2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

音楽で拡がる輪

« 難曲揃いだった、、「Miho & Fabio Special Live at Monk's Mood Jazz Club (11/2)」 | トップページ | 神聖な響き… 『Goldbrun / Yuri Honig Acoustic Quartet』 »

2017年11月 7日 (火)

ウードが描き出す世界 『Blue Maqams / Anouar Brahem』

Blue_maqams


チュニジアのウード奏者アブラム・ブラヒム。ECMからの新作は、旧友デイブ・ホランド、ホランドの朋友ジャック・ディジョネット、そして、イギリスのピアニスト、ジャンゴ・ベイツの参加。全曲、アブラムのオリジナル、70分超え。

オープナーは、ウードの深い音色に誘われる「Opening Day」。いきなりエキゾチックで哀愁満載の空間に。ベース、ドラム、、そして、ピアノもその世界観を創り上げて行く。ウードに合わせて繊細に、、闇の濃淡、陰影をつけて行く「La Nuit」。
タイトル曲「Blue Maqams」、ウードの深く暗い音色が語りあげる世界。
アップテンポで歌うウードに、名手たちの技術と熱さを感じるサポート、ひと叩きで場面を変えるディジョネットがかっこいい「Bahia」。
短く儚く美しいピアノとウードのデュオ「La Passante」。
2分近いウードの深いソロから、、一転、バンドが変拍子で動き出す「Bom Dia Rio」、後半ホランドのベースソロが畝ります。
アラブ世界とベイツの左手、低音が不気味に融合する「Persepolis's Mirage」。
非常に静謐なピアノとウードのデュオ「The Recovered Road To Al-Sham」、時の流れを忘れます。
終演は、ベースとウードのデュオから始まる「Unexpected Outcome」、カルテェット演奏とともに一瞬歌が遠くに入り良いスパイス。

アブラムのウードを中心に、アラブの世界とジャズの世界をスムースに行き来する猛者たち。
そのミステリアスでエキゾチックな世界を堪能してください。曲によっては、丁々発止の名手たちの演奏もあり。

不思議な世界ですが、かなり癖になります♪

1.Opening Day
2.La Nuit
3.Blue Maqams
4.Bahia
5.La Passante
6.Bom Dia Rio
7.Persepolis's Mirage
8.The Recovered Road To Al-Sham
9.Unexpected Outcome

Blue Maqams (oud)
Dave Holland (b)
Jack DeJohnette (ds)
Django Bates (p)

今日のおまけはECMの新譜トレーラー。
まぁ、ちょっと、音だけでも。

クリスマスのアルバムが届き始めました。
今年は、外山安樹子さんがトリオでクリスマスアルバムだしました!

★ Snowing Town〜Akiko Toyama Trio plays Christmas Songs〜 ★

んじゃ、退散♪


« 難曲揃いだった、、「Miho & Fabio Special Live at Monk's Mood Jazz Club (11/2)」 | トップページ | 神聖な響き… 『Goldbrun / Yuri Honig Acoustic Quartet』 »

コメント

はじめまして、Junと申します。

どうぞよろしくお願いいたします(アメログにおります)。

ブログは以前より拝見させて頂きましたが、新参者がコメントなんて恐れ多いと思いまして…。

この作品に関しては、ECMが「アナログファンの方にも」と言うよりは、彼のリスナーの為の新譜と 言うことで77分の収録、 デジョネットにホーランドのベテラン勢に、今作はクチュリエではなく、 英国人中堅ピアニストを使ったニューヨーク録音。マンフレート・アイヒャーさんもお年を重ねましたね。

CDを買ってからずっと毎日聴いています。ややピアノが出過ぎの感はあると思いますが、彼ならではの、欧州に対するアラブからの主張と言うことで、今日の世界情勢をある意味辛口で見ている作品ともとれるように思います。

初コメント長くなりすぎました。失礼致します。

ウードの描く音楽世界に、ピアノ・トリオはジャズ側からのアプローチではなくて、ウードに合わせた演奏をしているところがいいですねえ。変拍子とか、音階とか、けっこう難しいところもありそうですが、それをうまく聴かせてしまっているような感じです。

TBさせていただきます。

Junさま、初コメントをありがとうございます。
すみません、探しだせなかったのです。よろしければ、アドレスをコピペしていただけますか?

新参者なんて。。大丈夫、ここは静かな平和なブログなので。笑

そうですね。
基本、アブラムのためのアルバムで、メンバーは彼の世界を創り上げる協力を惜しんでないですよね。
なので、アブラムファンのためのアルバムと言っても過言ではないとおもいますよ。
でも、それでも、彼らの技術を持ってして、この援護って、感じだと思います。

ほんと、気持ちよくはまってしまって、、しばらく車の中はこのアルバムばかりでした。
ありがとうございました。

910さま、トラバをありがとうございます。

このアルバムの成功の鍵は、世界の中心にウードがあることですよね。
なかなか熱くなったりもするのですが、そこは気がつくとECMマジックって感じ。
なぜか、柔らかく聴き過ごせたりします。

こちらからもトラバしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/72159468

この記事へのトラックバック一覧です: ウードが描き出す世界 『Blue Maqams / Anouar Brahem』:

» Blue Maqams/Anouar Brahem [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMの新譜が届きました。New Seriesよりジャズの方を先に聴いておきたい [続きを読む]

« 難曲揃いだった、、「Miho & Fabio Special Live at Monk's Mood Jazz Club (11/2)」 | トップページ | 神聖な響き… 『Goldbrun / Yuri Honig Acoustic Quartet』 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ