2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« One Quiet Night / Pat Metheny | トップページ | Urka / Luigi Martinale Quartet »

2005年9月23日 (金)

人は一度巡りあった人と二度と別れることはできない。。

人は一度巡りあった人と二度と別れることはできない。。

こんな言葉で始まる、大崎善生の小説パイロットフィッシュの一ペイジ目に
・・・人間の体のどこかに、ありとあらゆる記憶を沈めておき巨大な湖のような場所があって、その底には失われたはずの無数の記憶が沈殿してる。・・・・・
・・・・(湖に浮かべられたボートからその湖の底に沈殿してる過去を眺めながら)・・・
・・・手にとる子とはできなかもしれないけど、記憶はゆらゆらと不確かに、それでいて自分の中に存在し、それから逃れることはできないのだ。

と、つづいていく。。。
そう、、っそうです。
ほんと、こんな感じ。。。この人こういう例え方とてもうまい。
本も、記憶をテーマにしながら「生きる」、って前向きな姿勢で、でも、それって一筋縄ではいかないんだ、って感じで面白かった。
あらすじや感想を書こうとおもってるのでなくて。。。

そんなこなで、最近「記憶」って言う言葉が、いろいろとキーワードになったりしてます。
私、妙なことをかなり鮮明に覚えてるのです。
頭悪いのにな、、って思ったんだけど、
ふと、、
福永武彦も何かの作品の中で、記憶はもしそれが実際の出来事と違っていても、本人にとって純粋に保存?されてる形がよいのであって、それをきちんとさせることは必要ない、重要でない?っていうようなことを言っていたと、思い出しました。

そっか、記憶能力はすばらしいのですけど、物事を時系列、あるいは系統だってちゃんと憶えることはできない頭なんだな、、
って、とっても、納得しちゃいました。

で、そんな私のマイブームのお遊びが、「記憶よみがえりごっこ」。
これって、名前をあたえてやって、どんな記憶がよみがえってくるか。。。
湖の底から、ゆらゆら浮き上げって来るのは何か。。。?
って、独りお遊びなんです。

例えば、、、
「○○学」くん!
って、頭の中で唱える。。。
初恋の御仁なのですが、彼の名前で浮かび上がってくる映像は、
夕方の校庭、ひたすら走る姿。
白いランニング、紺の短パン、青いシューズ、、、
ただ、それだけなんだけど、校舎、夕闇具合、まわりのざわざわ、、
ばっちし、楽しめます。気分は中学二年生。。。

そんな感じで、名前すら普段忘れて人の名前を自分にあたえてやって、
浮かび上がってくるゆらゆら記憶を楽しむのです。
げげ~、老後でもできるな!
でも、何もできない待ち時間をつぶすには、とっても有効です。。。(^_^);



« One Quiet Night / Pat Metheny | トップページ | Urka / Luigi Martinale Quartet »

超~私的戯言、じゃれ事(なんでもあり♪)」カテゴリの記事

コメント

TITLE: 記憶のかけら
SECRET: 0
PASS:
記憶は人との出逢いの積み重ね。歓びのかけらの集合体。

たくさんの出逢いが、どこかに染み渡り、魔法の言葉で蘇る。

学生の頃、アクシデントでその前後、約36時間ほどの記憶がどこかに行ってしまいました。

おかげで、幼い頃からそれまでの記憶はそのままです。

生まれる前の記憶って、何処にあるんだろう。

記憶って、いつからあるんだろう・・・。



今、生きていられるのは、出逢いの軌跡、歓びのかけらによって支えられているような気がします。

一昨日の輝く月。昨日の夕空、オレンジ色に輝く雲が目に浮かびます。

そうそう、今頃ですが、Suzuckさんと会ったことも思い出しました。

TITLE: 記憶のかけら、おとしちゃったの?
SECRET: 0
PASS:
な@はままつさん

>記憶は人との出逢いの積み重ね。歓びのかけらの集合体。

>たくさんの出逢いが、どこかに染み渡り、魔法の言葉で蘇る。

そう、記憶って不思議ですよね。

記録、って言うのと違って、同じ出来事に遭遇しても、

各人の記憶はまったく違うものになりますよね。



>おかげで、幼い頃からそれまでの記憶はそのままです。

>生まれる前の記憶って、何処にあるんだろう。

遺伝子に潜んでる原始からの記憶、父母からいただいた連鎖の記憶、

胎児の時の記憶、前世の記憶、、、

うむ・・・・



>一昨日の輝く月。昨日の夕空、オレンジ色に輝く雲が目に浮かびます。

>そうそう、今頃ですが、Suzuckさんと会ったことも思い出しました。



わ・た・しに??まじめに?

何時なんでしょう、何処なんでしょう??

過去に何処かでクロスしてました?

私、この時季になると宮沢賢治の月夜の電信柱、って思い出します。

絵本でもってるのですが、銀河鉄道の夜はなんだか好きになれないんだけど、

この絵本は、好き。。。なんだか、どきどき、してきた、すずっくでした。

TITLE: Re:記憶のかけら、おとしちゃったの?(09/23)
SECRET: 0
PASS:
はい、落としたかけらは、まだ見つかりません。



>過去に何処かでクロスしてました?



はい、ライブ会場でお見かけしました。

先日、宮沢賢治のグスコーブドリに触れました。

深い世界がありました。



-----

TITLE: びっくり♪
SECRET: 0
PASS:
な@はままつさん



>はい、落としたかけらは、まだ見つかりません。

不思議ですね。

ほら、あちらの世界に行くときって、走馬燈のように過去が、、って

いうでしょ?(縁起でもないけど)

その時に、突然あらわれるんじゃない?

もしかして、、ラグビーとかしてました?

あれって、よくそうなるでしょ。



>はい、ライブ会場でお見かけしました。

数少ない、、私のライブ体験の中で、、、

しかも、、、これは、凄すぎました!!

参りました。

偶然にこうやって、いらしてくださって、

現実の私を見たことがある、って、、、、

なるほど。。そういう、、ことですか。。。

変な印象では、、?無いようで、、、(そう、いえませんよね)

独りでライブいくと、嬉しくて、、、

たぶん、よそさまがみてると、かなりあやしいテンションなんですよね。。

かっちり、封印しておきましょ。(^_^);

あの時、、ねぇ。。。(^_^);;

しかし、すごい、偶然でした!ビックリしました。



>先日、宮沢賢治のグスコーブドリに触れました。

>深い世界がありました。

宮沢賢治、先日、新聞に「ヒデリ」か「ヒドリ」か、って論争が未だに決着着いてない、ってありました。

ヒデリは、日照りなんですが、

ヒドリ、って日取り?日雇いの労働のことらしいです。

ヒデリノトキハナミダヲナガシ

これは、原文は

ヒドリノトキハナミダヲナガシ

と、かかれているらしいですね。

前後からそれでも意味がとおらないでもないらしく。。

ほぉ、、ってその記事よみました。

TITLE: Re:びっくり♪(09/23)
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん

>ほら、あちらの世界に行くときって、走馬燈のように過去が、、って



走馬燈は経験無いですが、スローモーションになったことはあります。

かけらを落としたのは中学校の授業での柔道でした。



>宮沢賢治、先日、新聞に「ヒデリ」か「ヒドリ」



あるブログで読みました。肉筆の原稿は迫力です。

黒い手帳に書いた文字は、活字にされることを意識することなく、そのとき、そのままのありようだったのだと感じました。活字にすると何かがかわるのです。





演奏も録音すると異なるものになります。

あるピアノソロコンサートを聴いていて、そんなに感動しなかったのですが、後日、そのライブ録音を聴くとあまりに美しい音に驚きました。

いったいホールで何を聴いていたんだろう・・・。そのときの状態によって聴き方が変わることを再確認しました。初めての出逢いのファーストインプレッションが深く印象に残ります。

TITLE: 心臓とまったもん。
SECRET: 0
PASS:
な@はままつさん



>かけらを落としたのは中学校の授業での柔道でした。

しかし、人の頭の中って、不思議ではありません?

いろんなことをかなりいっぺんに、同時進行させてますよね。

生活してるときは、気づかないのだけど、これを文章であらわすと、すごいですよね。



>あるブログで読みました。肉筆の原稿は迫力です。

そう、、ヒドリ、ってはっきりかかれてますよね。

これを、書き間違い、って否定するのもかなりの根拠がいりそうなんだけど。。



>黒い手帳に書いた文字は、活字にされることを意識することなく、そのとき、そのままのありようだったのだと感じました。活字にすると何かがかわるのです。



>演奏も録音すると異なるものになります。

自分が聴いたコンサートやライブがアルバムになった事ないんですよね。

でも、よく人が言うのはのは逆のパターンが多くないですか?

生ではよかったのにねぇ。。みたいな。。



ソロだと、むしろ、録音されたもののほうがよいのかもしれないですねぇ。。。

って、よくわかりません。m(__)m

TITLE: Re:心臓とまったもん。(09/23)
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん



心臓とまったんだァ・・・。今は動いてるんですよね。

とまった経験あるから、歓びに満ち溢れた道を歩まれてるんでしょう。



>しかし、人の頭の中って、不思議ではありません?

>いろんなことをかなりいっぺんに、同時進行させてますよね。



きっと、生きていることが奇跡なのです。

ほんと、すごいことです。



>生ではよかったのにねぇ。。みたいな。。



生演奏が良く思えることは多いです。

そりゃその場にいて、五感で聴けるんですから、当然かもしれません。

聴き手の記憶と印象によっての比較ですからね。



Suzackさんのように、音楽を文章にできるってとても素敵だと思います。

---




TITLE: 今は、動いていまーす。
SECRET: 0
PASS:
な@はままつさん



>心臓とまったんだァ・・・。今は動いてるんですよね。

>とまった経験あるから、歓びに満ち溢れた道を歩まれてるんでしょう。

まぁ!

心臓は丈夫、ってことはないのですが、、、まぁ、とまっても・・

って、とまったら、今日がありません!



>きっと、生きていることが奇跡なのです。

>ほんと、すごいことです。

存在することの奇跡、って何時もかんじてますよ。

私につながる過去の鎖の、どれ一つが無くても、私はここに居ないですからね。



>聴き手の記憶と印象によっての比較ですからね。

そうですよねぇ。。。

私も、いろんなライブに行きたいです。

でも、私、音楽詳しくないんですよね。

な~んも、知らない。

なんか、好きがこうじて、こうやって遊んでますけど。。

たまに、、顔から火が出るような事が、、ありますのよ。。。ほんと。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人は一度巡りあった人と二度と別れることはできない。。:

« One Quiet Night / Pat Metheny | トップページ | Urka / Luigi Martinale Quartet »

無料ブログはココログ