2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

音楽で拡がる輪

« 素晴らしすぎる世代間交流 『チャールス・ロイド Kindred Spirits @ ブルーノート東京 (9/4 1st)』 | トップページ | 天は二物を与えまくり 『Camila Meza & The Nectar Orchestra @ ブルーノート東京 (9/10 1st)』 »

2019年9月10日 (火)

迫力満点! 『三木 俊雄トリオ @ Jazz FLASH (9/9)』

三木 俊雄トリオ @ Jazz FLASH
三木 俊雄 (ts)   西川 直人 (org)  海野 俊輔 (ds)
 
69808236_1379174482260931_18425043596827
 
三木 俊雄トリオ、待ってました〜♪
私が、新潟でこのトリオを聴いたのが2015年なので、、4年ぶりでした!
その前年にも、聴いているので。。きっと、この間にもいらしているのだろうけど、私が行けなかったのだと思う。。
なので、夏の前から楽しみにしてました。
 
サックス・カデンツァから始まった「Hey, It's Me You're Talking To」、ドラムとオルガンが入って、それぞれソロを、のっけから盛り上がりますね!
三木さま主催の10人編成のFrontpage Orchestraで演奏している「Papillon」。元ネタもエレガントだけど、オルガンの美音が響く演奏もエレガントで美しかった。
またまた、サックス・カデンツァで始まった明るく楽しい「Nobody Else But Me」(って、言った気がする)。古いスタンダード。オルガンとドラムの息もぴったり、そこに乗っかるサックスもめちゃ楽しそ。
きた〜、映画「Round Midnight」で主人公の娘に捧げられた「Chan's Song」をダンディに情感たっぷりに。痺れた〜。
1stセット最後は、ショーターの「Yes or No」。高速のあのテーマが流れるとハードボイルでスリリングな演奏が続く。自分を自分自身で煽るオルガン、全身でキレッキレの音を叩き続けるドラム、ドラム・ソロが大迫力で心の中で飛び上がった!そして、2人のパワーを全身に感じながら、ひたすら突っ走るサックス。やった〜♪ 会場やんやの大拍手!
 
休憩時間は、おとなりの方と海外旅行のお話で盛りあっがったですね♪
 
オルガンの西川さま待ちで始まった、、2ndセットのオープナーは、ちょっとダークな色合いの「 Blue Man」。心踊る高速ソロ。セカンドも凄いことになりそ。
メセニー&ジョンスコのアルバムから「Say the Brother's Name」、メロディアスなソロはなんとなくブレッカーが頭を過ぎる。でも、とても温かな音色。
続いて、西川さまのオリジナル「郭公」、以前に、郭公の鳴き声から来ているって聞いたきがするのですが、、メロディは全然そんなかんじないのですが、そう思って聞くと、、時々「かっこー」って鳴く気がするから面白い。笑  またまた、みんなで大爆発!
続いては、三木さまの新譜にもはいってるかもしれない三木さまオリジナル「Saudade」。そのままブラジルの郷愁を感じるゆったりしっとりした演奏で。
終演は、海野さまオリジナル「Tainish」! 「Mirage」に入ってる、ジェフ・テイン・ワッツに捧げた曲。
本家は、サックスとトランペットが入った超ハードボイルドな演奏。もちろん、ワンホーンだって、この曲で、演奏が盛り上がらないわけがない。
ブロウ&ブロウのサックスを容赦なく攻めあげるオルガンとドラム。ドラムの躍動感、破壊力が半端なく、会場内、全員揺れてたと思うな。やんややんやで、終演。
 
拍手喝采!お疲れのところスタンダードをアンコールに演奏していただき、大変幸せな気分でございました。
 
左手でベースラインをひきながらのテクニカルなフレージングのオルガン、素敵な音だった…。
要所要所にアクセントが効いていて、躍動感満載、スティックワークにも惚れ惚れするドラム。
この2人に乗っかって、重厚さと繊細さ、豪放さとエレガントをを兼ね合わせたサックス!
紳士な口調でいて、現代テナーの技巧をばっちり盛り合わせているところが大好きです!
バンドがヒートアップ時の一体感、高揚感も半端ありません!
各自の音のコントロールが絶妙なので 絶頂感も半端ないのですね。
しかし、、小さな編成でオルガンって、最強な武器ですね。
 
岩井美子さま、マスター&女将! 素晴らしいライブをありがとうございます!
ちょっと、打ち上げにも参加させていただき、とても幸せな夜でした!
 
んじゃ、退散♪

« 素晴らしすぎる世代間交流 『チャールス・ロイド Kindred Spirits @ ブルーノート東京 (9/4 1st)』 | トップページ | 天は二物を与えまくり 『Camila Meza & The Nectar Orchestra @ ブルーノート東京 (9/10 1st)』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 素晴らしすぎる世代間交流 『チャールス・ロイド Kindred Spirits @ ブルーノート東京 (9/4 1st)』 | トップページ | 天は二物を与えまくり 『Camila Meza & The Nectar Orchestra @ ブルーノート東京 (9/10 1st)』 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ