2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

音楽で拡がる輪

« 7月13、14日は、第34回 夏の新潟ジャズストリートで〜す! | トップページ | 夏の新潟ジャズ・ストリート備忘録(2) »

2019年7月16日 (火)

夏の新潟ジャズ・ストリート備忘録(1)

夏は、2日間ある新潟ジャズ・ストリート。

今年は、13日の土曜日だけ、参加できました。
時間もたってしまいましたが、、ちょっとでけ、振り返ってみますね。
 
スタートは、ジャズ喫茶スワンさん。11時からです。
スワンさんって、激混みするので、少し早めに到着!
でも、土曜日だし、午前中だし、スワンさんにしたら空いていた。
最終的に、席は埋まっていましたが、まだ、立ち見が少なかったもん。
 
★しぶ茶Trio/東京@ジャズ喫茶 スワン★
 
島田博志(p) 平松徹也(b) 竹腰肇(ds)
 
Njs_1
 
情熱的でパーカッシヴなピアノ、柔らかくうねって歌うベース、タイトで澄んだドラム。
マーク・コープランドやヴィンス・メンドーサなど、、マニアックな曲を自分たちのカラーで演奏。
演奏はもちろん面白い選曲でしたよ! 選曲、大事ですよね。
このバンドのライブを聴くと、「そう、この曲素敵なんだよね」って、思い出す。笑
そう、ピアニストのオリジナル「Colored in D」が美しかったですね。
最後のアラン・パスクァ の「Caribe」は 超グルーブしてて踊りたくなっちゃった!
 
少しだけ、お話をして次の会場に、、
 
★Bossa Demais/山形@Salix★
 
Mello(g,vo)
 
Njs_2
 
安心して、ボサノヴァを楽しめるユニット。と、言っても今回は一人で参加。
ジョアン ジルベルトを偲んだ 柔らかで静かな時間が流れる。
サウターヂたっぷりの癒しのひと時。
スティーリー・ダンを始め、ちょっとひねったシャレオツな選曲。
でも、王道「Dindi」に心ときめいた。いかったぁ。
モールの野外のステージの爆音にもめげず、、
独りだってリズムもピッチもきっちり、集中力ある演奏、流石だね!
 
と、お昼をかねてプラスエトワールで休憩タイム。
山形のお友だちとそのお友だちと3人で、世間話。
再び、スワンさんにもどります。
 
★大塚桜 with 中丸雅史クァルテット/ 愛知・東京・三重@ジャズ喫茶 スワン★
 
大塚桜(vo) 伊地知晋平(ts) 中丸雅史(p) 椎名達人(el-b) 林宏樹(ds)
 
Njs_3
 
強面なハードバピッシュなインスト演奏が1曲あって、歌姫登場。
「'Round Midnight」を歌い始めると、場がガラリと変わる。
躍動感あるピアノ、重量級サックス、蠢くベース、煽るドラム、、
と、ハードボイルドな4人の漢を従えて、情熱的なヴォーカルの王道選曲、感情表現に酔いました。
そう、ブラジル音楽は、ポルトガル語だよね。これは、基本ですって。。
ラストの「Watermelon Man」は、寸劇ようなエンターテイメント力の高いな演奏!
超色っぽかったっす、会場内の男性陣腰砕けの図。笑
 
 
終演後、メンバーの方々に、、ちょっとだけご挨拶して、、
老舗、ジャズ・フラッシュに向かうのですが、、
時間がなくなってしまいましたので、続きは、明日。m(_ _)m
 
んじゃ、退散♪
 

« 7月13、14日は、第34回 夏の新潟ジャズストリートで〜す! | トップページ | 夏の新潟ジャズ・ストリート備忘録(2) »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7月13、14日は、第34回 夏の新潟ジャズストリートで〜す! | トップページ | 夏の新潟ジャズ・ストリート備忘録(2) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ