2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

音楽で拡がる輪

« ★ 「Merry Jazzmas ! 聖夜に歌う?トランペッター♪ その2」 ★ | トップページ | ジャズ批評 195号がでました〜♪ »

2016年12月25日 (日)

クリスマスだから聴く『More Human / Lars Jansson Trio』

More Human / Lars Jansson Trio

More_human

クリスマスです。みなさまの幸せと世界の平和を願っています!
クリスマスには、穏やかで美しい音楽を聴きたいですよね。

我らがラーシュ・ヤンソンの初のセルフ・カヴァー・アルバムがでました。
メロディメーカーであるラーシュさまは、たくさんの美しい人気曲をもっています。
彼が15曲を選曲。リストを見るとどれも納得の曲ばかり!

今回もジャケットはお孫さんのヒルダちゃん(ずいぶんと美人のお嬢さんになりそうですよ)の作品です。
メンバーも教え子のベース、自分の息子のドラマーと若く、そして親密な関係のメンバーです。

オープナーの「 A Beautiful Smile」は新曲で、冒頭から清らかなメロディに心安らぎます。もう、うっとり夢見心地。
ちょっとクールな「I am That」、美旋律「Too Good To Me」、タイトル曲で人気曲「More Human」の奥深さ。
穏やかに行き交う3人の「There´s A Butterfly In My Room」。大好きなヒルダちゃんへの曲「Hilda Smiles」に溢れる慈しみの心、友人の演奏で思い出したという「Summer Song」の明るさ。懐かしさを含む「The Wounded Healer Can Heal」。躍動感あふれる「Simple Song Simple Life」。すぅーと胸にしみる「Marionette」。
深遠なるメロディ「Mothers In Brazil」。ヒルダちゃんをテーマにした優しい曲「Hilda Plays」。心の奥底を覗くような「The Inner Room」。
トリオ演奏ははじめてという「Freedom of Heart」。
そして、終演は代表曲といっても過言でない「Hope」。あたたかさ、優しさと明日への希望がみつけられる「Hope」。

こうやって並べて聴くと、リリカルなメロディーばかり。どの曲も懐かしさといつまでも古びない美しさ。温かく心にしみ込む優しいものばかりです。
何処で聴いたって、あの時が思いだせる曲たち。そして、いつだって、懐かしい居場所を見つけることができる彼のピアノは最高にハッピーです。

クリスマス マーケットで悲しい事件が起きるような昨今ですが、今日くらいは 彼の音楽を聴いて穏やかに過ごしたいですね。

 
1. A Beautiful Smile
2. I am That
3. Too Good To Me
4. More Human
5. There´s A Butterfly In My Room
6. Hilda Smiles
7. Summer Song
8. The Wounded Healer Can Heal
9. Simple Song Simple Life
10. Marionette
11. Mothers In Brazil
12. Hilda Plays
13. The Inner Room
14. Freedom of Heart
15. Hope

Lars Jansson (p)
Thomas Fonnesbeak (b)
Paul Svanberg (ds)

今日のおまけは「More Human」。
残念ながら、このアルバムの音源はさがせませんでしたが、同じメンバーの演奏です。

素敵なクリスマスをお過ごしくださいね!

んじゃ、退散♪

« ★ 「Merry Jazzmas ! 聖夜に歌う?トランペッター♪ その2」 ★ | トップページ | ジャズ批評 195号がでました〜♪ »

JAZZ(Far North )」カテゴリの記事

コメント

Suzuckさん,Happy Holidays!

いよいよこのアルバムが登場しましたね。いつか,いつかと手ぐすねを引いていました(笑)。

それにしても,Janssonは本当にいい曲を書きますよねぇ。もう一度Janssonのアルバムを聞き直してみようって気になりました。その前にこれをじっくり楽しむのが先ですかね。

ということでTBさせて頂きます。

閣下、セルフカバーがこんなに素晴らしい演奏者も少ないでしょうね。

そうですか、手ぐすねひいて待たれてしまったわけですね。
私的には 聴いた瞬間から まさに クリスマスの一枚と思ってしまったもので。。

閣下も ご家族と楽しい時間をお過ごしでしょう!

 私も本日このニュー・アルバムを取りあげたところでした。
 とにかく心を解(ほぐ)してくれるムードに充ち満ちた優しさ溢るるアルバムであると同時に、その中にはちらっと熟練されたピアノ・プレイの味があってうなづいて聴いてしまう。・・・・と言うのが私の感想でした。

風呂井戸さま、トラバをありがとうございます。

彼のピアノは目を閉じて聴くと、とても若々しく、、お孫さんのいる方とは思えませんね。
演奏もとてもスィンギーで洗練されてますよね。そして、暖かい。
「心を解(ほぐ)してくれるムードに充ち満ちた優しさ溢るるアルバム」
その通りだとおもいます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/68947660

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスだから聴く『More Human / Lars Jansson Trio』:

» 心和ませるLars Janssonのセルフ・カヴァー集(新曲もあり)。 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
More Human Lars Jansson Trio(Spice of Life) 先日記事をアップしたJim HallとRed Mitchellのデュオ盤を仕入れようと思って,ショップに行ったと [続きを読む]

» ラーシュ・ヤンソンのニュー・アルバム=Lars Jansson Trio 「MORE HUMAN」 [灰とダイアモンドと月の裏側の世界]
何か達観した人生から聴こえてくるようなピアノ・トリオの世界 <Jazz>Lars [続きを読む]

« ★ 「Merry Jazzmas ! 聖夜に歌う?トランペッター♪ その2」 ★ | トップページ | ジャズ批評 195号がでました〜♪ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ