2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

音楽で拡がる輪

« 今回も知力体力と無敵なクリポタ♪ 『Dreamer Is The Dream / Chris Potter』 | トップページ | 真昼の夢 『Wolfert Brederode Trio @ 栃木県総合文化センター』 »

2017年5月16日 (火)

ピアノの音色に釘付け 『Find the Way / Aaron Parks』

Find_the_way


出世作『Invisible Cinema』、ECMデビュー作『Arborescence』とお気に入りの私は「繊細でリリカル、幻想的な音風景」といった彼のピアノが好きです。
もちろん、James Farmのユニットのような別の顔も持っているのは承知の上で、本質は内省的な仄暗さにあると思っているので、、ECMからのトリオ作はとても楽しみにしてました。
しかしながら、ベン・ストリート、ビリー・ハートというメンバーには、、ちょっとびっくり。。特に、私は、、ビリー・ハートがちょっと得意でないのでありました。過去の記事を読んでいると、、どうも、「少し暑苦しい。。繊細さに欠ける。。」と思っているようです。。m(_ _)m
でも、タイトル曲以外はアーロン・パークスのオリジナルだし、ピアノに専念してますし、、やっぱり、悩んだ挙句ポチりました。

オープナーは、「Adrift」、パークスらしくミニマルな響きと反復で人を別世界に誘う曲。美しいピアノの音色に引き寄せられます。。
柔らかなとろけるような「Song For Sashou」のメロディを歌心たっぷりに楽しそうに奏でる。内省的で海の底に沈んでいるような「Unravel」。
ビリー・ハートのドラムソロで幕をあける「Hold Music」、深遠な雰囲気。やはり、ドラムをフィーチャーした感じの「The Storyteller」。
ブルージーに突き進む「Alice」(たぶん、アリス・コルトレーン)。少し抽象的な「First Glance」、「Melquiades」。
終演は、彼が大好きなローズマリー・クルーニーのアルバムから「Find The Way」。しっとりと、そしてロマンチックな余韻を残して。。

ピアノの音色の美しさ、曲の素晴らしさにうっとり。
残念ながら、、私のドラムに関する思索は個人的にあたってしまいましたが、、
それは、私の趣味嗜好とするところなので、彼のピアノが好きな方は1聴の価値はあるとおもいます。
で、パークスはビリー・ハートを尊敬しているようで、彼のドラムをまんん中に置いた場面が多くみられました。
これも、彼の一面ですね。


1. Adrift
2. Song For Sashou
3. Unravel
4. Hold Music
5. The Storyteller
6. Alice
7. First Glance
8. Melquiades
9. Find The Way

Aaron Parks (p)
Ben Street (b)
Billy Hart (ds)

残念ながら、、今日は丁度良い動画が見つけられませんでした。m(_ _)m

んじゃ、退散♪

« 今回も知力体力と無敵なクリポタ♪ 『Dreamer Is The Dream / Chris Potter』 | トップページ | 真昼の夢 『Wolfert Brederode Trio @ 栃木県総合文化センター』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

Suzuckさん,こんばんは。

やっぱりBilly HartはAaron Parksには合ってませんよねぇ(苦笑)。同じ感覚でよかったです。

しかし,Aaron Parksの書くオリジナルは魅力的,そしてピアノはばっちりってことで,アルバムとしては評価しているだけに,やっぱりBilly Hartの違和感が痛いです。それでもいいアルバムですけどね。

ということで,TBさせて頂きます。

閣下、トラバありがとうございます。m(_ _)m

もともと、、あまり好きなタイプでないんですよ。
なので、、「ぎょぎょぎょ」って感じでした。笑
決して 下手とかそういうことでなくて、、あくまで求める世界が少し違う気がしました。

でも、パークスは、やっぱりピアノ上手いんだな。。って、思いましたよ。
買ってよかったとはおもうんですが。。
でも、個人的には年間には残らないとおもいます。。

自分はビリー・ハートはあまり気にならないんですが、ブログ界隈をざっと見渡しただけで3人はこれを危惧しているので、自分の耳がおかしいのかな、とも思いました。だけど、アルバムとしては聴いて良かった方には入るので、結果オーライかなとも思います。

TBさせていただきます。

910さま、トラバをありがとうございます。

自分のブログは、作品についてネガティブな情報は流さない、と、決めているので、、
このアルバムのブログアップはちょっと迷ってしまいました。
でも、910さまの仰るように、たぶん、、結果オーライなのだとおもいます。
ビリー・ハートについては、本当に嗜好的なものなので、耳がおかしいとか、、そういう危惧はまったくありませんですから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/70582518

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの音色に釘付け 『Find the Way / Aaron Parks』:

» Aaron ParksのECM第2作は何とも美的。 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Find the Way Aaron Parks (ECM) Aaron ParksがECMでソロ作Arborescenceをリリースしてからやく3年半,ついにその第2作がデリバリーされたので,早速聞 [続きを読む]

» Find The Way/Aaron Parks/Ben Street/Billy Hart [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMレーベル新譜聴き2日目。最近アルバムコメントを書くのが少しずつ億劫になって [続きを読む]

« 今回も知力体力と無敵なクリポタ♪ 『Dreamer Is The Dream / Chris Potter』 | トップページ | 真昼の夢 『Wolfert Brederode Trio @ 栃木県総合文化センター』 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ