2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« クリスマス・アルバムの追加情報で〜す。 | トップページ | 深秋のため息 『Grace / Lizz Wright』 »

2017年10月16日 (月)

ビターテイスト、硬派な艶っぽさ 『毒ある寓話 -Poison- / 伊藤 志宏 trio syncretia』

Photo

ギタリストの藤本一馬との『Wavenir』ツアーを谷中のホールで聴いたことがあります。
この時も圧倒するピアニズとしかいいようのない素晴らしい演奏。機会があればまた聴きたいと思っているお方です。
その彼の新譜は、レギュラーピアニストであるオバタラのパーカッショニストである大儀見元と、そこからの繋がりのベテランベーシストの坂井紅介のトリオです。
最後のソニー・ロリンズ曲を除いて全てオリジナル。

オープナーは雨音が次第に激しくなっていくような「夜来風雨の声」。「花落知多少」と続きそうなどこか艶のあるピアノ。ダイナミックで三位一体の陶酔感を味わえる「カオスとクロノス 」。
幻想のようなリリカルなピアノソロで始まる「スコプトフィリアの愛 #3」。ベースとパーカッションが眠っている炎を呼び起こす。
力強いパーカッション、ベースが暗黒の世界に誘う「遠雷」。
神秘的で、どこか黒魔術的な美しさ愛と葛藤「吸血鬼の輪舞曲」。鮮烈、狂気の「シンクレティア・サバト」。
地底に引きずり込まれそうなベースソロで始まる「静寂の風 」。艶のあるピアノの音色にうっとり聴き惚れる。
荒ぶれるパーカッションから予感する狂気の宴「アイテールとカオス」。
羊たちの沈黙のクラリスからハンニバル博士へという意味「Dear H From C」。ドラマチックで情熱的、倒錯した感情がメランコリックに鳴り響く、私的白眉。

と、終演はソニー・ロリンズの「Valse Hot」を明るく、軽やかに。
ん?狐に包まれたような終演。


1. 夜来風雨の声
2. カオスとクロノス
3. スコプトフィリアの愛 #3
4. 遠雷
5. 吸血鬼の輪舞曲
6. シンクレティア・サバト
7. 静寂の風
8. アイテールとカオス
9. Dear H From C
10. Valse Hot

伊藤 志宏 トリオ・シンクレティア
伊藤 志宏 (p)
坂井 紅介 (b)
大儀見 元 (perc.)

今日のおまけは、録音風景ですかね?

今日は、冬のように寒かったですよね。
灰色の暗い空と雨の中、、このアルバムを車でかけていました。
ぴったりすぎて、こわかったぁ。。

んじゃ、退散♪

« クリスマス・アルバムの追加情報で〜す。 | トップページ | 深秋のため息 『Grace / Lizz Wright』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/71983672

この記事へのトラックバック一覧です: ビターテイスト、硬派な艶っぽさ 『毒ある寓話 -Poison- / 伊藤 志宏 trio syncretia』:

« クリスマス・アルバムの追加情報で〜す。 | トップページ | 深秋のため息 『Grace / Lizz Wright』 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ