2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« (その1)Refiections 2/Thierry Lang Quintet | トップページ | ユーロビートじゃ、踊れない »

2005年4月 7日 (木)

(その2)Refiections 2/Thierry Lang Quintet

Refiectionsと名付けられた三枚のアルバムは、彼のオリジナル曲25曲から成り立ってるそうです。
2、ってあるけど、本当はギリシャ数字の「?U」なんです。変態文字になるんでやめましたぁ。
このアルバムはその二枚目。
最初に言い切ってしまいますが、先鋭的な事も、奇をてらった事もやっていませ~~ん。極、極・・・普通のジャズなんだけど。
ラングのアルバム探してたのですが、中古で集めてくるせいか、自分で拾ってくるのはもう一つでした。
で、QuintetにPaolo Fresu 見つけて、調和的な世界を予測しつつお買いあげになったのです。

Refiections 2/Thierry Lang Quintet
Thierry Lang (p)
Heiri Kanzig (b)
Peter Schmidlin (d)
Paolo Fresu (tp,flh)
Andy Scherrer (ts)
最初、聴いてなんだか物足りなかった。
とにかく、穏やかで優しい世界がひろがっている。。。の。。だが。。。
ところが、なんとなく聴き続けていくうちに、こういうアルバムって、なかなかないようなぁ~、って思えてきました。

確かにプライベートガーデンが持つ透明感の裏にある緊張感みたいなのは、薄れているけど、柔らかでサックスやペットの肌色に近い音が加わって、全体にはまるく柔らかなサウンドとなっています。
なんか、良いんですよね♪
じょんのびぃ~って感じ。らっくり~~、って感じ。
そういう意味では、北欧的なイメージ、ECM的な美学からは遠ざかったのかもしれないのですが。。。まぁ、もともとスイスの人、って事で。m(__)m

で、くどいようですが、このアルバム聴きたくなったのには、Thierry Langファンという他に決定的な理由があります。

私は、Paolo Fresuが好きなので~~す。

好き、好き、大好き♪
そう言う事なので~す。(すいません、ほんとミーハーな出来心ってヤツかも)
ロマーノとの一連のアルバムや、自作のものを含めてその陰影のある独特の浮遊感や哀愁など、私は彼が好きなのであります。はい。(^_^)
Paolo Fresuは、自分のアルバムではかなり実験的なサウンドを試たりしております。
参加するアルバムもかなりクールなイメージの演奏から、目がうるうるするような哀愁のこもった演奏までどちらもこなしてしまいます。
で、ここではもちろん彼の哀愁漂う歌心で勝負。
ラングの曲を、その繊細で、都会的センスに溢れる演奏で見事に表現しています。
まるで雲の上を歩くような、漂うような彼のペット&フリューゲルの演奏は、ラングの世界でもそのまま堪能できます。
わぁ~Fresuだぁ~、と顔がほころぶ、私。。。。。(^o^)/
・・・・。なんつうか、だんだんずれて来ちゃったようなきがする・・。

Andy Scherrer・・・なんだか、何処かで・・・って、検索したら!!なんと、COJAZZのピアニストです!
そういえば、サックスも吹くような事を何処かで読んだなぁ・・。
これが、モダンでなかなか素敵なのです。エモーショナル、って言うよりは知性派って感じなのですが、感情がストレートに演奏にでていて、嫌みが無くラングの曲想をうまくつかんで、Paolo Fresuとのコミニュケーションもなかなか良い感じです。
1.Choral
2.Les Petits Yeux
3.Un Petit Bleu
4.Tender Awakening
5.Tango DE Rio
6.One For Foutch
7.Vendredi 18
8.Montmartre
9.Bambou

1曲目、音を繰り返し重ねたPaolo Fresuのソロは、誰が聴いてもPaolo Fresuさま。ラングのピアノも心地よい揺れ。いいなぁ、ジャズって・・♪
Paolo Fresuの伴奏無しのミュートのソロではじまる、2曲目も胸が暖かなものでいっぱいになってくるような、美しいメロディ。みんなで自然な感じでソロをまわしているのだが、この自然さはこのアルバムに一貫して流れてる。
自然な感じと穏やかな感情の流れ・・・。
スリリングなジャズではないけど、演奏するみんなが同じ方向を向いて、理解しあっている感じが、聴く側には最上のリラクセーションをもたらすように思える。
3曲目は、からだが自然に動いてしまう、ブルース。映画のアクションシーンを見るようにかっこいいのです。こういう時のPaolo Fresuの躍動感も好き♪
4曲目のバラードはワルツ仕立て。こういう透明感は清く澄んだ湖を連想させます。Paolo Fresuはその湖面を漂う薄い霧のよう・・。
5曲目、フリューゲルとサックスのユニゾンではじまるボサノヴァ、タッチの軽快な曲。
そして、すべてを包み込むような穏やかで平和なムードたっぷりの6曲目。
テーマを繰り返えし互いに呼応することで、軽やかな推進力を持った7曲目。
少し切ない想いをともなったメロディを持つ8曲目。
そして、最後は、跳ねるように躍りたくなる楽しい曲!
なんだか、とっても簡単に終わってしまうのですが、勿体ぶらないのが彼の性格なのでしょうか?
アット、言う間の46分でした。
そのわりには、説明がしつこく長かった?
M(__)M


« (その1)Refiections 2/Thierry Lang Quintet | トップページ | ユーロビートじゃ、踊れない »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

TITLE: オーダー入りまーす
SECRET: 0
PASS:
2日間にわたる熱弁、お疲れ様です。

すっかり「聴きたい」「欲しい」モードに入って、早速某ショップにオーダー入れてしまいました。

聴いたら自分のブログに感想書きますから、よろしくです。

TITLE: え~~
SECRET: 0
PASS:
南浦猫麻呂さん

ほんと、なんて事ないんですよぉ~~。

でも、良いけど。

おまけに、ラングはヨーロッパの叙情がむんむんしてるんですよぉ。

猫麻呂さんの好きな路線から

はずれるきがしますけど。ま、いいかな。

>2日間にわたる熱弁、お疲れ様です。

と・・とんでもありません。

戯言、つうかぁ、ファンレターになちゃってましたよね~。



>聴いたら自分のブログに感想書きますから、よろしくです。

わぉ~、ちょっと、どきどきぢますねぇ~~。

今日はラングから流れて、Paolo Fresuのはしごしました。


TITLE: Re:え~~(04/07)
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん

>おまけに、ラングはヨーロッパの叙情がむんむんしてるんですよぉ。

>猫麻呂さんの好きな路線から

>はずれるきがしますけど。ま、いいかな。



確かに、私の好きな路線からは外れていますけど、でも良かったですよ。ECMのような感じだとちょっと苦手なんですけど、このCDは違和感なく聴いています。



>戯言、つうかぁ、ファンレターになちゃってましたよね~。



だから面白いんですよ。

これから自分のブログに書き込みしますけど、Suzuckさんのブログを開きながらCD聴いてます。うーん、なるほど、ここの事を書いてるんだなー、ってよく解かりましたよ。



>今日はラングから流れて、Paolo Fresuのはしごしました。



Paolo Fresuのこと、もっと知りたいです。

是非教えて下さい。

TITLE: 即レス。
SECRET: 0
PASS:
南浦猫麻呂さん

もう、時間ないけど。





>確かに、私の好きな路線からは外れていますけど、でも良かったですよ。ECMのような感じだとちょっと苦手なんですけど、このCDは違和感なく聴いています。

おぉ、私って中庸路線なんでしょうかぁ?

みんな、好意的でうれしいです。ありがと。



>だから面白いんですよ。

>これから自分のブログに書き込みしますけど、Suzuckさんのブログを開きながらCD聴いてます。うーん、なるほど、ここの事を書いてるんだなー、ってよく解かりましたよ。

ほんと?ありがと。

間に合えば、後でみにいきますね。



>Paolo Fresuのこと、もっと知りたいです。

>是非教えて下さい。

あ、これは、気合いはいりますので、猫麻呂さんお日記よんでからにしますね。



このアルバム、ほんと、最初投げ出していたんです。

でも、するめみたいなんですよ。

うん、からだに優しいのです。はい。

緊張がほぐれます。

TITLE: コメントありがとうございました
SECRET: 0
PASS:
すみません。こちらから連絡しなければいけなかったのですが...。ジャズについては何も書けなかったので、ちょっとためらっていました。



Suzuckさんの日記のお陰で、素敵なアルバムに出会えて感謝です。

最後の曲などは、いやな事は全部忘れて踊っちゃえ!っていう感じの曲ですね(笑)



また、おすすめお願いします!

TITLE: Re:コメントありがとうございました(04/07)
SECRET: 0
PASS:
mikosan28さん



>Suzuckさんの日記のお陰で、素敵なアルバムに出会えて感謝です。

私こそ、求めてるものと違うかもしれないものを、購入させちゃって。。。

かなり、恐縮きぶんです。



お勧めなんて、とても出来そうにないので、そちらは猫麻呂さんにおもかせしますです。

でも、好きな音楽随分重なってるなぁ。。って、おもってます。

これからも宜しくおねがいいたします。m(__)m

TITLE: こんにちは、すずっくさん!
SECRET: 0
PASS:
こんにちは、すずっくさん。肩凝り取れーんです。

あちらでコメントありがとうございます。

で、あちらのコメントレスにも書いたんですが、

TBの件、まだブログを始めたばかりでよく分かってなくて、いろんな設定をほぼデフォルトのまま使ってたんですが、TBの制限がかなりきつい設定になってたようです。少しいじってみましたので、もう大丈夫だとは思うのですが。

で、私もこちらにトラバしてみたんですが、うまく送信できません。なんでかな?まだ初心者なもんで。

ティエリー・ラングのピアノにパオロ・フレスが良く合う、、、

それ、同感!!すごく分かります。

ほんとにこのクインテットであと何枚かやって欲しいなぁと思っています。

あ、それと、リンクさせていただきました。これからもよろしく。

TITLE: ありがとうございま~す。
SECRET: 0
PASS:
肩凝り取れーんさん

ブログ始めたばかりだそうですが、、

飛ばしすぎないで長く続けてくださいね。

それから、パソコンには豚汁は食べさせないようにぃ。

消化不良おこしまーーす。



>あちらでコメントありがとうございます。

いいえ~。何日か前から、リフレクションのこと気になっていたのですが、なかなか、コメントってかけないものなのです。

トラバはこんどはできましたね。

どうも、トラックバックって、ブログ間で「相性」があるようです。

私は、トラクバックの設定、制限かけてないのですが、ブログによっては駄目なものあるようです。

そんなときは、アドレス貼っていってください。



>ティエリー・ラングのピアノにパオロ・フレスが良く合う、、、

>それ、同感!!すごく分かります。



ですです。そうですです。

がぁ、フレズは、エッジの切れまくったピアノともクールに決めるんですよぉ。

そっちも、大好きでーーす。

ほんと、もう一枚くらい、、出して欲しいなぁ。



リンクありがとうございました。

こちらからも、リンクいたしました。

ゆるゆると、、おつき合いくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (その2)Refiections 2/Thierry Lang Quintet:

« (その1)Refiections 2/Thierry Lang Quintet | トップページ | ユーロビートじゃ、踊れない »

無料ブログはココログ