2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« Under Rousseau's Moon Live at Blue Note / Gil Goldstein | トップページ | 十月はたそがれの国 »

2007年9月29日 (土)

女心と秋のソロ♪

はじめに謝ってしまうわ。タイトル、ただのゴロあわせ。M(__)M
女心と秋の空…、変わりやすい?って、事??、、
この場合きっと、恋心みたいなもんなんだろうけど…ねぇ。
どうなんでしょねぇ。。私にが関係ないから、また、月の話ね。

お月様の話をしてたら、メールが来た。(今度はコメントちょぉ~~だい)
「月光浴」と言う石川賢治さんというカメラマンの方が月の光だけでとった風景、植物などの写真集があるのだそうです。ちょっと、興味もって眺めてました。

EGEAレーベルに「Moon」ってこの写真のイメージにぴったりなアルバムジャケがあったなぁ、、って、思いだした。
ジョンテイラーのピアノとケニーホイラーでしたねぇ。
サウンド的にもぴったりかもね。
イタリアのクラリネット、ミラバッシもいますね。まぁ、でも基本はデュオ。
満月に語り合うようなフリューゲルホーンと、ピアノの音色がなんとも月夜向け。
今宵一人でいかが?
まだまだ、お月様、、満ちていますわよ。

でも、私は朝1はパットメセニーのオフランプでした。
先日の休みに久しぶりにパットメセニーの録画ものみて、一緒にジャンプしたから♪
今、メルドーとライブに来てるんですよね。
ま、いいのだ、いけなくたって、、悲しくなんかないっすよぉ~~だ!
そして、次が「Things/Paolo Fresu & Uri Caine」でした。やっぱ、高い空におにあいだったから。(moguちゃん、貴女とのデートにかけていたのはこれぇ)

そう、この2週間、つうか、一週間強?くらい、、わりと地元を徘徊。
行きたいライブにはいけなかったけど、かわりにかっこいいギター生で聴いた。
いろいろ書きたいこともありますが、とりあえず、バジルソースは冷凍されました!
と、お伝えください。すみません、一週間近くお礼も満足にしないで。
あ、でも、毛糸は、、どうしようかぁなぁ。。
アルバムの事も、「あのジャンスカ」が似合う季節にキチンと♪
私、、同じポーズのお写真とってみますか……。
?え?顔は無いけど。
ホント、キチンとお礼のメールもさし上げないですみません。
なんだか、ばたばた、気ばかり焦る毎日でした。(少し解放かな?)
おまけに最後の大ハランで、、データーがぶっ壊れた。。(T_T)
眠いっす。。



今、こんなアルバム聴いていましたぁ。

Song For Anyone/Chris Potter 10
この十月にホウランドと来日するクリポタ。
今のところ、向かうところに敵無し、絶好調。
昔は、なんか、垢抜けないときもあった「気」がするけど…。
うん、男前に成長したね。
いけいけ、うねうねのサックスはライブ盤のファンが多い。
私ももちろん好きなんだけど、この人自身のアレンジがばっちり効いてるアルバムも結構好き。
トラヴェリング・マーシーズが大好きで、今でも時々聴くんだけど、このストリングス入りのアルバムも私的に高得点。これね、ピアノレスでーす。ベース、スコットコリーだーし。なにより、クリポタがすげぇーー良い。
もうちょっと、堪能したら記事にすかも。どっかなぁ。わかんないぁ。
あ、でも、今日はこの後はトラヴェリング・マーシーズかけちゃおう。
青空、秋空、旅心にはトラヴェリング・マーシーズだな。

では、皆さま良い週末を♪

何方か、ぐー・ブログの情報くださ~~い!




« Under Rousseau's Moon Live at Blue Note / Gil Goldstein | トップページ | 十月はたそがれの国 »

超~私的戯言、じゃれ事(それでも、JAZZ)」カテゴリの記事

コメント

TITLE: かわりに見てきたよ。
SECRET: 0
PASS:
ごぶさたしています。ブッチ妻のほうです(笑)



パットメセニーの揺れるもさもさヘアーをNHKホールの3階から見てきました。前半はデュオの演奏が気持ちよくておまけに抗不安剤が効いて、うつらうつらしながらきいてました。終わり頃の曲になると、もう現代音楽な感じで、ブラッドメルダゥも電子楽器にしたら面白いのにと思いました。



平日じゃなければもっと楽しめたのですけどねぇ。

TITLE: Re:女心と秋のソロ♪(09/29)
SECRET: 0
PASS:
タイトルはコメントなくてもピンときます。

女心とアキのソロも十分に分かります!










TITLE: やっぱ、行ったのね。
SECRET: 0
PASS:
もーもーたんさん、、

いいなぁ、マイミクね、そのライブとハーシュのライブで、盛り上がってるんだもん。

って、羨ましがってばかりの私。。くっそ~♪



>ごぶさたしています。ブッチ妻のほうです(笑)

こちらこそ、御無沙汰しております。

急に寒くなりましたね。長袖、、まだ、、着てない、、私。



>パットメセニーの揺れるもさもさヘアーをNHKホールの3階から見てきました。前半はデュオの演奏が気持ちよくておまけに抗不安剤が効いて、うつらうつらしながらきいてました。終わり頃の曲になると、もう現代音楽な感じで、ブラッドメルダゥも電子楽器にしたら面白いのにと思いました。



そうかぁ。。

このデュオ、生で聴くとどんな感じなんだろう、ってずっと思ってました。

メルドーのアルバムが聴きたくなってきた。

一日の終わりにを聴こうかな。

今日は、デュオを聴きながら、いろいろしてました。

明日から、十月。黄昏れてラプソディーっす。(意味不明)

ご報告、ありがとう。。すげぇ、、羨ましいです。

TITLE: 分かってくださいましたかぁ。
SECRET: 0
PASS:
key-sanさん 、、

>タイトルはコメントなくてもピンときます。

>女心とアキのソロも十分に分かります!

わぁ、そうでうですか?

気分は、ハーシュの 弾くSo in Loveだな。



今日はね、エラク、寒いよね。

最近、家に居るとき、熱さまシートが離せないんだけど、、

今日は、貼る瞬間、ちょっと、びびった…ぁ。

TITLE: 田中!なぜいない?
SECRET: 0
PASS:
十数年来の友人で、Pat Methenyを親しげに「ぱっと、ぱっと」呼ぶ田中君、今回は誘ってくれなかったけどどうしているのだろう?というのがタイトルの由来でして。



ちょっとおかしな書き方ですが、二人でNHKホールを出て家に帰って、そして布団にもぐりこむ前、Metheny&Mehldauの‘Quartet’をかけてみた。

そしたらなぜだか、今まで入れなかった領域に入って行かれたのか、9曲目が終わったらすぐにもう一度聴きなおす。う~ん、そういうわけだったのか。。。

と、どういうわけなのかもわからなかったのですが、隣で聴いていなさそうで聴いていた妻もまた、「これの良さがやっとわかった気がする」と。

こりゃなんだろう?

予習したときはわからなかったゾ。

ぼくにはPat君が若きBrad青年を組み伏せて、かつて油井正一のお怒りを買ったMiles Davisのように帝王化しつつあるのか、と疑う瞬間があったように思えたのですが、どうもそういう単純なことではないらしい。実はわが相方の嗅覚はそうとうに野性的で、ご説ごもっとも、拙者も何かがわかったような気がする・・・

TITLE: Suzuckさんは、すずっくさん?
SECRET: 0
PASS:
彼女の評によれば・・Blog名の方がイメージとのこと?と言うことで本名ではお呼びしないことに・・

半年振りの邂逅=初ビール、至福の3Hでした。

毛糸は“情念編み”を愛しい方に・・が順当(笑)

誘いの「10月:誕生日会」Suzuckさん参加とあらば我が店自慢の“餃子”を員数分差し入れします。

隔週末ペースでのおじゃま虫・・See You Again・・

TITLE: 田中さまぁ~~♪
SECRET: 0
PASS:
田中さま、、、

もしも、ご覧になられていたらお返事ください。(爆)



bucciさん、こんにちは。いいな、ご夫婦でジャズ好きで。



>十数年来の友人で、Pat Methenyを親しげに「ぱっと、ぱっと」呼ぶ田中君、今回は誘ってくれなかったけどどうしているのだろう?というのがタイトルの由来でして。



ええと、すずっくも、普段は呼び捨てで「パット」でーす。



>今まで入れなかった領域に入って行かれたのか、9曲目が終わったらすぐにもう一度聴きなおす。う~ん、そういうわけだったのか。。。

と、どういうわけなのかもわからなかったのですが、隣で聴いていなさそうで聴いていた妻もまた、「これの良さがやっとわかった気がする」と。

こりゃなんだろう?

予習したときはわからなかったゾ。



あ、、すずっくはあ、生聴いてないからなぁ。



>ぼくにはPat君が若きBrad青年を組み伏せて、かつて油井正一のお怒りを買ったMiles Davisのように帝王化しつつあるのか、と疑う瞬間があったように思えたのですが、どうもそういう単純なことではないらしい。実はわが相方の嗅覚はそうとうに野性的で、ご説ごもっとも、拙者も何かがわかったような気がする・・・



う~~ん、すずっくは、サウンド的にパットメセニー色強いとはおもったけど、どっちかがどっちかに同化してる、あるいは同化しようとしてる、って思わなかったです。

パットメセニーは時に辛辣なんだけど、相手の「あいでんてぃてぃ」を尊重する人かな、って思ってるんで。

ふたりのサウンドには、二つの世界が存在してて、それが凄いなぁ、っておもったんだけど。



まぁ。音楽の専門的な知識が全然無いので、うまく、いえないんだけどね。

きっと、ご夫婦と似たような感覚なんでしょうねぇ。

で、ギターの練習してますかぁ?


TITLE: Suzuckはねぇ、、正式には、、
SECRET: 0
PASS:
F.Vさん、、内緒でおしえてあげるぅ。



日本語では、「すずっく」と申します。

英語のときは、「スズック」です。(爆)



>彼女の評によれば・・Blog名の方がイメージとのこと?と言うことで本名ではお呼びしないことに・・



え!!だけど、あんなに地元人だらけのところで、、

どう見て普通のおばさんを「すずっく」とか、、大声で呼んだら、みんな不思議がるじゃ~~ん。

何?って興味もたれると、、こましまっすが、、

あそこ、、ジャズ好き居なそうだから、、大丈夫かな?

本名、ありきたりなんですが、「韻」を踏んでて?好きなんですよ。



考えたら、カウンターで殿方と「ふたり」でお話、って、結婚してからは無いきがする!

うん、カウンターはない、しかも、ぴったり寄り添ってましたしね。。

ま、単に、、混んでたんだけどぉ。(笑)

ま、カウンター越しに、美人のねぇさんがいるけどぉ。(ここが重要)

殿方とね、テーブル囲んだ宴、てのは、時々あるけど。(基本はお仕事)

しかも、それなりにジャズの話だもん。。

私も至福の時間でございました。

でも、無知ですみませんねぇ。。(恥)

が、最後に飲んだ美酒、アレは、、効きましたね…。



誕生会は、きっと、行かないですわ。(行けないかな?)

やっぱ、「常連さんと姫」の大切な時間だもん。

でも、年末までにクリスマスツリーもってでかけまーーす。

F.V.さまには、お逢いできそうにないけど。(残念)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女心と秋のソロ♪:

« Under Rousseau's Moon Live at Blue Note / Gil Goldstein | トップページ | 十月はたそがれの国 »

無料ブログはココログ