2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

音楽で拡がる輪

« ますます意気投合! 『Free To Play / Espen Berg Trio』 | トップページ | 引締った音の快感 「Kazuki Yamanaka Quartet Plays Standards」@ Jazz FLASH (4/16) »

2019年4月16日 (火)

知的好奇心をそそる演奏 『The Transitory Poems / Vijay Iyer / Craig Taborn 』

The_transitory_poems
 
 
突き抜けた才能を持つ2人のピアニスト、ヴィジェイ・アイヤーとクレイグ・タボーン。
この2人の2018年のブダペストのリスト・フェレンツ音楽大学でのデュオ・コンサートの記録。
 
2人の作曲や即興に対するアプローチは、それぞれとても独自だと思うが、年齢も近く、シカゴ・ジャズの重鎮ロスコー・ミッチェルのNote Factoryで一緒に演奏している2人には、深い精神的なつながりを感じる気がする。
セシル・テイラー、ムハル・リチャード・エイブラムス、ジュリ・アレン、抽象画家ジャック・ウィッテン、近年鬼籍に入った人への想いのつまった曲が並び、それらを選択することに彼らのアイディンティティを強く感じる。
 
オープナーの「Life Line (Seven Tensions)」から終演曲の「Meshwork/Libation (When Kabuya Dances)」まで、一環として、、いわゆるコール&レスポンスのようなストレートな演奏はない。共鳴、共感、対立…あらゆる表現の可能性を、アイデア、テクニック様々な方面から探求。曲と即興の境界が不明瞭で、緊張感の続くスリリングで知的好奇心をそそる演奏を展開。
聴きやすいとは言えないフリーの演奏が続くのだが、時折、氷のような美しさに吸い込まれそうになる。心の奥深くを揺さぶる強い波動を感じる。
 
ピアノ・デュオのくくりで購入すると痛い目をあうとおもうのだけど、、
でも、気概ある人にぜひお薦めしたい…。
 
1.Life Line (Seven Tensions)
2.Sensorium
3.Kairos
4.S.H.A.R.D.S.
5.Shake Down
6.Clear Monolith
7.Luminous Brew
8.Meshwork/Libation (When Kabuya Dances)
 
Vijay Iyer (p) 
Craig Taborn (p)
 
今日のおまけは、ヴィジェイ・アイヤーご本人があげていた「Sensorium」。
 
 

 
すっかり、春になりましたね。
おかげさまで、眠くて眠くて。。
 
んじゃ、退散♪

« ますます意気投合! 『Free To Play / Espen Berg Trio』 | トップページ | 引締った音の快感 「Kazuki Yamanaka Quartet Plays Standards」@ Jazz FLASH (4/16) »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

Suzuckさん,こんばんは。

これは実に素晴らしいライブ・アルバムでした。現代音楽的にも響くこのサウンドは,この二人にしか出し得ない呼吸感をおぼえます。即興的にこうした音楽を作り出してしまうとすれば,これはやっぱり凄いことです。誰にでも受ける音楽ではないと思いますが,この質の高さはまさに驚異的でした。

ということで,記事のURLを貼り付けさせて頂きます。
http://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2019/04/post-074f3a.html

閣下、返事が遅くなってすみません。m(_ _)m

どちらも大好きなピアニストで、2人が仲が良かったなんて、、びっくり。
でも、こんな世界を創り出せるって、すごいことだとおもいます!
ヴィジェイ・アイヤーが、久しぶりに来日しますよねぇ。。
行きたいですね。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ますます意気投合! 『Free To Play / Espen Berg Trio』 | トップページ | 引締った音の快感 「Kazuki Yamanaka Quartet Plays Standards」@ Jazz FLASH (4/16) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ