2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽で拡がる輪

« 凄まじい高揚感! 「Kazuki Yamanaka Quartet @新潟ジャズフラッシュ(11/14)」 | トップページ | 媚びずに自分の信じた世界を追求 「佐藤浩一Solo Piano Live @ イワイスタジオ (11/19)」 »

2017年11月17日 (金)

現代版天上の音楽 『Gjertrud Lunde @ 上越市高田 浄興寺(11/16)』

Gjertrud Lunde @ 上越市高田 浄興寺(11/17)
Gjertrud Lunde (voice)  Wolfert Brederode (p)
Florian Zenker (g, baritone guitar ,elect.)  Jarle Vespestad (ds, perc.)

Gjertrud_lunde_1

ノルウェー出身、ドイツ在住の歌姫イェトゥルー・ルンデが、凄腕のミュージシャンを引き連れて来日。上越市高田の浄興寺の公演に行ってきました。久しぶりに、新潟市以外の遠征でちょっと緊張。

浄興寺は浄土真宗の宗祖親鸞聖人によって創設された古刹で、本堂の立派な内陣前にあるステージのバックには、天女が舞う彫刻が。。外は土砂降りの雨、、始まる前から心が異次元に旅立ちそうです。。

ほぼ定時に、まず3人が姿を現しました。演奏が始まると会場はいきなり幻想的な夢の世界へ。選び抜かれた音、しかも小さな音、、そこに歌姫が登場。
透明感あふれる歌声が楽器と重なります。
透明感あふれる歌声、ヴォイスを自らエコー?をかけたり、拡声器?みたいなものをつかったりと、いろいろな工夫でのヴォイスコントロールで、幻想的なバンドサウンドを創りあげていました! 1曲小さな手持ちの民族楽器も使ってました。荘厳な堂内荘厳なアンビエントな空気、まさに唯一無二。
全員素晴らしいメンバーなのですが、ピアニストのヴォルファート・ブレーデローデ の詩情豊かな演奏は 本当にうっとりです。今回、ギターはほとんどメロディを弾きませんでしたので、彼の美しいフレーズが大活躍でした。
ベースレスですが、ギタリストのヤーレ・ヴェスぺシュタが弓引きやらバリトンギターやらで、透明感あるサウンドの低音部担当にとても相性が良く効果的だったとおもいま〜す。ものすごく、繊細な音を奏でていて空間を清めていた。弓の他にも、筆のようなもので弦を撫でたり、自分の顔を近づけて(髭か??)音をだしたり、、とにかく、終始、静寂なムードメーカー。
ドラムのヤーレ・ヴェスぺシュタ。トルド・グスタフセンのバンド、ファーマーズ・ マーケットと対局を行くような人気バンドのドラマー。歌姫セリア・ネリゴールのバンドにもいたので、ようは、なんでもオッケーなんでしょね。今回は、最小限の音を加えるだけで彩り豊かになるお手並みを目の前で拝見。スティック、ブラシ、マレット、手のひら、、スティックの先でシンバルキュン、、もう、何をやっても様になるんだわ。これが。。

もう、幸せの絶頂だ。って 全体にお寺の雰囲気も荘厳で、アンビエントな雰囲気。
様々な音楽を融合させた洗練された幻想的世界。

想像してください。BGMは降り止まぬ雨音。。高い天井に広いお堂に響き渡る音、ステージのバックを飾る天女の舞、、もう異次元世界です。
そう、アンコールだけ 全員でエキサイティングで、ギターのピッキングでのソロ演奏や、マレットで叩きまくるドラムなど、、彼らの別の超絶の姿を垣間見たです。いや 演奏中もずっと 静かなる超絶なんですけどね。

最前列のピアノ前に席を確保いたしました。それにしても、、寒かった。
あちこち、たくさん、ストーブがあるのですが、時間を経るごとに寒さが増します。我々オーディエンスは厚手の防寒具ですが、歌姫はなんと肩のでる薄いドレス!いくら、ノルウェー生まれだって、寒くないのか?すっごく心配だったんですが、、ライブが終わったあとでも、そのお姿でサインや写真に笑顔で対応してくださいました。m(_ _)m
サインと写真をお願いして 最終のしらゆきで帰って来ました。

Gjertrud_lunde_2


と、ツアーはもう少し続きます。
今日は、新潟市のジャズフラッシュ!

11/17(金)新潟 Jazz Flash
11/18(土)横浜 Airegin
11/19(日)青山 Heaven

皆さん!!まだ、間にあいますよ!!

んじゃ、退散♪

« 凄まじい高揚感! 「Kazuki Yamanaka Quartet @新潟ジャズフラッシュ(11/14)」 | トップページ | 媚びずに自分の信じた世界を追求 「佐藤浩一Solo Piano Live @ イワイスタジオ (11/19)」 »

コメント

こんばんは、Suzuckさん。

早速のライブ・レビューありがとうございました。

意外にも新潟市内ではなく、上越市の高田のお寺で催されたとの事(新潟県は東西に長いから、結構距離ありますよね。私も数回趣味の古都巡りで訪れています)。

「天上の音楽」と評されておられてましたが、上杉謙信所縁の春日山辺りのお寺だったのでしょうか。う~ん、ノルウェー人ですね。何か聖霊的な場所を求めて、コーディネーターさんと決めたのでしょう、多分。音は何か見えて来る気がします。

距離的には、横浜も青山も問題ないのですが、来月3日にある「日本語能力検定試験」の仕上げの為、今宵と明晩は留学生との約束で行く事が出来ませんが、また次回がある事を楽しみにしております。

改めてご紹介ありがとうございました。

おやすみなさい。

Junさま、こんにちは。
市内でライブのある日に、外せない用事ができてしまったので上越市に行きました。
特急で二時間、でも、乗り換えなしだし、高田駅から歩いて10分くらいでしたよ。

このサウンドは、何か特別なものと結びついてる音楽だと感じました。
もちろん、ライブハウスでも 彼らのパフォーマンスが落ちることはないのですが、聴く側の問題ですけどね。

お時間がとれないとのこと、残念ですね。
きっと、また、来日してくれるとおもいますよ。
あと、このメンバーで新譜がでるそうです。たのしみですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/72239298

この記事へのトラックバック一覧です: 現代版天上の音楽 『Gjertrud Lunde @ 上越市高田 浄興寺(11/16)』:

« 凄まじい高揚感! 「Kazuki Yamanaka Quartet @新潟ジャズフラッシュ(11/14)」 | トップページ | 媚びずに自分の信じた世界を追求 「佐藤浩一Solo Piano Live @ イワイスタジオ (11/19)」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ