2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

音楽で拡がる輪

« 柔らかな響きに包まれて 『夕暮れどきのUndercurrent @ 愛着珈琲出湯温泉喫茶室(阿賀野市)』 | トップページ | 素晴らしすぎる世代間交流 『チャールス・ロイド Kindred Spirits @ ブルーノート東京 (9/4 1st)』 »

2019年8月31日 (土)

めちゃ早い、、私的クリスマス・プレゼント『Undercurrent 3 @ Monk's Mood Jazz Club (8/30)』

『Undercurrent 3 @ Monk's Mood Jazz Club (8/30)』
Undercurrent3
Fabio Bottazzo (g)  Miho Nozawa (p)
 現在、NYCに在住の野沢美穂さんの一時帰国にあわせて、毎年、開催されている「Fabio & Miho Duo Live」。
今年も、2人の演奏が聴けましたぁ。
定刻に開演。まずは、ドラマチックなアレンジの「The Godfather Theme」、ファビオさんのお好きなニノ・ロータの名曲。2人の大胆なテーマの解釈、スピード感あるアレンジが野暮にならない。一気に聴衆を掴みました!
ちょっとMCを挟んで、ルイス・ボンファの「Samba de Orfeu」。美穂さんの好きな「Samba de Orfeu」。弾むようなサンバのリズムで2人が踊りまくり。相手の演奏を聴きながら素敵な反応の応酬。絶好調とみた!
ビートルズの「Norwegian Wood」、歌詞の内容は無視して(笑)。あの曲のもっている透明感、ミステリアスな幻想的な雰囲気が2人の選ぶ音によくでて、ノルウェーの森を彷徨いあるくよう。知的で品のある音の選択がよく似ている。
キメキメ、ユニゾンが楽しいオスカー・ペティフォードの「Tricotism」、2人の心がどんどん解放されて音楽にのめり込んでいく感じが、聴いていても楽しい。
1セット目の最後は、パット・メセニーの「Song for Bilbao」。明るく幸福感が満載の曲に、密度濃く、2人でぎっしりと音を埋めて!
15分くらいの休憩があって、、2セット目へ。
1曲めは、ガーシュインの「The Man I Love」、用事があって曲の半分は戸の外で聴いたのですが、、情感のこもった、それでいて力強さを感じる演奏、モダンでしたねぇ。
ジョナサン・クライスバーグの「Shadowless」。クライスバーグは、超絶ギタリスト、難曲だけど、裏に表にとスムース、そして、気がつけば一体感が半端ない。高速の現代曲は機会的になりがちだけど、次々と現れる2人の演奏にワクワク!
会場もあったまって、拍手や歓声もいい感じ。
ジャヴァンの「Flor de Lis」、ピアノがメロディを引いている時の、バッキングが躍動感があって素敵。逆も然り。
一転、柔らかなメロディを2人で紡ぐ「Heartland」。しっとりしたピアノ、丁寧なギター、優しい光に満ちた雰囲気が心を癒す。
終演は、ジスモンチの「Frevo」。哀愁あるメロディと裏腹に高速なフレーズを淀みなく弾きまくる2人。どんどん盛り上がって、、2人のこの曲の演奏大好き♪
と、拍手喝采!
アンコールは、美穂さんのオリジナルで「Twisted」。2人でじゃれあっているような曲、演奏。2人も先ほどの緊張感とは違う開放感ある感じで、とても楽しいっ!
まじで、絶好調だったんじゃないかなぁ。
一体感も半端なく、超尺のフレーズも淀みなく、2人の息のあった演奏でした!
予約以上のお客様で大盛況。姿が見えにくい席もあって、申し訳ない気分です。m(_ _)m
石田マスター、乙川さま、お世話になりました。m(_ _)m
そして、ファビオさん、美穂さん、今年も素敵な時間をありがとう。m(_ _)m
お忙しい中を お越しいただいた皆さま、本当に感謝です。
この後は、近くの居酒屋さんで楽しく打ち上げました!
ご本人たちから頂いた、セトリを貼り付けておきますね。
The Godfather Theme
Samba de Orfeu
Norwegian Wood
Tricotism
Song for Bilbao
------
The Man I Love
Shadowless
Flor de Lis
Heartland
Frevo
------
Twisted
夏が終わるなぁ。。もうすぐ、クリスマスだなっ!
猛暑も終わり、、ちょっと早い?「クリスマス・プレゼント」でしたね。笑
んじゃ、退散♪

« 柔らかな響きに包まれて 『夕暮れどきのUndercurrent @ 愛着珈琲出湯温泉喫茶室(阿賀野市)』 | トップページ | 素晴らしすぎる世代間交流 『チャールス・ロイド Kindred Spirits @ ブルーノート東京 (9/4 1st)』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柔らかな響きに包まれて 『夕暮れどきのUndercurrent @ 愛着珈琲出湯温泉喫茶室(阿賀野市)』 | トップページ | 素晴らしすぎる世代間交流 『チャールス・ロイド Kindred Spirits @ ブルーノート東京 (9/4 1st)』 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ