2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« Winter Moon / Art Pepper | トップページ | Playing in the Breeze / Thomas Fryland »

2005年2月17日 (木)

Witchcraft / John Abercrombie Don Thompson

ギターとベースのデュオ。
John Abercrombie(G)
Don Thompson(B,P)

John Abercrombieは、顔は恐いけど、その音色とフレーズはとても優しい。
不思議な感覚でゆらめいて、そして、聴く人の心を浮遊させる。
ちょっと、際物扱いされそうな雰囲気はありますが、私的には実に正当派なギターです。(だよね?)
試作的、前衛的なアルバムも多数あり、そちらも刺激的かつファンタスティックぅ!で好きなのですが、やっぱ、この人に痺れちゃうのは、実にかわいく、けなげな感じの歌心だったりします。ん?ちょっと、変?
だって、1988年のLIVE IN BOSTONのアリスは、涙ものにかわいかったようねぇ・・。
スタンダード弾かせたら、結構なものだと信じております。

Don Thompsonは達者なベース弾きで、エドビッカートとのデュオでもその饒舌ぶりに驚いちゃったけど、ここでも後ろ三曲はピアノなど披露しちゃってます。
で、これが、また、巧かったりしちゃうのだな。
ギターも弾いたようなきがするんだけど・・。
でも、その前のウッドベースが素晴らしかったので、ベースだけでよかったのにな。

さて、このアルバムはそんなアバークロンビーのクールで、きらきら光輝いているような素敵フレーズに沢山あうことができます。実にシンプルだけど、唄心いっぱい。
この人本当にストレートにギターに感情のせるのお上手です。
どの曲もなかなか良いのですが、「寂しい・・」って、涙ぐんでるのがしっかりわかっちゃうような、しっとりしたMy Foolish Heartなど、ヴァレンタインの「後」にぴったりではないかしら?
えへ、寂しい思いの人も沢山いるよね?


John Abercrombie(G)
Don Thompson(B,P)



« Winter Moon / Art Pepper | トップページ | Playing in the Breeze / Thomas Fryland »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:Witchcraft / John Abercrombie Don Thompson(02/17)
SECRET: 0
PASS:
John Abercrombie!



出ましたか!とうとう!(って2回目?)

いつか出るぞ出るぞと思ってましたよ、すずっくさんのブログなら!



「Nice Idea」という新譜が出たようですね。タイトルからすると私には理解できない新しいアイデア満載とか?他にも予約受付中のCDがありましたしけっこう多作なんですね、キャリアも長いですけど。



昔、「Gateway」というのを試しに買ったのですがお子様には全然分かりませんでした。Dave Hollandという名前を初めて認識した覚えがあります。今聴いたら印象が違うと思うのですが実家にまだあるかどうか?



文中に出てくるのは「 John Abercrombie, Marc Johnson & Peter Erskine 」ですね?好きなSamurai Hee-Hawも演奏しているので中古を注文しようかな・・・。



件のアルバムではI'm Getting Sentimental Over You、You'd Be So Nice To Come Home To、You Don't Know What Love Isなども演していますね。これも要チェックやなあ。

TITLE: 一生懸命考えたんだけど・・
SECRET: 0
PASS:
longrow1967jpさん

どうなんでしょう・・人間駄目なものは駄目っすよね。無理しないでね。

>出ましたか!とうとう!(って2回目?)

あらら、お化けといっしょ!

あれ?日記でとりあげるのは初めてです。

たぶん・・・ECMの話の時に話題にしたのかな。



>いつか出るぞ出るぞと思ってましたよ、すずっくさんのブログなら!

そ・・そんな・・ゲテもんですかな?

ジムホや、メセニーと通じる感じありましぇんですかね?

ないか・・な。M(__)M



>「Nice Idea」という新譜が出たようですね。

え!!またでたんですかぁ?

その一つ前のまだ買ってないんですよぉぉ。

ちょっと保留しちゃおうぉぉ。



>文中に出てくるのは「 John Abercrombie, Marc Johnson & Peter Erskine 」ですね?好きなSamurai Hee-Hawも演奏しているので中古を注文しようかな・・・。

う・・ん、エヴァンス好きなんですよね?マークジョンソンも?

う~~ん。お金かかってくると、非常に消極的な私。



>件のアルバムではI'm Getting Sentimental Over You、You'd Be So Nice To Come Home To、You Don't Know What Love Isなども演していますね。これも要チェックやなあ。

これね、デュオですけど、ベースとても巧いし、ギター好きなだと飽きないとおもうんだけど・・。

アバークロンビーが、理解不能なギターでないって、

よ~~~~く、わかるスタンダード集となってますけど。。。

TITLE: Re:一生懸命考えたんだけど・・(02/17)
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん

こんにちは!



>John Abercrombie

スタンダード集ならまた違うでしょうし、酒と一緒で時間が経って経験が増えると好みが変わってきたりすることもあるので、実家に置いて長い間聴いていないCDもまた聴いてみようと思います!



アバークロンビーがSamurai Hee-Hawその他をMarc Johnson と演奏しているライヴ音源(MD)を持っているのでたまに聴いて楽しんでいますよ。確かJスコとPMのライヴ(ブート)と同時にレンタルしたような・・・。

TITLE: 考えすぎても。。。
SECRET: 0
PASS:
longrow1967jpさん

考えすぎても次の一歩はでませんですよね。

機会があったら試してみてくださいね。

このデュエットお勧めですよ。



朝、ちょっと雪がつもちゃって、雪かきしてきました。

さほど大変ではなかったのですが、髪がぬれたのをそのまま、家の中のことしてたら、気持ち悪くなちゃったです。馬鹿みたい。



Witchcraft 、私はとても「普通」なアルバムだとおもうのですが、ほら、私少し感覚が変かも。(T_T)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Witchcraft / John Abercrombie Don Thompson:

« Winter Moon / Art Pepper | トップページ | Playing in the Breeze / Thomas Fryland »

無料ブログはココログ