2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« You must Believe in Spring / Bill Evans | トップページ | Americana / Larry Koonse »

2005年1月11日 (火)

Live at Yoshi's / Pat Martino

さぶいっ!
暖冬といえども、雪国ですから、本来このくらいの寒さは「ふつう~」です。
ただ、昨年の10月に(地震とほぼ同時!)引っ越しして、リビングが全面窓?になってしまったので、雪景色がよ~~~~く見えるのです。
綺麗♪でも、針葉樹についた雪は、はやり寒そうですよね。
ちょっと雪かきして、柔らかな味の煎茶を楽しんでいましたが、お耳も暖かくしよう・・!
って、ことで
Live at Yoshi's / Pat Martino

マルティーノって言えば、鬼のピッキング、ってものでしょうか?
でも、スピード自慢のそこらのギター小僧とは年季がちがいま~す。
若いときの有名なアルバムももちろんぐ~っど、なのですが、
病気から復帰した後のこのライブは、まさにマルティーノ健在!
そして、いい感じに歳とったぞぉ~、って、見本のようなアルバム。
Joey DeFrancescoとBilly Hartに煽られて、(っていうか、年甲斐もなく煽ってないか?)
早いパッセージをよどみなく繰り出して息つく暇もあたえないマルティーノ、
かっこよし!
それでも、派手でアホな印象が絶対しないのは、
太く渋い音色と低く抑えた音選びだからですかぁ。
う~ん、外見通り、哲学してる硬派なギターリストでございます。
オルガンのジョイはファンキーとクールが同居する、
ギター屋好みのオルガンですよね。
この二人の圧倒的な迫力のおかげか、私はいつも無神経なドラムだと感じることが多いビリーハートも適役でございました。
どの曲も、ジョイとマルティーノすげぇ~、って感じですが、
怒濤の攻撃の中でのBlue in greenにみせる味わい深い渋さが、
彼がただの早弾きマシンでない確固たる証拠。泣かせる。
ギター好きなら確実に、はぁとに火がつく一枚でしたぁ。



« You must Believe in Spring / Bill Evans | トップページ | Americana / Larry Koonse »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

TITLE: こんにちわ
SECRET: 0
PASS:
Pat Maritino、私も大好きです。後はJimmy Raneyも。今度、以下のアルバム聴いてみます。



>Live at Yoshi's / Pat Martino

TITLE: Re:こんにちわ(01/11)
SECRET: 0
PASS:
ケルンコンサートさん

はじめまして。

>Pat Maritino、私も大好きです。後はJimmy Raneyも。今度、以下のアルバム聴いてみます。



友達におしえてもらいました。

http://patmartino.com/

すごいですよねぇ~。

Think Tankも欲しいです。おもしろそうですね。

マルティーノ好きなら、このアルバム楽しめるとおもいます。

ジミーレイニーも好きですが、ダグレイニーも好きです。

良く似てきましたよね。



ケルンコンサートさんって、やはり、キースもお好きなの?

ところで、あの美人がケルンコンサートさん?

すごい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Live at Yoshi's / Pat Martino:

« You must Believe in Spring / Bill Evans | トップページ | Americana / Larry Koonse »

無料ブログはココログ