2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« Hands / Kasper Villaume | トップページ | Here's to Life/ Shirley Horn with Strings »

2006年3月 9日 (木)

音楽にもの想う。

この世に生きて、死ぬ。
そのわずかな「間」が人生です。
動物として生きるのに、音楽はいらないとおもいます。
音楽を聴いてもお腹はいっぱいにならない、栄養にならないですから。

でも、みなさん?音楽聴きますよね。
「人間」として生きていくとき、
人によっては、音楽はとても必要なものになります。
俗な言い方かもしれないけど、心の栄養とでもいうのでしょうか。。。
いろいろな言い方あるとおもいますが、、
本当に、なんで、音楽、、聴くのかしら?
理由は人それぞれでしょうね、、
でも、すごく、人のピュアな部分と直結してることは事実。

音楽は商売になります。
音楽でお金をもうけることは、もちろん悪いことではありません。
ミュージシャンはもちろん、いろいろな人が音楽にたずさわって、、
で、お金を得ます。
でも、いろんな人がそれぞれ心の中で大事にしている
「音楽」というものに「たずさわって」お仕事するなら、、
その素晴らしい「音楽」というものでお仕事していくなら、、、
自然と謙虚な気持ちをいだくのが普通だとおもうのですが。。。

と、今日は本当の戯言でした。

今、クリスさんのブログでジャズ構造改革という後藤雅洋、中山康樹、村井康司の三氏による鼎談集が話題になってます。
私はこの本を読んでないので、なんともいえませんが、内容がブログにかかれてるようなことなら、、買ったら相手の思う壺です。
買わずに読む手段を考えましょう。(大爆笑)
そして、読んだら、正直に感想を書くとよいかもしれません。
図書館で読むか、立ち読みしてね!って付け加えて。なんちゃって。


今日、こんなアルバム聴いていましたぁ。

Here's to Life/ Shirley Horn

去年亡くなってしまったシャーリーホーンのアルバムです。
タイトル曲の邦題は、人生に乾杯、人生の山も谷もしりつくした彼女のHere's to Lifeを聴くとき、一度で良いからこんな風につぶやいてみたいとおもうのです。



« Hands / Kasper Villaume | トップページ | Here's to Life/ Shirley Horn with Strings »

超~私的戯言、じゃれ事(それでも、JAZZ)」カテゴリの記事

コメント

TITLE: 私も立ち読み!
SECRET: 0
PASS:
仰る通りです。

買ったら彼らの懐を暖かくするだけなので、私も立ち読みしました。

私の感想については、うちのブログからリンク張らせていただいているあかぎ小次郎さんのサイトの掲示板に書かせていただきました。

VENTO AZULさんも本書の内容にはずいぶんお怒りのようなのですが、私は怒ると言うより、自称「ジャズ評論のプロ」の妙な焦りを感じてちょっとおかしかったです。

どちらにせよ、高い金払って買うような内容ではありませんでした。

ホントの話、本書を買うのなら1枚お気に入りのアーティストのCDを買う方が人生にとって幸せだと思います。

そう思わせてる時点で著者3人は負けですね。

失礼します。

TITLE: 確かに・・・
SECRET: 0
PASS:
3人の思う壺かもしれません。

私たちを批判しておいて、それで彼らにお金ががっぽり入るんですからね。

でも私は買いますよ。ってかすでに数日前に注文済なのですが。

CDでもなんでもそうですが、買わないものに対してあれこれ言うのはアンフェアだと思うのです。

自分でお金を出して買っているからこそ何でも言える権利が発生するのじゃないかなぁ。

と、すみません。

あくまでも私個人の意見です。

TITLE: 音楽とは
SECRET: 0
PASS:
食べ物と同じだと思います。

たまに食欲がなくなるときがあるのと同じように、たまには聴きたくなくなるのです。

でも、ないと生きて行けない・・・ものなのです。

人工的なものもあれば、天然なものもありますね。

それに、好き嫌いもあるし・・・。

いずれにせよ、体が欲しがるのです。(という人は世間では稀少なのかもしれませんが。)



「謙虚」ですか・・・。反省してます。ハイ!

でも、仕事じゃない(=地下活動)だからなァ・・・。

TITLE: 音楽って
SECRET: 0
PASS:
自分の場合、美味しいものを食べたとか美しい景色を見たのと同じように、音楽を通して、ささやかかもしれないけど素敵な体験が出来るから聴いているかな~。なによりも jazz という音楽が醸し出す空間が好きだし、一緒に流れていく時間が好きだし、そしてそこに携わっている人々が好きだから・・・結構単純な理由ですね。



blog というメディアを知って、なによりもうれしかったのは、自分と同じように純粋に音楽や jazz が大好きでたまらない人達が考えていること、お気に入りの曲やアーティストを知ることができたことです。



(ちょっと酔っ払っています。おかしな文章ですみません)

TITLE: う~~ん、
SECRET: 0
PASS:
オラシオさん

立ち読みにしても、借りるにしても、読まなくちゃね。(^_^);



>買ったら彼らの懐を暖かくするだけなので、私も立ち読みしました。

あかぎさんの日記読んできました。

あの内容が本当なら、ますます、お金ださずに読んでみたいとおもいます。(きっぱり)



>VENTO AZULさんも本書の内容にはずいぶんお怒りのようなのですが、私は怒ると言うより、自称「ジャズ評論のプロ」の妙な焦りを感じてちょっとおかしかったです。



オラシオさんのコメントも読んできましたよ。

わたしね、たぶん、彼らはVENTO AZULさんのぶろぐもオラシオさんのブログも読んだことあるんだとおもいます。

一昔前は、個人が発言するとき、マスメディアって手段はかなり敷居の高いもだった。

でも、ネットが発達した今、ブログで発信してる内容はかなり濃いものがあります。

趣味ってのは、仕事より、濃いことになることが多いですものね。



文章は、好き嫌い、ってありますね。

お金出して買うなら、客観的な音の情報が沢山つまってないとイヤなんですが、ブログを読むときは、私は書き手とも「お友達」なわけですから、そこまで含めて読みますから。

私も下手な文章読ませてますから。かなり、相手に思いこみを持ってよんでますよ。

金の付き合いじゃないもん。

で、それで何が悪い、っておもいます。

人の書いたジャズ批評でこのcd欲しいとか、思わないひとなんですけど

(所詮は同じ趣味の人間なんていませんから)

でも、ブログ仲間別。

彼らの発信してる情報は、私にはとても価値の高いものです。

買えなくても、兎に角アンテナは目一杯たててみますけど。



私は、すごくへそ曲がりですか。


TITLE: 誤解しないでくださいね。
SECRET: 0
PASS:
naryさん

まず、誤解が無いように。。

私は、自分の意志で買った人を批判するつもりは全然ありません。

一番、イヤだな、って思ってるのは、こうやってあちこちのブログなどで取り上げられて、、宣伝効果が生じて、ベストセラーなんかになってしまうことです。

沈滞気味のジャズにカツ、ってことなら、もっと違う「良い」本がいいな。



>CDでもなんでもそうですが、買わないものに対してあれこれ言うのはアンフェアだと思うのです。



う~~ん、これは私は少し違う考えかも。

きれい事に思われそうですが、CDとか本とか、、

こういうモノって、人類共通の財産みたいなもんだとおもうんですよ。

だから、読んだり聴いたりしたら、それ自身を所有して無くても発言して良いとおもうんです。

んじゃ、買った人がソンじゃん?って??

違うんだなぁ、、買う、って行為は、その大事な財産を守って続けていく為に不可欠な行為で、なんつうか、、ボランティアして、「得」をつむような行為に近いきがするんです。

うまく、いえなくてもしわけないけど。。

買って所有して無くちゃ発言権ないって、お金ない人間には発言もできなくなるもん。



ナリーさんもなんでも言ってる、って言いながらもちゃんと暗黙のルールみたいな世の中の大事な事守ってますよね。かなり辛辣なときもあるけど。



なんか、うまく言えなくて、とりちらかってしまってごめんなさいね。

ナリーさんが、ジャズって文化維持していくために凄く貢献してる、ってわかってます。

買うって行為は、ミュージシャンへの応援も含めてそんな感じかな。。。ごめん。



私も、、随分、自分の美の追究をぶち捨てて、、、ジャズに貢献してきたつもりなんですけどね。

ま、この本はそこまでは、貢献しなくてもいいのかなぁ~、ってくらいの感じ。M(__)M

軽くて、すいません。

TITLE: だって、仙人じゃん!
SECRET: 0
PASS:
南浦猫麻呂さん

うむ~~!!

>食べ物と同じだと思います。

だから、、ぁぁ!!!

私は、人!!人間!!の事をいってるんですぅ。

「音楽仙人」の猫麻呂さんが、音楽でお腹いっぱいになるって、知ってマスです。

「この時点で、猫麻呂は、すでにお腹いっぱい」、とか、よく書いてるモン。

脂ぎったものばかり食べてると。。。身体に悪いよ。



>いずれにせよ、体が欲しがるのです。(という人は世間では稀少なのかもしれませんが。)

だから、仙人と人間は違うって。

私は新潟産コシヒカリが大すきですぅ!

地元の口ぼその塩焼きと、新潟産の味噌つかったおみそ汁あれば、、

お腹いっぱいですぅ!!





>でも、仕事じゃない(=地下活動)だからなァ...。

わし、、なんか、もともと、、蚊帳の外ですから。こんな軟派なブログ範疇にもないっすから。

蟹とか、、も、かんずり、、とかものってるもんなぁ~。

TITLE: まぁ、、楽しいよね~♪
SECRET: 0
PASS:
TICKさん



>自分の場合、美味しいものを食べたとか美しい景色を見たのと同じように、音楽を通して、ささやかかもしれないけど素敵な体験が出来るから聴いているかな~。

そうそう!

私なんて、一度も北欧の地を尋ねたことないけど、既になんどもこの地をはなれて北欧の自然の中をさまよい歩きましたからね。

ブラジルの夕暮れの海岸にもなんどもいってま~~す。

最近は、ローマで遺跡の散策することもよくあります!

って、、違うけど、、(^_^);;



>なによりも jazz という音楽が醸し出す空間が好きだし、一緒に流れていく時間が好きだし、そしてそこに携わっている人々が好きだから・・・結構単純な理由ですね。



ま、私も最終的にはジャズとかブラジルとか、、って音楽が好きです。

音楽なんでもいいか?っていうと、ちがいますものね。



>blog というメディアを知って、なによりもうれしかったのは、自分と同じように純粋に音楽や jazz が大好きでたまらない人達が考えていること、お気に入りの曲やアーティストを知ることができたことです。

そうです。

なんとかジャーナルの偉い人の趣味に合わせるより、自分が好きな音楽を好きな人の話よんだりするほうが、面白いしね。

この雑誌だって、それを読んで自分で判断できる人は情報源として有効なんだろうけど、私なんて、★の数みただけど、わぁ~名盤なのね、って「素直」に信じちゃうから、、自分をみうしないように(笑)読まない方がいいのですよ。

あと、いつも欲しいCD山のようにあるので、予算限られてるしぃぃぃ。

TITLE: 正直な話
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん、こんにちは。

正直な話、私がブログ始める時、自分はこんなに知ってるんだぞって知らせたい気持ちがなかったと言えば嘘になります。

しかし今まで周りには全然私の話について来れる人がいなかったのに(一部のプロは除く)、Suzuckさんをはじめ、私が知らないことを物凄くカヴァーして知っていらっしゃる方がたくさんいるのを知って驚きました。

その人たちは、別に「凄腕ジャズファン」とかじゃなくて普通の方たちだったわけですよね。

Suzuckさんも多分そうだと思います。

私もごく普通の一般人です。

そういう人たちの趣味が、これほど多種多様で、人によっては非常に深いものだと知ることが出来たのはやっぱりブログのおかげだと思うんですね。

もちろん知識を広げるという意味でも良かったですし、何と言うか、音楽というものの素晴らしさ、強さの片鱗を見せてもらう、という意味でも良かったです。

ただそれだけのことなのに・・・・・。

何をあの3人は噛み付くのでしょうね。

失礼します。

TITLE: やはり、、売り上げ落ちてるんでしょうか?
SECRET: 0
PASS:
オラシオさん



なんで、噛みつくかって、、、

ネットなどから上がってきた、書き手も増えて、、

自分たちの「分け前」が少なくなってきて、、

もっと、簡単にいうと、自分たちの書き物が売れなくなってきたんじゃない?

と、、ちゃんと調べてないから、聞き逃してください・・・ね。

総合的には、彼らは知識がひろいかもしれませんが、

ピンポイントでは、深さも濃さも凄い人が「溢れ」ていて、、

今、みんなが知りたい、って人達のこと、あまり知らないのかもね。

確かにジャズ巨匠の事はとても詳しいかもしれないけど、それは他の人の本とかも出てるだろうしね。



たとえば、、アトミック、なんてバンドの事知りたかったら、

本なんてかわなくても、有名なノルウェーのジャズのサイトに行くと、

いっぱい情報あったりするもの。。

なんか個人のサイトじゃ、信用が、、なんて思う「隙」はないくらい情報つまってるし、「玄人」も密かに参考にしてるみたいだし。

2000円もする本買わなくても済んじゃう、、て、なってきてるのかもしれませんね。



まぁ、百歩くらいゆずるので、ぎゃあぎゃあ言ってないで、素人にも「できる」ことで金取ろうとしなで、素人に決してできない「玄人道」で道を究めればいい気もするんですが、、、

知識をいかした、小説でも、案内本でもなんでもいけど、、、

素人が真似できるようなことしてないで、玄人道を驀進すればいいじゃん。ね??


TITLE: ブログランキングBootanの管理人佐々木さま
SECRET: 0
PASS:
私は気が弱いので、、ランキングに登録したら夜もねられなくなります。

つうことで、トラックバック削除します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽にもの想う。:

« Hands / Kasper Villaume | トップページ | Here's to Life/ Shirley Horn with Strings »

無料ブログはココログ