2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

音楽で拡がる輪

« 想い出の『夏の新潟ジャズストリート(7/16) 後半』 | トップページ | 余白の緊張感まで美しい 『Tangents / Gary Peacock Trio』 »

2017年8月29日 (火)

『ジャズ批評 199号』がでました〜♪

『ジャズ批評 199号』がでました〜♪

199


今回の特集は、、

『私の好きな一枚のジャズ・レコード PART1』

松坂会長の始めたジャズ喫茶「オレオ」の片隅から始まった『ジャズ批評』。
今年創刊50周年だそうです。おめでとうございます!!
人気企画「私の好きな一枚のジャズ・レコード」を2号続けて特集。
次号には、私も寄稿いたします。


さて、あなたお好きなジャズ・レコードは何ですか?


いつもの「新譜紹介」は、、4枚。


★ Small Town / Bill Frisell Thomas Morgan


★ Minione / Anna Maria Jopek Gonzalo Rubalcaba


★ Brothers / Adam Bałdych & Helge Lien Trio


★ Initiatives / Jean-Christophe Cholet

残念ながら今回は「New Disc Pick Up」には紹介できませんでしたが、
素敵なアルバムを4枚紹介することができたと思っています!

んじゃ、退散♪

« 想い出の『夏の新潟ジャズストリート(7/16) 後半』 | トップページ | 余白の緊張感まで美しい 『Tangents / Gary Peacock Trio』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/71547844

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジャズ批評 199号』がでました〜♪:

« 想い出の『夏の新潟ジャズストリート(7/16) 後半』 | トップページ | 余白の緊張感まで美しい 『Tangents / Gary Peacock Trio』 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ