2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

2021年1月11日 (月)

もうすぐ、マイケル・ブレカーの命日ですね… 『Live In Helsinki 1995 / Umo Jazz Orchestra with Michael Brecker』

Live_in_helsinki_1995

2007年1月13日が命日、白血病のため享年57歳で鬼籍に入ったマイケル・ブレッカーのライブ盤。
亡くなってから発掘された貴重な音源です。

1995年に、フィンランドの名門Umo Jazz Orchestraが、ブレッカーさまを招いて行なわれたヘルシンキでのコンサートを収めたライヴ・アルバム。
「Tales From The Hudson」の一年前、フルスロットルで吹きまくるブレッカーさまが堪能できます。

招待され、フィーチャーされたソロ・アーティストとして、これでもかの怒涛の演奏。
フレーズが、次から次へと湧き出してきて止まらない絶好調ぶり。
かと思えば、ゆったりと、ブルージーに歌い上げるテナーならではの魅力満載。
曲も、ブレッカーさま所以の曲がならび、最後の最後まで彼のテナー・サックスを堪能できます。

次々に湧き出るフレーズ、絶好調、圧倒的存在感のマイケル・ブレカーここにあり! 

ブレッカーさまをお好きで、まだ、未購入な方、、ぜひ、神がかった彼で生前を偲んでみてくださいね。

1. Invitation
2. Slang
3. Andrea's Song
4. Nica's Dream
5. Ginare
6. The Meaning of the Blues
7. The Big Picture
8. Song for Barry
9. Nutville
10. Never Alone

Umo Jazz Orchestra
Michael Brecker (ts)


今日のおまけは、「Ginare 」。
途中から、止まらない止められない状態のブレッカーさまをご堪能ください。

改めて、心よりご冥福をお祈りいたします。

んじゃ、退散♪

2021年1月10日 (日)

1月16日(土)は、第37回 新潟ジャズストリート開催予定ですが…

1月16日(土)は、第37回新潟ジャズストリート開催予定です

今回は、コロナ禍の開催予定で、演奏者を県内に限っての開催のようです。
また、いつものようにチケットの事前の前売りもありません。緊急事態(中止、、その他)に対応しやすいようにでしょうか。

もちろん、感染対策も厳しく、、以下のお願いが掲げられてます。

 

新型コロナウイルス感染防止対策のお願い

 

1.店舗会場の客席収容率は50%となります。状況によっては入場制限をする場合があります。

2.ご来場者の皆様に連絡先(氏名・電話番号・体調)を名簿に記載していただきます。

3.各会場での検温にご協力お願いいたします。体調不良の方は、入場をご遠慮ください。

4.マスクの着用、手指の消毒、室内の換気などにご協力お願いいたします。

5.感染状況により、感染防止対策の変更やイベント開催を中止する場合もあります。

ご了承お願いいたします。

 

 

と、あります。

 

 

2021年1月16日(土)「第37回新潟ジャズストリート~デューク・エリントン・メモリアル~」

会 場 古町・駅南地区20会場

料 金 フリーパスチケット1000円(中学生以下無料)

時 間 12:00~23:00(演奏時間は会場により異なります)

ライブ数 105組(コンボ98組、学生ビッグバンド4組、社会人ビッグバンド3組)

出演者数 578名(コンボ384名、学生ビッグバンド137名、社会人ビッグバンド57名)

 

 

さて、新潟は感染者は首都圏から比べれば大変少ないですが、やはり増えている傾向にあります。

また、様々な行事を自粛させる世の中の流れもあります。

どうことなるでしょう…

 

 

んじゃ、退散♪

2021年1月 9日 (土)

甘く穏やかな時の流れ… 『On Vacation / Till Bronner and Bob James』

On_vacation
 
珍しく、新潟市内も大雪。。
雪かきに追われ、お疲れです。。
豪雪地方の方々の苦労を考えると、微々たるものなんですけど。。
 
そんな状況と真逆のアルバム。
ドイツ出身のティル・ブレナーと米国出身のボブ・ジェームスのお初のコラボ。
でも、録音したのは南フランスのプロヴァンス地方だそうです。
めちゃ、お洒落なアルバムの写真は、ブレナーの写真だそうです。
アルバム観ただけで、とても印象に残りますよね。
ブレナーは、お得意のスイート・ヴォイスで3曲で歌っています。
渋いお姿からは想像つかない甘い甘い声、歌い方なのですよ。
 
サポート・メンバーは、曲によって変わるのですが、2人の朋友たち、、と、いったところなのでしょうか。
 
オープナーは、美しいバラッド「Save Your Love for Me」。フリューゲルの膨よかな音色が心の扉を解放、リラックスさせます。
ジェームスのオリジナル、ボサ・テイストの「 Lemonade」。マイケル・フランクス張りのふんわり甘い歌声で気分は一気にヴァカンス。
同じくジェームスのオリジナル「Late Night」、ブレナーのトランペットとジェームスのピアノが少し緊張感ある演奏。
ブレナーのオリジナル「Lavender Fields」、都会的なトランペットと洗練されたピアノ。

ニール・セダカの「September Morn」、雨音から始まり、しっとりしたフリューゲルが美しすぎる。。
ジェームスのオリジナル「Elysium」、本来の明るさリズミカルな陽な演奏。
ブレナーのヴォーカルの入る「I Get it From You」、AORですね。
ジェームスのオリジナル「Miranda」、トランペットでシリアスな雰囲気。
ブレナーのオリジナル「Scent of Childhood」、やはり、彼のオリジナルは都会的、洗練された演奏に。

タイトル曲「On Vacation」はブレナーのオリジナル、ヴォーカルの入った明るく楽しい演奏。多重録音のフリューゲルととても息のあった(当たり前!)演奏。ジェームスのキーボードもピアノもキラキラ輝いてる。
ドラムで参加しているハーヴィー・メイソンのオリジナル「Sunset Vale」、美しい光景が浮かんでくる。
終演は、デキシーの曲で「Basin Street Blues」、ブレナーのフリューゲルが味わい深い。
そして、ボーナストラック、「 If Someone had Told Me」、2人の静かで穏やかなデュオで。。
 
穏やかで、ロマンチックな時間が流れます。
ボブ・ジェームスはフュージョン畑の人ですが、フュージョン色は極めて薄いです。 
インスト演奏と、ヴォーカルのギャップが面白いですねぇ。
 
 
1. Save Your Love for Me
2. Lemonade
3. Late Night
4. Lavender Fields
5. September Morn
6. Elysium
7. I Get it From You
8. Miranda
9. Scent of Childhood
10. On Vacation
11. Sunset Vale
12. Basin Street Blues
Bonus Track
13. If Someone had Told Me 
 
 
Till Bronner (flh, tp, key, vo)
Bob James (p, key)
 
Christian Von Kaphengst (b)
Yuri Goloubev (b)
 
Harvey Mason (ds)
Wolfgang Haffner (ds)
David Haynes (ds)
 
今日のおまけは、ボブ・ジェームスがあげていたちゃめっけたっぷりな「On Vacation」。渋い2枚目路線からは想像できない、ティル・ブレナーの甘々な声をどうぞ。
 /div>
 
 
雪の被害のお見舞いを申し上げます。 
 
んじゃ、退散♪

2021年1月 3日 (日)

『John Piano Solo / Marc Copland』を聴きながら「☆ 2021年 たった一つの願いこと☆

2021年もよろしくお願いします。m(_ _)m

 ★今年は辛丑で〜す★

そうです、丑年ですよ。まぁ、ゆっくりと歩んでいきましょう。

 

毎年、冒頭を飾るのは、女性アーティストのアルバムと決めていたのですが、
今年からは、年末にやってきて、ブログ・アップしそこなったアルバムにいたします。

『John Piano Solo / Marc Copland』

 

John

タイトルを見ると、お正月から、、ちょっと胸がキュンとしそうです。
2017年8月22日に鬼籍にはいった、マーク・コープランドの親友ジョン・アバークロンビーの追悼盤。
息の合った演奏で、数々の共演作を残した2人…コープランドが全曲アバークロンビーの曲を独りで弾いています。

オープナーの「Timeless」からリリシズム溢れるコープランドのピアノに魅了されます。
コープランドの個性的なハーモニーで幻想的な「Isla」。内向きだけど躍動感のある「Flip Side」。
渦巻のような揺れの中にいるような「Sad Song」。
暗く流麗な「Avenue」。どこか可愛らしさのある「Sunday School」。
静謐な中に光のさす「Remember Hymn」。不思議の国の玉手箱「Love Letter」。
終演は、警鐘を鳴らすような「Vertigo」。終わった後に闇が押し寄せてくるような気がする。

2人の内省的な性格が、見事に浮かび上がった作品。
静かな夜に、独りで聴きたいですね。

工藤さま、探し出してくださって、、ありがとうございました!

1.Timeless
2.Isla
3.Flip Side
4.Sad Song
5.Avenue
6.Sunday School
7.Remember Hymn
8.Love Letter
9.Vertigo

Marc Copland (p)

今日のおまけは、ご本人があげていた「Timeless」。

 

 

沁みるぅぅ〜

最後に、

 

すずっく2021年はたった一つの願いこと

それは、コロナ禍の収束です。

 

皆さまが、安全であることを祈ってます。どなた様も、どうか健康でご無事であられますように!

今年もよろしくお願いいたします!m(_ _)m
んじゃ、退散♪

2020年12月30日 (水)

★ すずっく2020 ジャズ・インスト 編 ★

★ すずっく2020 ジャズ・インスト 編 ★
 
一年間、あっという間でしたね。
ボヤいても、しかたないのですが、、ライブの回数がぐっと減りました。
上京は、しばらく控えるので、地元に来たミュージシャンたちを見逃さないようにしているのですが、、
来年は、状況がかわるといいのですけど。。
 
 

Budapest_concert_20201228155401

全編、即興演奏のお手本のような演奏が並ぶ。
人間の持つ様々な感情(喜怒哀楽)に結びつく音が、細胞に潜り込んで刺激を与える凄さ。
 

From_this_place_20201228155401

共演を重ねた阿吽のカルテットの演奏に、新鮮さやスケール感を求めオーケストレーションを加え、ピンポイントで彩るゲストを迎えた彼の理想郷の音風景。完璧主義者パット・メセニーの音楽人生の集大成ともいえる豪華盤、心を奪われ続ける大スペクタル。
 

Lequilibrio_di_nash_20201228155401

年の瀬にやっと届いた見逃し盤。二人のストレートな歌心が素晴らしい。フレスの歌心がたまりません。

 
 

There_is_a_tide_20201228155501

ピアノなどの鍵盤楽器から、ギターやベースの弦楽器、ドラムやパーカッションの打楽器、そして本家のリード楽器、、全ての楽器を彼自身が演奏し、多重録音したもの。カラフルな色合いはクリポタ一色。
 

Avishai_cohen_big_vicious_20201228155501

孤高感漂うトランペットを真ん中に置いて、現代的な手法を使いこなし、グルーヴばっちりの幻想的な空間に仕上げてる。
ダンサンブルでダークでもある、想像超えのかっこよさ。
 

8_20201228155701

 
 
 Time_remembered_20201228123201
 
Swallow_tales_20201228155701
 
61nqjbdo0bl_ac__20201228155701
 
 
Songs_from_home_20201228155801
 
 
番外編は、、クリポタを聴くまでランクインしていたのは、私的北欧の三種の神器揃いふみだった『Taste of Honey / Ulf Wakenius』。
 
そして、届くのが遅くて、間に合わなかったのが、工藤さんが教えてくれた『John Piano Solo / Marc Copland』.
 
 
今年のブログアップは、今日までです。
 
今年も、大変にお世話になりました。m(_ _)m
 
来年もよろしくお願いいたします!!
最後に、コロナでお亡くらりになった方々のご冥福を心よりお祈りいたします。
コロナの被害に遭われた方々、お見舞い申し上げます。 
 
んじゃ、退散♪

2020年12月29日 (火)

★ すずっく2020 ジャズ・ヴォーカル 編 ★

★ すずっく2020 ジャズ・ヴォーカル 編 ★
年末恒例の私的ベストです。
今年は、気がついたらリリースされてた、、と言う、盤が多かったです。。
 

Secrets_are_the_best_stories_20201228145301

ダニロ・ペレツとの共作。明るさやポップな部分は少ないけれど、2人の鋭い知性と豊かな情感を併せ持った演奏が詰まっている。

現代ジャズの最前線に立つジャズ・ヴォーカリストが真髄発揮。

 

Pick_me_up_off_the_floor_20201228145301

個人的な体験を通して生まれた曲たちだけど、私たちに、力と勇気を与えてくれるアルバム。
親しみやすいメロディで、癒しの歌声で、強い想いがこもってる。
 

Faces_20201228145401

歌と楽器の境目が薄く、柔らかく繊細な音のハーモーニーにうっとりするファンタスティックな音風景。
ざっくりとした空気感のある穏やかな色彩を纏う歌声が、ふんわりと優しい光に包まれた抒情的な癒しの空間に誘います。
 

Sunset_in_the_blue_20201228145401

気怠く魅惑的な雰囲気、ほんの少しだけ、自然な感じのビブラートが入る声に滲み出る情感の発露。
まるで、映画のワンシーンを、次々に観ているよう。
 

It_is_what_it_is

見えないウィルスに怯え、日々を戸惑う我々の、ダンサンブルなストレス・バスター。
極上メロウ&メランコリックで宇宙を行き交うファンタジーなサウンド。
 

Weve_just_begun_20201228145001

Come_in_from_the_rain_20201228145001

Stations_20201228145101

 

The_women_who_raised_me_20201228145101

 
 
The_cole_porter_songbook_20201228145201
 
 
番外編は、今年CDリリースされた『Queen on the Hillside / Jeanette Lindström』。

本来は、2012年に録音?リリース予定だったらしい。

来年は、どんなヴォーカリストのアルバムを聴くことができるだろうか。
たのしみです。
 
んじゃ、退散♪
 

2020年12月28日 (月)

クリポタ色に染まったカラフルな作品 『There Is A Tide / Chris Potter』

There_is_a_tide_20201228174201
 
クリス・ポッターの新譜は、このコロナ禍の中で、一人多重録音をしたアルバム。
サイン付きのカードが欲しいばかりに、レーベルから飛ばしたのはいいのだけど、、
何を血迷ったか、、レコードの選択をしてしまいました。
レコードは、とても好きなのですけど、かけるのに時間と場所を選びますよね。
と、、いうことで、年末のギリギリになってしまいました。汗
 
前回の時にブログにでも触れましたが、ここに使われている楽器を全て自分で演奏しています。
 
A面オープナーの「I Had a Dream」から、爽やかなクリポタ・サウンド。
ゆったりしたハーモニーからブリブリとクリポタ節がくる「Like a Memory」。
明るい色彩感覚の「Mother of Waters」の美しいハーモニー。
変拍子全面押しの「Rising Over You」、一人でバトル。
落ち着いた色合いの「Oh So Many Stars」。
 
ここで、B面へ。
 
B面、オープナーは、ポップな感覚の「Drop Your Anchor Down 」。
「Beneath The Waves 」、イケイケ、躍動感満載。
優しいメロディ「Rest Your Hand」。美しいメロディとフルートに心奪われる「As The Moon Ascends」。
終演は、覚悟を感じる曲調と演奏「New Life (In The Wake of Devastation)」。
 
 
彼が、ピアノやギターを弾いている動画は観たことがあるのですが、ここまで本格的に演奏しちゃうとは…。火事場の力持ちをはるかに超える才能ですねぇ。
専門外は、専門家に任せなさいとか言う人は聴かなくていいですよん。
 
まぁ、煽りまくるドラムとか、ピアノとか、ギターとか、、いないわけですから。。
いつもよりは、ブリブリ感は低めですけど、やっぱり、ブリブリ吹いています。笑
 
クリポタ色でそまったカラフルな作品でっす。
 
a1. I Had a Dream 
a2. Like a Memory 
a3. Mother of Waters 
a4. Rising Over You 
a5. Oh So Many Stars 
 
b1. Drop Your Anchor Down 
b2. Beneath The Waves 
b3. Rest Your Hand 
b4. As The Moon Ascends 
b5. New Life (In The Wake of Devastation)
 
Chris Potter (ts, ss, cl, b-cl, fl, a-fl, p, keys, el-g, ac-g, el-b, ds, perc, samples)
 
今日のおまけは、ご本人があげていた「I Had A Dream」。
 
 
サイン付きのカードは、レコード一緒に大事にしまってます。
今年は、コロナ騒ぎで嫌なことばかりでしたが、ブラッド・メルドー、フレッド・ハーシュ、このクリス・ポッター、、他、沢山のアーティストたちが、今しか考えられないアルバムをリリースしてくれました。
ちょっと、救われますよね。
 
んじゃ、退散♪

2020年12月27日 (日)

『ジャズ批評 219号』がでました〜♪

219

 

特集は、ずばり!

●●●●◎◎◎◎●●●●◎◎◎◎●●●●

 

『チャールス・ミンガス 』

 

●●●●◎◎◎◎●●●●◎◎◎◎●●●●

ミンガスの軌跡やディスコ・グラフィーなどが記されています。
チャールス・ミンガスのソングブックの頁が興味深かったです。
好きな曲が多いなぁ。

 

いつもの「新譜紹介」は、4枚。

 

★『Abstract Messages / Bungalow』★

 

★『There Is A Tide / Chris Potter』★

 

★『Trio Grande / Will Vinson, Antonio Sanchez, Gilad Hekselman』★

 

★『Songs From Home / Fred Hersch 』★

 

ブログでの紹介が、追いついてないなぁ。。汗

 

次号の特集は、マイ・ベスト・アルバム2020です。

締め切りは1月8日(金)です。
是非、ご応募くださいね!

 

んじゃ、退散♪

«ミラクル! 「European Christmas Quartet @ Jazz FLASH (12/25)」

無料ブログはココログ