ・それがね。。
SECRET: 0
PASS:
ヨシカワさん、、シーズンインしましたぁ。



>こんにちは。いよいよ、Suzuckさんのメインイベントの「クリスマス」が迫ってきましたね(笑)。



うん、でも、今年はちょっと、、危機一髪な、、感じ。こういう年もあるよねぇ。。



>「MY SECOND PRIME」のCHRISTMAS SONG、大好きです。Grossmanのアルバムでは、「MY SECOND PRIME」と「LIVE AT CAFE PRAGA」の2枚がMy Favorite。



うむ、、My Favoriteなアルバムですかぁぁ。。

コルトレーンの化身のような言われ方で登場して、、、

80年代以降、演奏のスタイルは変身したけど、、

根本的な中味は変わってないような。。気がしますよねぇ。。

My Second Primeの他ってことですとね。。

Love Is the Thing、Katonah、Time to Smile、、

あ、オーヴァーザレインボーとインプレッションでIn New Yorkもいいな。



それと全然別な感じで、バラード好きなので、70年代ファンには結構厳しい評価のペトルチアーニとの共演作も大好き。寒くなると聴きたくなるのねぇ。。



音、音色、トーン。。。そう、、グロスマンっていいよねぇ。。

無限の包容力を感じちゃうわ。テーマ フォー アニー聴きたくなりましたぁ。

我慢できないぞぉ。 と、、かけちゃった。

でも、、センチメンタルムードは、ジャズパーのクリポタが良いな。



あぁ、今日もクリスマスの更新は無しですぅ。

でも、素敵なことがいっぱいあったから、、ま、いいかなぁ。。



幸せって、何かしら。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆The Christmas Song/ Mel Torme☆:

« すずっく危機一髪...orz.... | トップページ | ☆Christmas Time Is Here/Vince Guaraldi☆ »

無料ブログはココログ