2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

音楽で拡がる輪

2021年6月16日 (水)

探求者メルドー 『Variations on a Melancholy Theme / Brad Mehldau & Orpheus Chamber Orchestra』

Variations_on_a_melancholy_theme
 
ブラッド・メルドーの新譜は、オルフェウス室内管弦楽団とのコラボ作。
オルフェウス室内管弦楽団は、基本構成は、弦楽器16名、管楽器10名の計26名のようだが、今回は、弦楽器21名、管楽器14名、打楽器3名、総勢38人。
 
ブラッド・メルドーがロシア出身のピアニスト、キリル・ゲルシュタインに作曲した曲を、オルフェウス室内管弦楽団とレコーディングしたものらしい。
テーマと11の変奏曲、カデンツァと後奏曲、アンコールとして2曲も追加で、34分。
オープナーは、どこか遠い目を思わせる「Theme 」。メルドーの端正なピアノが心のドアを開ける。そして、シームレスに次々と変奏曲がはじまる。
さまざま、テーマを膨らませ、メルドーのピアノとオーケストラが一体となって違う世界違う世界と次々と扉をあけていく。メランコリックなメルドー節は随所で健在で、さすがだなぁとか思う。
力強い「 Cadenza」、重厚壮大な「Postlude 」をへて、終演はアンコールで変奏曲「""X"" & ""Y""」。駆け抜けた独奏3分超えに拍手の嵐。
 
探求者メルドーが、見出したジャズとクラシックの新たなクロスロード、中身は濃い34分間。
1. Theme 
2. Variation 1 
3. Variation 2 
4. Variation 3 
5. Variation 4 
6. Variation 5 
7. Variation 6 
8. Variation 7 
9. Variation 8 
10. Variation 9 
11. Variation 10 
12. Variation 11 
13. Cadenza 
14. Postlude 
15. Encore: Variations ""X"" & ""Y""
 
Brad Mehldau (p)
Orpheus Chamber Orchestra
 
今日のおまけは。ご本人のトピックスから「Theme 」。
 
 
 
んじゃ、退散♪

2021年6月13日 (日)

クリポタさまが表紙なので…

The Sax という、サックスの専門誌がクリポタさまが表紙なの…

The_sax_105

 

先日、某サックス奏者がFacebookで、、
「クリポタさまの表紙につられてサックスの専門誌を買ってしまった」
と、、書き込みしていた。

私は、まったく演奏はしないので、、専門誌には興味ない。(きっぱり)
なまじ読んだりすると、、彼らもこういうの読んで演奏するのか?

とか、、いらんことをおもってしまいますし。。

 

ええと、、美容室に行くと女性週刊誌を読ませてくれますよね。
表紙のタレントさんや、アイドルさんを見ても、、ピンとこない。。
歳なんだろうなっ。。汗
そういう時に、こういう写真に釣られて週刊誌を買ったりする人ってどのくらいいるの?
なんて、冷ややかにおもったりもしている。

が、、今回、、
「インタビューものっているぞ、、ダンディな写真もあるぞ、、」
って、追い討ちをかけられて、ポチった。汗

しみじみ。。眺める。やっぱり、かわいいぃぃ!!
でも、少し、、お太りになったかしら??
やっぱり、おうちにずっといると体重ふえるよなぁ。。と、親近感を持つ。笑

インタビューの日本語、、ちょっと、不自然なんじゃない?とか、、思いつつ。。
でも、インタビュアは、日本人だよねぇ。。??とか、思いつつ、、

近くに寄れて、、いいなぁ。。爆

独りアルバムだった『There Is a Tide』には、人種差別への想いも入っているんだって。

トレーンさまの『Alabama』を引き合いに出していた。

彼のアルバムの1曲目は、マーティン・ルーサー・キング牧師の有名な演説「I Have a Dream」に、インスパイされたんだそう。

コロナ禍になって、ぶっ飛んだツアーのメンバーがビルフリさま、クレッグ・タボーン、エリック・ハーランドだったんだ。。
そりゃ、悔しいだろう。

「メンバーを集めるだけでも大変だった」

って、そうだろうそうだろう。。そうだろう。。大変だっただろうなぁ。。
まぁ、でも、家族とゆっくり過ごせてよかったって、ポジティブ!

そう、彼のドリーム・バンドは、デューク・エリントン、ジミー・ギャリソン、そして、エルビンさまだって。

あ、「ピアノはマッコイでもオッケー」、って、笑える。

『Sunrise Reprise 』では、本当に本当に演奏が楽しかったんだね。
最後の曲、メンバー全員が、、爆発してたものなぁ。。終わりたくなかったのだとおもう。

 

日本のファンには、「まず、健康第一」だって。
優しい。。はい、気をつけます。そして、


「今だからできることを探して、日々の努力をおしまいないこと」
「あとから、コロナ禍だったから、時間を無駄にしてしまった。。って、思わないようにね」

って。
きゃ〜、、やっぱり、ポジティブ!!

私の最後の感想、、やっっぱり、ジョン・コルトレーンが好きなんだな。
と、唐突に思ったしだいです。爆

当然、、サックス周辺の機器についても話してます。
私的には、もちろん、割愛!!

では、また〜♪ 笑

 

でもまぁ、、

テナーのメイン Mark Ⅵ(9万6千番台)

マウスピース  オットー・リンクのフロリダ時代の8番くらい

リード            D'Addario  Select Jazz Unfieled 2H

リガチャー   フロリダ時代の純正なもの

 

ソプラノメイン Mark Ⅵ

マウスピース  オットー・リンク スラント 7番くらい

 

スクリュー   石森楽器製

 

んじゃ、退散♪

 

2021年6月12日 (土)

エレベたっぷり♪ 『Another Land / Dave Holland 』

Another_land
 
イングランド出身で、NYで活躍するベーシスト、デイブ・ホランド。
新譜は、エレべ、ギター、ドラムという編成だが、、ジャズ・ギター・トリオのイメージとは大きく遺脱する。
近年、ホランド閣下がお気に入りの民族楽器もみあたらない。
ホランド閣下が4曲、ケビン・ユーバンクスが4曲、オベド・カルヴェールが1曲で全9曲。
 
オープナーは、エレベがお腹を直撃するユーバンクス曲「 Grave Walker」。冒頭から変態技炸裂!
タイトル曲はホランド閣下の曲「Another Land」、落ち着いたミステリアスな曲調、ユーバンクスのちょっとメロウなサウンドが素敵。
カルヴェール曲「Gentle Warrior」、この不穏な雰囲気に時折はいるバスドラが効きまっす。
ベースもギターも高速のレベルがふた頭くらい違う超絶ソロの連続
ユーバンクス曲「20 20」、ホランド閣下とユーバンクスの絡みがかっこいいっ♪
 
ホランド閣下の曲で「Quiet Fire」、静かにながれるギターの美しさ…ユーバンクスのソロで。
変拍子に長けていて、えげつない高速フレーズから、メロウで美しい演奏まで幅広いユーバンクスさまの真骨頂。
 
ユーバンクス曲「Mashup」、冒頭から嵐の予感!うねうねうねるベース、切れ味の良いギターカッティング、押せ押せのドラム。ドラムの暴れっぷりが素晴らし過ぎ。
ホランド閣下の「Passing Time」、ブルージーに構えたギター、腰を据えたベース、3人の息はぴったり。
実験的なサウンドではじまる、ユーバンクス曲「The Village」。ギターのディストーションを効かせた音が攻撃的。終演に向かって一気に集束。
終演は、ホランド閣下の「Bring It Back Home」、スローでちょいアーバン、ギュインと歪むギターは懐かしいロック・テイスト。
 
ベースがかなり饒舌で、キレキレのギターが自由自在、タイトなドラムが各所でプッシュしまっくている、、三者平等のファンク色の強いパンチの効いた(古っ)内容。
でも、イケイケの曲ばかりでもなく、メロウだったり、アーバンな感じだったり、みんなでやりたいことをやりました。。って、感じか。汗
 
1. Grave Walker
2. Another Land
3. Gentle Warrior
4. 20 20
5. Quiet Fire
6. Mashup
7. Passing Time
8. The Village
9. Bring It Back Home
 
Dave Holland ( b, el-b)
Kevin Eubanks (el-g)
Obed Calvaire (ds)
 
今日のおまけは、ホランド閣下ご本人があげていた「Mashup」。
 
 
んじゃ、退散♪

2021年6月 9日 (水)

爽快っ! 『Songs From The Heart / 太田 剣 with 和泉 宏隆』

Songs_from_the_heart_20210609124901
 
2006年にVerveレーベルより鮮烈デビュー、多くのプロジェクトやアルバムに参加してきた実力派アルト・サックス奏者、太田 剣。
新譜は、子どもの頃からファンだったという元ザ・スクェアのキーボード奏者、故和泉 宏隆との巡り合いから共演を重ねた作品。今年の2月にレコーディングし、太田オリジナル8曲、和泉オリジナル2曲の全10曲で勝負。
 
オープナーは、疾走感と爽やかさ満載の「Song for The New Life」。まるで、大空に羽ばたく感じ。
どこかノスタルジアな「Greenhouse」、素敵なメロディ、優しいベース・ソロ。
「Travelin' Clock」、はるか遠くに続く道の前後は現在。叙情あるサックス・ソロ。
冒頭のハード・ボイルドな雰囲気が好き「Secret of The Stones」、ドラムにプッシュされながらサックスが踊る。
透明感あるピアノのソロの美しい「Rain」、晴れた日だって外は雨模様。
明るくポジティヴな「Two by The Pond」、楽しさが溢れている!
和泉作「After The Ship has Gone」、映画のワンシーンからインスパイアされてできた曲。風景や物語を感じる。しっとりしたサックスが陰影ある心情を浮き上がらせる。
もい1曲和泉作「Love Ballad」、ご本人いわく「唯一のジャズ・バラッド」だそう。サックスとピアノのしっとりした演奏にうっとり。
「Crossroad」、バグ・パイプのイメージだそうで、心に秘めた強さ。
終演は、ご本人のお人柄があらわれるような優しくしっとりした曲「Hardware Love」。
じんわりと沁みてきます。。
T-SQUAREを退団後は、ジャズ・ピアニストとして研鑽してきた美しいピアノを弾く和泉氏をフィーチャーした華麗なリズム陣をバックに、感性豊かなサックスが熱い想いを吹き込む。
多くが美しく前向きになれるメロディーと響きがあり、大空を羽ばたいるような開放感…爽快っ!
 
 
1. Song for The New Life
2. Greenhouse
3. Travelin' Clock
4. Secret of The Stones
5. Rain
6. Two by The Pond
7. After The Ship has Gone (Hirotaka Izumi)
8. Love Ballad(Hirotaka Izumi)
9. Crossroad
10. Hardware Love (Ken Ota)
 
太田 剣 (as, ss)
西嶋 徹 (b)
河村 亮 (ds)
Special Guest
和泉 宏隆 (p)
 
今日のおまけは、ご本人があげていた「Two by The Pond」。
 
 
 
大変残念なことに、和泉 宏隆氏は4月26日に鬼籍にはいってしまいました。
このアルバムがラスト・レコーディング。
『若い頃、ジャズ・ピアニストになりたくってさあ』が口癖だったとか…願いが叶ってよかったですね、
心より、ご冥福をお祈りいたします。合掌。
 
んじゃ、退散♪

2021年6月 6日 (日)

なんだか超カッコいい 『Purest Form / James Francies』

Purest_form
 
米国のキーボード奏者、コンポーザーのジェームズ・フランシーズ。
時代の寵児とでもいうのだろうか。。
パット・メセニーやクリス・ポッターという超大御所に一目おかれ、
ブルーノートからの2作目のリーダー作には、現代進行形のジャズの気鋭な奏者が集まっている。
 
ヒューストン生まれのフランシーズ、アルバムの中心になっているトリオのメンバーは、ヒューストンからの朋友であるベーシストのバーニス・トラヴィスとドラマーのジェレミー・ダットン。
そこに、レーベル・メイトや共演者たちがゲストで参加する。
ヴォーカルをフィーチャーした曲もあって、これがたまらなくカッコいい。
そう、、一言で言えば、、「なんだか超カッコいい」アルバムなのですよん。
 
オープナーは、コズミックサウンド風に歪んだサウンドに、彼のパートナーであるブレンダ・フランシーズがナレーションをつけた序章的なトラックから。一気に別次元にぶっ飛びます。
トリオでいきなりフルスロットルな「Levitate」複雑で難解な楽曲での動きのあるやりとりは最後まで緊張感を保ち超人技。
イマニュエル・ウィルキンスのアルトが大爆発する「Transfiguration」。
一転、メロウでキュートなペイトンのヴォーカルがフィーチャーされた「Blown Away」は涼やか。
ドラムレスで優しいエリオット・スキナーなヴォーカルが穏やかに響く「 Rose Water」。
 
トリオにアルトのイマニュエル・ウィルキンス、ヴィブラフォンのジョエル・ロス、ギターのマイク・モレノが参加した「My Favorite Things」。
スタンダードがこんな風にアレンジされ、演奏されるとは。。アグレッシヴで、各自の瞬時応酬も高速ソロも想像を絶する展開、変化につぐ変化。崩壊寸前のブチギレかた…でも、カラフルで軽やか。
 
弦楽四重奏とフランシーズで演奏する「Stratus」。
トリオ演奏の「713」は、故郷ヒューストンへのオマージュ作。プラスチックのかけらのようなピアノの音が印象的。
ドラムプログラミングとのデュオ「Melting」では、ヴォーカルも披露。
トリオにイマニュエル・ウィルキンスとジョエル・ロスが参加した「Where We Stand」、ジョエル・ロス圧巻。
フランシーズのお父さん?の話がのった「Freedmen’s Town」。
ネオ・ソウルの奇才、ヴォーカルのビラルとマイク・モレノのギターが加わった「Eyes Wide Shut」、他のヴォーカル曲にはないキリキリした緊張感が好き。
弦楽四重奏と言葉で構成される「Still Here」。
終演は、フランシーズのソロでヴォーカルも入る「Oasis」、まるでミサ。
急激に多様化する現代ジャズの進化の担い手として前進あるのみ!
 
 
1. Adoration
2. Levitate
3. Transfiguration
4. Blown Away feat. Peyton
5. Rose Water feat. Elliot Skinner
6. My Favorite Things
7. Stratus
8. 713
9. Melting
10. Where We Stand
11. Freedmen’s Town
12. Eyes Wide Shut feat. Bilal
13. Still Here
14. Oasis
 
 
 
James Francies (p, key, vo)
Burniss Travis III (b)
Jeremy Dutton (ds)
Immanuel Wilkins (as)
Joel Ross (vib)
Mike Moreno (g)
Bilal (vo)
Peyton (vo)
Elliot Skinner (vo)
DJ Dahi (drum programming)
Francesca Dardani (vin)
Sulamit Gorski (vin)
Tia Allen (vla)
Marta Bagratuni (vc)
 
今日のおまけは、ご本人があげていた「Eyes Wide Shut」。
 
 
んじゃ、退散♪

2021年6月 5日 (土)

9月にカート・エリングがチャレンジャーな新譜をだす!!

2021 年 3 月に 2 回目のグラミー賞を獲得したスーパー・ヴォーカリスト、カート エリングが9月に新譜をだすようです♪
Edition Recordsのホーム頁では既にプレ・オーダーがはじまってまっす!
 
 
★ SuperBlue / Kurt Elling ★
 

Superblue

今までにないセッションのようで、ギタリストのチャーリー・ハンターと、ヒップホップ世代の2人の奏者、ブッチャー ブラウンのドラマーのコーリー・フォンヴィルとキーボードの DJ ハリソンが参加。DJ ハリソンは、ベースの役も担う感じ。

今まで以上にグルーヴ満載のアルバムになりそう!
 
1. SuperBlue 
2. Sassy
3. Manic Panic Epiphanic
4. Where To Find It 
5. Can't Make it With Your Brain 
6. The Seed 
7. Dharma Bums 
8. Circus 
9. Endless Lawns 
10. This Is How We Do
Kurt Elling (vo)
Charlie Hunter (g)
DJ Harrison (key)
Corey Fonville (ds, pec.)
 
 
Edition Recordsでは、「Sassy」が1曲試聴できま〜す。
 
んじゃ、退散♪

2021年6月 2日 (水)

これはめちゃくちゃ沁みる…『Cathedral / Philipp Schiepek & Walter Lang 』

Cathedral_20210602090501
 
ピアノの詩人と呼ばれるドイツの人気ピアニスト、ウォルター・ラングの新譜は、ACTレーベルからリリースされたギターとピアノのデュオ作品。
ギターは、「未来を約束されたギタリスト」と評される26歳のドイツの天才ギタリスト、フィリップ・シーぺック。
ジャズとクラシック・ギターの語法をマスターしたスタイルで、洗練されたハーモニーと繊細なダイナミクスを持つ、若干26歳のドイツで超注目株の若手ギタリスト。
全11曲がオリジナル、9曲がラングの曲で、2曲がシーペックの曲。
 
オープナーは、中東の街角にでも迷い込んだような「Sumniran」。
タイトル曲「Cathedral」のぐっと想いのこもった真摯な雰囲気。
「Estrela Cadente」、ピアノ詩人の力を遺憾なく発揮し、クラシック・ギターと美しく溶け合い美しい。
琴の調べのようなピアノとギターのアンサンブル「Kamo」は、日本情緒を感じる。
静かな時のの流れを感じるシーペックのオリジナル「Pilgrimage 」、2人のソロも素敵。
「Meditation in Ten」、裏に表になりながら次第に夢の世界に誘う。
牧歌的な旋律が心を和ませる「Gliding over Meadows 」。
 
シーペックが繊細なソロで奏でる前奏曲「Prelude To the World Is Upside Down 」。
「The World Is Upside Down」、少しアップテンポで息のあった演奏が続く。
ゆったりしたテンポにもどり、仄暗さと微かな明るさが混じり合う優しさに満ちた「Light at the End of the Tunnel 」。
終演は、全世界に向けた「The Encourager 」、希望に満ちた柔らかな流れ。
 
探究心旺盛な2人の演奏は、静かに語らうような厳かな雰囲気。
そして、ピアノとギターのナイロン弦が溶け合うような優しいハーモニーで穏やかに音楽を紡いでゆく。
互いに一音一音を確かめるような演奏は、心に沁みる。
聴くもの全てを優しく包み込むような深い響きを持った美しく繊細な空間…癒しの時間。
 
1.Sumniran
2.Cathedral
3.Estrela Cadente
4.Kamo
5.Pilgrimage
6.Meditation in Ten
7.Gliding over Meadows
8.  Prelude To the World Is Upside Down
9.The World Is Upside Down
10. Light at the End of the Tunnel 
 
Phillipp Schiepek (g)
Walter Lang (p)
 
今日のおまけは、ギタリストがあげていた「The Encourager 」。
 
 
んじゃ、退散♪

2021年5月30日 (日)

創造力が溢れ出る 『Sunrise Reprise / Chris Potter』

Sunrise_reprise
 
手違いあって、、やっと、届きました! 注文したと思い込んでいたのでありました。汗
見事な出遅れ♪
 
クリス・ポッターの新譜は、私的最強伝説を更新した『Circuits』からの継承作。
キーボーディストのジェームズ・フランシーズとドラマーのエリック・ハーランドをフィーチャーしている。
自分は、テナーとソプラノサックスの他、クラリネット、フルート、そして、キーボードとマルチ奏者ぶりを発揮、どの楽器も惚れ惚れする吹きっぷり。
このアルバムの録音は、2020年9月、米国で外出制限が解除された直後、過去数ヶ月の思いがどどっと込められた演奏となりました。
 
オープナー「Sunrise and Joshua Trees」は、シンセのコズミック的なサウンドからはじまり、深呼吸をするようなテナーサックスの音が入ったとき、その音色に気持ちが解放される。3人の音が重なるとき、これから起こる予兆に期待がいっぱいになる。
「Southbound」、抒情を感じつつも、まさに丁々発止、神業インタープレイ。ハーランドのドラムの切れ味素晴らしい!!
「Serpentine」、アップテンポで複雑難解なサックスラインを何事もないように拭き切ってしまい「来た〜!」と、心で叫ぶ。いかにも、クリポタって感じ。キーボードとドラムの沸き上がるようなプッシュも凄い。
フランシーズのピアノとサックスのデュオの「The Peanut」、しっとりした2人のやりとりにうっとり。アルバムのオアシスか。
 
美しいフルートから始まる「Nowhere, Now Here/Sunrise Reprise」は、このトラックだけで24:24!
テナーサックスに引き継いでから息もつかさぬ怒涛の攻め、途中からサンプラーの雲間にサックスやキーボードが雲隠れする実験的な経過をへて再び脅威のサックスプレイを堪能。最後の最後はドラムとキーボードで終演。
 
創造力、魂の叫び、いろいろな想いが溢れ出るように湧きあがるエネルギッシュな作品でした。
再び、彼らと地球外への旅に出ることを幸せに思います♪
 
1. Sunrise and Joshua Trees
2. Southbound
3. Serpentine
4. The Peanut
5. Nowhere, Now Here / Sunrise Reprise
 
Chris Potter (ts, ss, cl, fl, sampler/key)
James Francies (p, key)
Eric Harland (ds) 
 
今日のおまけは、ご本人があげていた「Serpentine」。
 
 
んじゃ、退散♪

«友人が、小林 陽一氏のジャケット絵を描いた!!

無料ブログはココログ