2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« 唯一無二の色彩力  『Returnings / Jakob Bro』 | トップページ | 浪漫の伝道師 『Shades of Sounds / Alessandro Galati Trio』 »

2018年4月27日 (金)

『ジャズ批評 203号』がでました〜♪

『ジャズ批評 203号』がでました〜♪

203

表紙は、イギリスのジョアン・レーガンの『Just Joan』です。かわいいっ!

特集は、ヨーロッパのジャズ・ヴォーカル・アルバム新旧130枚紹介した、、

『ジャズ・ヴォーカル・イン・ヨーロッパ』

『麗しきEUジャケの世界』


私は、プロフィール6人と15枚のアルバムを寄稿しました。

6人の歌姫たちは。。。
ユン・サン・ナ
ステイシー・ケント
シーネ・エイ
ヴィクトリア・トルストイ
アンナ・マリア・ヨペック
ノーマ・ウィンストン

15枚のアルバムは、、、
Rigmor Gustafsson/When You Make Me Smile
Jeanette Lindström/Attitude & Orbit Control
Cæcilie Norby/Silent Way
Monika Boryzym/My Place
Sidsel Storm/Closer
Jessica Pilnäs/Norma Deloris Egstrom A To Peggy Lee
Sinne Eeg/Dreams
Viktoria Tolstoy/My Swedish Heart
Katrine Madsen/Katrine
Lisa Wahlandt/Stay A While
Anna Maria Jopek/Upjenie
She Moves On / Youn Sun Nah
If I Could Wrap Up A Kiss / Silje (Silje Nergaard)
Dance Without Answer / Norma Winstone
Tenderly / Stacey Kent

好きなアーティスト、好きなアルバムが並びました。
自分の寄稿したアルバムを、改めて聴きなおすと、いわゆるジャズ・ヴォーカル!って、人は少なくて、
他のジャンルに越境している人たちが多かったです。
突然?活動が細ってしまった人とかも居て、心配になったりしましたね。


いつもの「新譜紹介」は、お気に入りの4枚です。


★ For 2 Akis / Shinya Fukumori Trio (福盛進也)


★ Descansado - Songs for Films / Norma Winstone


★ After Bach / Brad Mehldau


★ Live In Healdsburg / Anat Cohen & Fred Hersch

「New Disc Pick Up」でも、ぜひ聴いてもらいたい1枚を。


Ciao...Amore / Fratello Joseph Bassi with Domenico Sannna, Max Ionata

ゴールデンウィーク突入の花の金曜日。
誰も、ブログなんて読んでくれそうにありませんね。笑

んじゃ、退散♪

« 唯一無二の色彩力  『Returnings / Jakob Bro』 | トップページ | 浪漫の伝道師 『Shades of Sounds / Alessandro Galati Trio』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

 Suzuckさんが「ジャズ・ヴォーカル・イン・ヨーロッパ」に、Anna Maria Jopekを書いてくれて喜んでいます。それは当然私にとっては「ユーロ・女性ヴォーカル・ベスト10」という企画となれば、当然トップにも躍り出ようとするヨペックだからですネ。
 兎にも角にも、Gonzalo Rubalcabaとのアルバム「Minion」のトップの曲”Twe Usta Kłamia”は2017年No1の曲と私は思っていますので・・・・。

風呂井戸さま、こちらも返事が遅くてすみません。m(_ _)m

当初は、2000年代に活躍中のヴォーカリストに絞る予定だったようですが、
もう少し、厚く、、って、ことになったようです。
ヨペックさまは、コンスタントにアルバム出されているのですが、
彼女を世界に知らしめた1枚となるとアレなのかなぁ。。って、感じでした。
ただ、アレって、メセニーのアルバムと言っても良いくらいに、メセニー色が強いので、、
ご本人は、違うアルバムが良かったかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/73381114

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジャズ批評 203号』がでました〜♪:

» アンナ・マリア・ヨペックAnna Maria Jopek のニュー・アルバム 「Minione」 [灰とダイアモンドと月の裏側の世界]
描くはポーランドとキューバとの人間的哀感の融合~ 憂愁の歌姫ヨペックとゴンザロ・ [続きを読む]

« 唯一無二の色彩力  『Returnings / Jakob Bro』 | トップページ | 浪漫の伝道師 『Shades of Sounds / Alessandro Galati Trio』 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ