2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

音楽で拡がる輪

休日かふぇ

2012年10月21日 (日)

休日かふぇは「The Beauty Of Sadness / Sinne Eeg」で決まり。。

おやすみの日には、、
こんな素敵な女性とデート。。。


★疲れたあなたに、、潤い補給だぞ。。★

The Beauty Of Sadness / Sinne Eeg

Beauty_sadness

Sinne Eeg (vo)
Peter Erskine(ds)  Jacob Christoffersen(p)  Morten Ramsbol(b) 
Gustaf Lunggren(g).....            デンマーク国立室内オーケストラ

デンマークの歌姫シーネエイ、ラーシュヤンソンとのアルバムが気に入って以来のファンです。ヴォーカルアルバムが少ないこのブログですが彼女はお馴染み様。ほとんどアルバムを自身でプロデュースしてきた才女でもありますが、この美貌も神様が与えた宝物ですよね♪
ビートルズナンバーからStrawberry Fields Forever。心の襞をふるわせるようなメロディをしっとりと。新譜が届いた五月頃はこのヴァージョンのせいでよくこれを口ずさんでいました。再演曲も含めシーネ様の曲が続くのですが、しっとりしたSilence、情感たっぷりWaiting For Dawnが特に好き。。タイトル曲のThe Beauty Of Sadnessのもつ不安感のような心模様も素敵です。そして、クリストファーセンのピアノの美しいこと。アースキンのドラムの繊細なこと。わたしが大好きなThe Peacocksでは歌唱力に改めてなっとく、ルグランのThe Windmills Of Your Mindで異国に誘われます。
彼女は、ナンシーウィルソン、ベティカーター、サラヴォーンを敬愛してるのだそうですが、わたしはナンシーウィルソンが1番影響を感じれレル気がします。そして、彼女も成熟した。。大人の女性の低音の魅力がいっぱい。ともあれ、感情の表現が素晴らしいと思うので、一緒に彼女の想い描くストーリーにのってしまいます。恋心、切なさ、そんな中での日常での小さな喜び、、忘れてしまった切ないまでの一途な気持ちを彼女と一緒に想い出せます。。

空気が澄んできた秋の日にどうぞ。

んじゃ、退散♪


最近のトラックバック

無料ブログはココログ