2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

音楽で拡がる輪

« 芳醇な余韻…『Chris Thile & Brad Mehldau』 | トップページ | 光り輝く感情の発露 『Cold Sand / Alessandro Galati Trio』 »

2017年2月27日 (月)

敬虔な祈りにも似た空間 『My Foolish Heart / Ralph Towner』

My_foolish_heart


美しく穏やかな音楽しか聴きたくなくて、、選んだのはラルフ・タウナーの新譜です。ギターソロアルバム。
このブログでは、パオロ・フレスとのデュオ盤『Chiaroscuro』、3人のギターリストの共演『Travel Guide』が上がってます。

今回は、久しぶりのギターソロアルバム。タイトルトラックの「My Foolish Heart 」以外は、タウナーのオリジナル。

オープナーの「Pilgrim」から、その哀愁に打ちのめされる。心は何処へ。
優しく響く「I'll Sing To You」。ギターに酔いしれる「Saunter」。
タイトル曲「My Foolish Heart」のリリシズム。タウナーは、エヴァンスに心酔していたとのことで、初めてこの曲をエヴァンスのトリオで聴いた時から、こんな風にピアノで演奏できたら良いな。。と、心にあったよう。ギターで念願が叶ったわけですね。切なく、甘い「My Foolish Heart」。
トラッドのような素朴なメロディで始まる「Dolomiti Dance」。
「Clarion Call」は12弦ギターかな。響きが美し過ぎる。「Two Poets」でも不思議な空間。続く、「Shard」も独特な世界。
唯一無二の独特なタッチが続き「Ubi Sunt」、繊細さと大胆さが共存する「Biding Time」。亡きポール・ブレイに捧げられた「Blue As In Bley」は、深い色合い。
終演は、「Rewind」。最後の最後まで粒の揃った美しい音で彩られた空間。。

真摯で敬虔な祈りにも似た空間、沈む心にも心地よく響く音風景。
タウナーの音楽性は、ECMの方向性と、、とてもマッチしていますよね。

1. Pilgrim
2. I'll Sing To You
3. Saunter
4. My Foolish Heart
5. Dolomiti Dance
6. Clarion Call
7. Two Poets
8. Shard
9. Ubi Sunt
10. Biding Time
11. Blue As In Bley
12. Rewind

Ralph Towner (classical and 12-string guitars)

今日のおまけは、ライブでの「My Foolish Heart 」。

私ごとですが、、2月に母を亡くしました。
このアルバムに、とても癒されたことをお伝えしておきたいと思います。

んじゃ、退散♪

« 芳醇な余韻…『Chris Thile & Brad Mehldau』 | トップページ | 光り輝く感情の発露 『Cold Sand / Alessandro Galati Trio』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

Suzuckさん,こんばんは。コメントを差し上げるべきタイミングかどうかは悩ましいですが,Ralph Townerなので反応してしまいました。

Ralph Townerのリリカルな音楽はどういうタイミングにフィットするのかっていうところはありますが,私にとっては様々な局面で聞いてきた音楽です。今回も癒しを求めれば,そういう風に響く音楽だと思います。私が入院している時にも本当に世話になりましたしね。落ち着くんですよね。

ということで,TBさせて頂きます。

いろいろと大変でしたね。

というわけで私もコメントを入れるのですが、このアルバム、真剣に聴いてもいいけれど、小音量で流しておいても癒されるし、いい音楽です。いい時に出会ったなあ、と思います。

TBさせていただきます。

閣下、ありがとうございます。m(_ _)m

このアルバムをかけながら雪の魚沼地方を駆け抜けたとき、、すっごく、状況にフィットして 相乗効果が生まれて素晴らしかったですよ。

人の心にまっすぐ響く音楽だと思います。
遅くなりましたが、こちらからもとらばいたしますね。

910さま、ありがとうございます。m(_ _)m

すごく良い音楽ってBGMや睡眠導入に良いですよね。
雑味がない証拠かしら。

本人が癒しを求めていないと思っていても、すっと心に入ってきて
穏やかな空気を作り出してくれますよね。

こちらからもトラバいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/69747912

この記事へのトラックバック一覧です: 敬虔な祈りにも似た空間 『My Foolish Heart / Ralph Towner』:

» 出た!久々のRalph Townerのソロ・アルバム [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
My Foolish Heart Ralph Towner(ECM) 私が贔屓にしているミュージシャンは結構いるが,その中でもRalph Tonwerはトップ5に入れられるミュージシャンだと思っている [続きを読む]

» My Foolish Heart/Ralph Towner [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMの新譜がまた届いています。すいません、このところ忙しくてなかなか聴く時間が [続きを読む]

« 芳醇な余韻…『Chris Thile & Brad Mehldau』 | トップページ | 光り輝く感情の発露 『Cold Sand / Alessandro Galati Trio』 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ