2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

音楽で拡がる輪

« ジャンルも時代も超えて名曲揃い♪ 『Joni 75: A Birthday Celebration | トップページ | 知的好奇心をそそる演奏 『The Transitory Poems / Vijay Iyer / Craig Taborn 』 »

2019年4月13日 (土)

ますます意気投合! 『Free To Play / Espen Berg Trio』

Free_to_play
 
ノルウェーのピアニスト、エスペン・バルグのレギュラー・トリオでの新作。
キース・ジャレット、ブラッド・メルドー、エスビョルン・スヴェンソン等に影響を受け、フレッド・ハーシュに師事したという現代ジャズ・ピアニストの申し子。
全9作が彼のオリジナル。日本盤のみボーナス・トラックで「Body and Soul」が入る。
 
オープナーは、唯一、チェレスタを使用した「Monolitt」>。抽象画のようで幻想的で美しい。
スリリングにダイナミックに展開していく「Skrivarneset」。3人で疾走「Kestrel」ドラムが叩く出すリズムが尋常じゃなく速いっ!
美しいメロディが印象的な「Camillas Sang」。ダイナミックでアグレッシブ「Gossipel」。
激情的で大胆な「Episk-Aggressiv Syndrom」。抒情的なメロディに感情をのせていく「 ’Oumuamua」。
ティグラン・ハマシアンに影響されたという「Meanwhile in Armenia」、嵐のように様々に降り注ぐ。
終演は、感情豊かで思索的な「Furuberget」、アルコが効いていますね。
 
そして、日本盤にはスタンダードの「Body and Soul」が。
オリジナル曲とは、まったく違った優雅な演奏…。
 
リズムに特化し、複雑なリズムや高速の超絶演奏、、ますますトリオの一体感が増して独自の世界を切り開いている。
ピアノはもちろんですが、ドラムとベースもとても巧い! 特に、ドラムの詳細な音がすっごい。
クリアなタッチで透明感はあるけれど、北欧の朴訥なムードとは違いますよね。
 
 
1. Monolitt
2. Skrivarneset
3. Kestrel
4. Camillas Sang
5. Gossipel
6. Episk-Aggressiv Syndrom
7. ’Oumuamua
8. Meanwhile in Armenia
9. Furuberget
10. Body and Soul (Bonus track)
 
Espen Berg (p)
Barour Reinert Poulsen (b)
Simon Olderskog Albertsen (ds)
 
今日のおまけは、ちょうど良いのがみつからなかったので、、
オフィシャル動画から。
 
 
桜も散って春爛漫。
 
んじゃ、退散♪

« ジャンルも時代も超えて名曲揃い♪ 『Joni 75: A Birthday Celebration | トップページ | 知的好奇心をそそる演奏 『The Transitory Poems / Vijay Iyer / Craig Taborn 』 »

JAZZ(Far North )」カテゴリの記事

コメント

Suzuckさん こんにちは。
さっそくですが、新作出ていたのですね。
MONSTERは、有していてなかなか良かったと思います。
新作も機会を見て聴いてみたいと思います。
私事で恐縮ですが、
3月末に四国にいた家族も福岡に合流し、いろいろとバタバタしていましたが、漸く落ち着いてきた感じです。
今日は午前中親戚に挨拶にいったぐらいで、午後からゆっくりジャズタイムでくつろいでおります。
あと、暖かくなってきましたしライブもそろそろ行ってみようかなとも思っています。

baikinnmannさま、いつも、ありがとうございます。m(_ _)m
いつも、baikinnmannさまの、果敢な挑戦を尊敬しております。
日本盤だとなかなかストリーミングにでてこないのですが、、
どこかで視聴してみてくださいね。

ご家族がご一緒になって、良かったですね。
福岡だと、ライブのチャンスも回ってくるとおもいます!
楽しみですね!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャンルも時代も超えて名曲揃い♪ 『Joni 75: A Birthday Celebration | トップページ | 知的好奇心をそそる演奏 『The Transitory Poems / Vijay Iyer / Craig Taborn 』 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ