2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« 光り輝く感情の発露 『Cold Sand / Alessandro Galati Trio』 | トップページ | カートの桃源郷的音風景 『Caipi / Kurt Rosenwinkel』 »

2017年3月 6日 (月)

ちょっと前に 『ジャズ批評 195号がでました〜♪』

Jcm196


今回の特集は、、

「マイ・ベスト・ジャズ・アルバム 2016 」

「ジャズオーディオ・ディスク大賞 2016発表」


「マイ・ベスト・ジャズ・アルバム 2016 」
では、2016年のすずっくベスト5です。(インスト&ヴォーカル)
基本的には年末のすずっく2016と変わりません。

【1】 Nearness / Joshua Redman & Brad Mehldau / Nonesuch Records / Nonesuch7559-79456-0 / 2011 / CD
【2】 The Unity Sessions / Pat Metheny / Nonesuch Records / Nonesuch7559794688 / 2014 / CD
【3】 Rising Grace / Wolfgang Muthspiel / ECM / 4797962 / 2016 / CD
【4】 Day Breaks / Norah Jones / Blue Note / 4795571 / 2015 / CD
【5】 Moments In Time / Thierry Lang / Universal Music / 4768636 / 2015 / CD
・次点 Nextrio / Giovanni Sanguineti / Albore Jazz / ALBCD 028 / 2016 / CD

そして、毎年参加している「ジャズオーディオ・ディスク大賞」の2016の発表もありました。
今年は、10年目で、「Best of Best」の発表もありました。

「ジャズオーディオ・ディスク大賞2016(インスト)」
金 Dreamsville / Roberto Olzer Trio
銀 Musical Stories / Lello Petrarca Trio
銀 Emotional Phrasing / Marcin Losik Trio
銅 Alexander Scriabin’s Ragtime Band / David Gordon Trio 
5 Gnothi Seauton / Giovanni Sanguineti Nextrio 

「ジャズオーディオ・ディスク大賞 2016(ヴォーカル)」
金 Wonderland / Sonia Spinello Quartet
銀 Let's Get Lost / Cyrille Aimée
銅 Ballads / Margreta Bengtson
4 Sirens & Stars / Chantal Thompson
5 I'll Be Seeing You / Ellen Andersson Quartet

ジャケットと曲は個人の推薦のみで順位はありません。

ジャケット
Poesia / Joyce Moreno, Kenny Werner

Poesia


Tres Trick / Akiko Toyama Trio / Warm Snow


「Best of Best (インスト)」
Steppin' Out / Roberto Olzer Trio

「Best of Best (ヴォーカル)」
I Walk a Little Faster / Chiara Pancaldi
 

そして、新譜紹介は、、4枚です。

★ Meet Me At The Movies / Viktoria Tolstoy

★ Up And Coming / John Abercrombie Quartet

★ 夢の中へ / Slawek Jaskulke

★ Vitor Goncalves Quartet / Vitor Goncalves

んじゃ、退散♪

« 光り輝く感情の発露 『Cold Sand / Alessandro Galati Trio』 | トップページ | カートの桃源郷的音風景 『Caipi / Kurt Rosenwinkel』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しています。
 特にp38は、しっかりと(ニッコリ)。
 インスト上位はピアノ・トリオが並びましたね。
 Suzuckさんは、「Nearness」なんですね、ちょっと意外でした。私は若干ここは異なりました(私は単に聴いて共感するかどうかと言う程度の評価ですので・・・)。
 又ヴォーカルもNorah Jonesは個人的にはイマイチですが、まあそれは人それぞれで良いのでしょうね。
 しかしこうした特集は、聴き落としも発見できて嬉しいです。

風呂井戸さま、ありがとうございます。
風呂井戸さまも、アンケートに参加なさってみてはいかがでしょうか??

ピアノトリオは強いですよね。
やっぱり、多くの人の心を捉える何かが詰まってるのでしょうか?

ヴォーカルもノラ・ジョーンズとソニア・スピネッロでは、方向性が全然違いますものね。
この辺の嗜好は仕方ないかなぁ。。
私も 毎回、年末の新譜聴きが追いついてないことに悔やまれます。
聴いていればなぁ、、って、ありますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/69830000

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと前に 『ジャズ批評 195号がでました〜♪』:

« 光り輝く感情の発露 『Cold Sand / Alessandro Galati Trio』 | トップページ | カートの桃源郷的音風景 『Caipi / Kurt Rosenwinkel』 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ