2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« ジャズ批評 195号がでました〜♪ | トップページ | ★ すずっく2016 JAZZヴォーカル 編★ »

2016年12月27日 (火)

夜の遊園地「キャビネ・ファンタスティク @ 北書店 (12/26)」

キャビネ・ファンタスティク @ 北書店

Cabinet

街の本屋さんが今日だけ夜の遊園地のようにワクワクでミステリアスな場所に。
キャビネ・ファンタスティクのお二人(岡田 崇氏 & 路川 敬氏)は毎年いらしていて、皆勤賞のかたもいらしたけど、、私は、2回目。
検索したら、前回は2年前のクリスマス前でした。

残念ながら、今年はお友だちは都合がつかず、独りで参加。
でも、入り口にはいった瞬間に北酒場コーナーで知っている顔を発見!
テンションあがります。しかも、一番のりでしたん。笑
なんで、画面真正面すんごくいい席をとりましたん♪
で、おでんと日本酒でチビチビとやりながら、、EP盤っぽい古い音源のクリスマス曲を聴きながら、、いちじくのパウンドケーキが美味しかったことを思い出し、追加購入。
あとは、ひたすら始まるのをまっておりました。


じぃ〜っ、、ざぁ〜〜て、そりゃほぼほぼ雑音な感じのはじまりの音、画面は数字やら唐突な絵やら、、いやぁ、、映写機のカタカタという音が時間旅行の汽車にのった感じですね。
夜の本屋さんは、ワクワクのいっぱいつまった夜の遊園地に瞬間移動っす。
「リメイクされたものはろくなもんじゃない」って、確かに可愛い「コラルゴル」のアニメになった残念感は半端なかった・・。有名なチップマンクスも最初はレコード(音楽)からだったので、あとから色々と考えられたキャラクターが、、どれもこれも同じキャラとは思えない、、えらく斬新なでき。。
まぁね、蚤の市でであってみたい気分だけど、出会っても買う勇気があるかしら。
前回「不眠症」が、とても気に入ったエテの「幸福な結婚記念日」は、やっぱり私をうらぎることなく、コレあるある状態の災難コメディ。こういうに大好き。続く「ザ・インフォメーション・マシン」はかなり気合のはいった大作(短いけど)で、もう一回観たいな。とても綺麗な短編映画。

と、10分の休憩時間。なぜか、お汁粉を体内に投入。。(この後、飲み会なのにね)

後半も、ゆるくはじまる。。
キャビネのお二人は、、息が合ってるような、、ずれてるような。。その塩梅が天然のボケ突っ込みな感じ。そう、、カタカタな感じですよね。。。
後半の最初が、前回、まさにびっくり仰天だった「コーリング・オール・ガールズ(おねえちゃんの芋あらい)」。コレは、2回めでもやっぱりその迫力に惹きつけられる。万華鏡は好きだけど、人間万華鏡で短編映画をつくるって、豪華さ、無謀さにうっとり。美女たちのほとんどが、、すでにこの世に居ないと思うと、天国のような映画だわ。
でね、今回の一番のお気に入りがイタリアのブルーノ ボツェットの短編「スイミング・プール」。効率と目的を優先して生きている私たちには、、痛い寓話。テンポもよく、言葉がわからなくてもストレートにいわんとすることが伝わってきて最高っす。
ダイレクト・ペインティングの「めんどりの踊り」は、すっごく単純な絵だけどすっごく力強かった。
そして、みんながびっくり映画のジュークボックス!のための音楽映画。これのすごいところは、一回の上映時間は3分くらいだけど、映画そのものは20分くらいあるらしい。好きな曲にたどり着くには「運」もいるってことらしい。そういえば。おでん買ってもらったおみくじは「小吉」でしたのよ♪
今回も、、〆は可愛い絵本の世界「ホタルのトーチー」バーナード・ウエーバーの世界がそこに!

って、ことで、、独りで夜の遊園地をさまよい歩いたように楽しい時間。。でした。。
そのうえ、毎度?おなじみのプレゼントコーナーで、岡田氏がデザインした細野晴臣ポスター二枚組が当たりました。なので、終了後に、キャビネのお二人、、特に岡田氏にお礼を直接言って、できたばかりの細野晴臣架空ジャケ画集を買いたかったのだけど、友だちとの待ち合わせの為に時間がなくて断念。残念だけど、北書店で買いますね。

つうことで、今回もカタカタとちょっと捩れた時間をすごしました。
この懐かしさ満載のアナログ感がたまりません。そりゃ、検索すれば世界中のありとあらゆる動画や音楽が手に入る時代だけど、、本物を観る、聴く、触るって至福です。
来年もいけるといいな。。キャビネのお二人どうもありがとうございました。
お二人を呼んでくださった佐藤店長にも感謝ですね。美味しい隊スタッフの皆さまにも感謝♪

私が気に入ってしまったブルーノ ボツェットのHP

DVDだのYouTubeだのいろいろと観ることができるのですが。。
やっぱり、本物の16ミリ映画で楽しむのが一番だとおもいます。。

と、、言いながら、、今日のおまけは、HPにあった、動画。冒頭の10秒で笑えます。
大盤振る舞いなので、、師走の慌ただしい時に観ちゃうとやばいかもね。笑

んじゃ、退散♪

« ジャズ批評 195号がでました〜♪ | トップページ | ★ すずっく2016 JAZZヴォーカル 編★ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/69009920

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の遊園地「キャビネ・ファンタスティク @ 北書店 (12/26)」:

« ジャズ批評 195号がでました〜♪ | トップページ | ★ すずっく2016 JAZZヴォーカル 編★ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ