2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« LARS DANIELSSON に一等賞あげちゃう。 | トップページ | What Are You Doing New Year's Eve »

2004年12月29日 (水)

Jacob Karlzonがお好き♪

LARS DANIELSSONのおっかけしてるうちに、スウェーデンのジャズがふえてきちゃった。
森と湖の美しき風景(と、いっても他の北欧諸国と区別がつかん・・)とか、
福祉国家とか。。あと、サーブって、自動車くらしか頭にうかばないのだが・・・、(^_^)
ジャズが好きな人には、Dear Old Stockholmという、美しい曲で、スウェーデンはなんとなく身近な?はず・・。
スウェーデンのフォークソングをゲッツが名前をかえて演奏して、
その素朴で優しいメロディが多くの名演を生んでいるから。
そう、スウェーデンにはこういった美しいメロディのフォークソングが沢山存在していて、
ここに生まれたミュージシャン達のバックボーンになってる。
私が、スウェーデンのミュージシャンに惹かれる理由はこの辺にあるようなきがします。
それぞれスタイルが違っても、美しいメロディを生活の中に自然に持つ国で育った彼らは、常に美しい旋律と歌心を提供してくれるきがします。

LARS DANIELSSONから知ったLARS JANSSONもその筆頭なのですが、
他にも日本でも大人気のJAN LUNDGREN もそうですよね。
好きなギターでULF WAKENIUSなんて人もそうなら、
これまた、好きなペットでPETER ASPLUNDも然りであります。
そう、ベースだとMATITIAS SVENSSONなんてのも歌心あって好きです。
で、とにかく、素敵なピアノが目立つのですが、
あ、 ESBJORN SVENSSONなんてかっこいいピアノもそうだよね。
やってることは、たまに疑問符が浮かぶこともあるんだけど・・。
それは、おいておいて・・

そんな中に、私が惚れちゃってるJacob Karlzonがいたりするわけです。
ピアノ弾きなんですけどね・・・。
Jacob Karlzon、クールなんですがめちゃくちゃ美しいフレーズやハーモニーを繰り広げていきます、
そうなんだぁ、大きな空間をつくりだすんですよ。
そこに惚れてる。
結構、アグレッシブなプレイもあるけど、基本はあくまでクール、そして美しい。
リーダー作は、BIG5なんて、2管でオリジナル中心、インプロ重視の密度の濃い演奏がつづくアルバムもあれば、
TODAYのように、スタンダードが並び聴きやすいけど彼のセンスも満載なアルバムもある。
私は彼が参加してると、つい欲しくなってしまいます。
同じように惚れてしまったペットのPETER ASPLUNDの最近のアルバム二枚にも参加していて、ものすごくかっこよかった。
VIKTORIA TOLSTOYの唄ばんも、素晴らしかった。
歌心ばっちりだし、バランス感覚も抜群です。
VIKTORIAは、幸せな気分で歌えたとおもいますよ~♪

ええとね、私の中では、神様が舞い降りていないキース、
って、おもうくらい、惚れちゃってるのです。(良い意味です)
ええと・・、ヤンソンやラングレン達はあまりにメジャーになってしまい、
アルバムであまり冒険する事がなくなってきたきがします。
でも、彼はまだまだ、発展途上中なので、いろんな事に挑戦していきそうなので、
それも楽しみのひとつなんですね。
機会があったら、聴いてみてくださ~い。

では、よいお年を・・・
って、まだはやいかな?



« LARS DANIELSSON に一等賞あげちゃう。 | トップページ | What Are You Doing New Year's Eve »

JAZZ(Far North )」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:Jacob Karlzonがお好き♪
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん、こんばんは。

こちらも陽が沈むのが早くなり、今日辺りは最高気温も20度位でいよいよ秋本番、といった感じです。

ジャズを聴くにはもってこいの季節、Jacob Karlzonのピアノもやけに心に染み入ります。

素敵な恋文拝見させていただきました。

Jacob Karlzon良いですよね。今一番生で見たいアーティストの一人でもあります。

Suzuckさんの日記を拝見していますと、クリスマス・ソングについての話題がたくさん書かれていますね。何かこだわりがあるのですか?

自分はここ何年も普段と同じ生活のクリスマスを迎えています(笑)

クリスマス・ソングでの思い出は。。。シンガーズ・アンリミテッドのアカペラをよく聴きました。この頃はまだジャズを知りませんでしたし。

追い詰めて聴く件ですが、

はいっ、気に入ったアーティストは少しでもそのアーティストを知ろうと、とことん、参加作品も含めて聴くようにしてます!

Enrico PieranunziやAntonio Farao、Fabrizio Bosso、Daniele Scannapieco、Andrea Pozza、Luigi Martinale、Guido Manusardi、、、、ってみんなイタリア~(爆)

TITLE: 久しぶりにクリスマスかけてます。。
SECRET: 0
PASS:
SINTETICさま、、こんばんは。



>Jacob Karlzonのピアノもやけに心に染み入ります。

カールソン、、何が最初だったかなぁ。。って、たぶん、、、

Happy farm / Johan Leijonhufvud



>素敵な恋文拝見させていただきました。

はい。でも、かなりの浮気性で、同じような恋文を何通か、、書いてます。(爆)



>Jacob Karlzon

はい。去年も、、横浜だっけかなぁ。。無料のイヴェントに来てたりするんですよねぇ。。

新潟とか、、回ってくれないんだろうか。。



>シンガーズ・アンリミテッドのアカペラをよく聴きました。



シンガーズ・アンリミテッドのアルバムジャケットのツリーを真似て作ってみたことがあります。

このブログのカテゴリー一つに、、[ A Merry Jazzmas ] って、あるんですよ。

実は、脅威の(爆)ジャズのクリスマスアルバム収集家。って、程ではないですが、沢山持ってます。

「ジャズのクリスマスアルバム普及委員会新潟支部長」

その、、一部のアルバムが、、ここにのってたりします。

http://plaza.rakuten.co.jp/mysecretroom/diary/?ctgy=1" target="_blank">http://plaza.rakuten.co.jp/mysecretroom/diary/?ctgy=1

もともと、このブログは、、クリスマスアルバムのhpを作っててできたんです。

hpだけだと、つまんないから。

それが、、本業?になって、、hpは全然更新してません。

パソコン画面だと、この5年間変わらぬデザイン。。

扉を開けて、サンタがこんにちは、って、デザインです。

こうなったら、死ぬまでつかってやる、、って、思ってます。(きっぱり)



>、、、、ってみんなイタリア~(爆)

そうですねぇ。。

だから、カールソン、(って、カールゾンななのかしら。。)

は、驚きました。

仰せの通り、秋本番。音楽、美術、読書、、しっかり受け止めたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jacob Karlzonがお好き♪:

« LARS DANIELSSON に一等賞あげちゃう。 | トップページ | What Are You Doing New Year's Eve »

無料ブログはココログ