2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽で拡がる輪

« 猛暑はクラクラ♪ 『Double Rift / CRCK/LCKS』 | トップページ | アメリカの心 『Vanished Gardens / Charles Lloyd & the Marvels + Lucinda Williams』 »

2018年7月21日 (土)

今年も、旅する音楽がやって来た 「Ky @ JAZZ Flash (7/20)」

Ky @ JAZZ Flash (7/20)

37627631_1192728320864640_507278685

仲野 麻紀 (as, metal-clarinet, vo) ヤン・ピタール (el-oud, el-g)

「旅する音楽」のKyのお2人。
居ながらにして、世界を感じる音風景です。
去年、器で彼らが中心となって開催されたライブを聴いて、その濃い感情の坩堝にノックアウトされてしまったのだ。今回は、Kyのお2人の ライブ。
彼らの演奏の中心の一つに、エリック・サティの楽曲というのがあるのだけれど、、
会場のJAZZ Flashのご自慢の大きなスピーカーの一つに「サティの写真」が飾られてるのだ。
新潟に来る途中に、ライブのセットリストをあれこれ考えて居た2人は、この写真をみて「やっぱり、サティをやろう!」って、なったとのこと。最高のシュチュエーションだね。

1セット目は3曲続けてサティの曲を演奏してくれたし、2セットめにも。
有名なピアノ曲から歌曲、シャンソンと選曲してくれました。
仲野氏は、アルト・サックスとメタル・クラリネット、そして、歌。
ヤン氏は、エレキのウード(11弦)と7弦のソリッドギター、サンプリング音も巧みに使い、独自の高揚感をだす。音色も演奏も、エキゾチックでどこか物憂げ、バックコーラスつうか合いの手?もいれるし、ボディーパーカッションもするし、フランス語の発音の先生もするし、観ていて面白かった。
管楽器奏者は、とても叙情的な高揚感あるフレーズの連続。アルトとメタル・クラリネットを使い分け、歌も情感たっぷりに歌う。人の生活や感情と切り離せない音楽。
アラビア音楽が色濃く入ったと思えば、シャンソンを歌い、ジャズの曲はアラブ風プログレみたいに変貌したりと、多国籍?いや無国籍?な音風景に酔いしれました。
即興が即興を呼び、イメージがどんどん世界が膨らむ、音の密度がどんどん濃くなっていく様は圧巻。強さと優しさを兼ね備えた音。
気がつくと、自分も見知らぬ風景の中を彷徨っている。

アンコールのブルゴーニュ地方の民謡を演奏してくれたのだけど、魂の叫びのようだった。

去年のライブで感動しすぎて、たくさんCDを買ったので、、今回は一緒に写真を撮ってもらうだけ。
やっぱり、サイン会ないと寂しいな。笑

22日の日曜日は佐渡の長谷寺でライブを開催するそうです。

14時からです。無料です。お近くの方、ぜひ!

んじゃ、退散♪

« 猛暑はクラクラ♪ 『Double Rift / CRCK/LCKS』 | トップページ | アメリカの心 『Vanished Gardens / Charles Lloyd & the Marvels + Lucinda Williams』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/73895812

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も、旅する音楽がやって来た 「Ky @ JAZZ Flash (7/20)」:

« 猛暑はクラクラ♪ 『Double Rift / CRCK/LCKS』 | トップページ | アメリカの心 『Vanished Gardens / Charles Lloyd & the Marvels + Lucinda Williams』 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ