2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

音楽で拡がる輪

« Black Ice / Wolfert Brederode Trio | トップページ | 「外山安樹子トリオTres Trick レコ発ツアー」@ジャズフラッシュ(5/20) »

2016年5月14日 (土)

奇跡の掘り起こし盤 『Some Other Time / Bill Evans』

Some Other Time / Bill Evans
The Lost Session from The Black Forest

Some_other_time

休日にビル・エヴァンスの掘り起こし盤を聴くのもいいではないですか。

「お城のエヴァンス」で通用している『Bill Evans at the Montreux Jazz Festival』の5日後に西ドイツで吹き込まれたスタジオ盤。CD2枚分まるごと未発表分!
普段、あまり過去の録音ものを追いかけない私でもおもわず飛びつく奇跡盤ですよね。
しかも、録音環境もなかなか素晴らしく、演奏内容は「エヴァンスにハズレなし」。
ライブ盤のモントルーに比べるとディジョネット演奏がおとなしめですが、
1枚目のディスクがゴメスとのデュオが5曲もあったり、2枚目ではピアノソロがあったりすることを考えると、ディジョネットはこの時のリーダーの心情にそった演奏だったのでは?

1枚目のオープナー「You Go To My Head」から心奪われる。
どれを聴いても、この録音が世に出なかったことが不思議としか言いようがない。
デュオでのゴメスの張り切りようは目に見えるようで、エヴァンスとの関係がとてもうまくいってたことの証拠。しっとりと落ち着いた演奏でどんどん進んでいきます。
1枚目の終演はタイトル曲「Some Other Time」で、まさにタイトル曲にふさわしい名演。

もう、これだけで充分すぎる!
でも、絶対2枚目にてがでるよ♪

2枚目のオープナーは「You’re Gonna Hear From Me」。ちょっとお茶目♪
1枚目からつづけて聴くと場面が展開したよう。
2曲はいっているピアノソロは力強さとリリシズムが共存し聴き入ること間違いなし。
比較的あかるい感じの演奏で進み終演の「You’re Gonna Hear From Me [Alternate Take] 」も軽快に。

なんでしょうね、夜の雰囲気、昼の雰囲気。。
あるいは、、秋から冬の心持ち、春から夏の心持ち、、みたいな2枚組。

ええと、、毎年、素晴らしいピアニストが現れますよね。
でも、このみずみずしさには澄んだ小川の源流をみるような濃さが存在。
澄んだものに濃さって、変だけど。。コピーでないオリジナルというのかな。。
彼が亡くなって40年近くたったわけですが、今のジャズファンでも心躍らせる音源。

[Disc 1]
1. You Go To My Head
2. Very Early
3. What Kind of Fool Am I?  duo
4. I’ll Remember April duo
5. My Funny Valentine
6. Baubles, Bangles and Beads duo
7. Turn Out The Stars
8. It Could Happen To You duo
9. In A Sentimental Mood
10. These Foolish Things duo
11. Some Other Time
[Disc 2]
1. You’re Gonna Hear From Me
2. Walking Up
3. Baubles, Bangles & Beads
4. It’s Alright With Me [Incomplete] solo
5. What Kind Of Fool Am I?
6. How About You
7. On Green Dolphin Street
8. I Wonder Why
9. Lover Man (Oh, Where Can You Be?) solo
10. You’re Gonna Hear From Me [Alternate Take]

Bill Evans (p)
Eddie Gomez (b)
Jack DeJohnette (ds)

連休の旅行に行ってたので、いろいろな音源が随分でおくれてま〜す。
実際、、これも、随分前に聴いているのですけど。。
でね、新発田市のジャズ喫茶バードさんに行くと、CDとレコードの聴き比べができるんですよね。
ぜひ行きたい。。

んじゃ、退散♪

« Black Ice / Wolfert Brederode Trio | トップページ | 「外山安樹子トリオTres Trick レコ発ツアー」@ジャズフラッシュ(5/20) »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

Suzuckさん,こんばんは。

それにしてもこんな音源が残っていたとは,と誰もが思ってしまうアルバムでした。悪い訳はないですが,やっぱりBill Evansは別格だと感じてしまいました。

MPSらしいクリアさがもう少しあればとか,DeJohnetteがもう少し叩いてくれたらとか,言おうと思えばいくらでも言えますが,まずはこの音源が出たことを喜ぶべきですよね。

ということで,TBさせて頂きます。

理屈というより、過去の原初的体験が大きかったです。いつものビル・エヴァンスの好調ぶりを聴けるだけで(しかもこのメンバーで)うれしかったでした。貴重な発掘音源となりました。

TBさせていただきます。

閣下、こんにちは。

FBのタイムラインでも買ったひとの多くが虜になってましたね。
確かに、どんな盤でも欠点をあげようとおもえば、あげられるのですが、、
「エヴァンスにハズレなし」と、言い切った方の肩をもってしまいます。
でも、タイムトリップしたようで、、すっごく不思議な感じです。

910さま、こんにちは。

ジャズを聴き始めた頃の初々しい時代にタイムトリップしたような気分です。
できたら、来日情報もあるといいのにな。
いろいろな雰囲気のエヴァンスが楽しめて、良かったとおもいます。

安い安いAmazonマーケットプレイスで注文済み、来月中には着くかな…という気長な世界です(^^;)まあ今まだゆっくり聴けない感じだし、のんびり楽しみに待ってます。
LPのほうがCDより比べ物にならないほど音がいいみたいですね!僕も近くのジャズ喫茶行って聴いてこようと思ってます。

 皆さん、絶賛で・・・・その事のほうが驚きました。
 やっぱエヴァンスって、ジャズ・ピアノの神様なんですね・・・・と思うのでありました(笑い)。
 TBさせて頂きます。

せきぐちさま、やっぱり、LPを聴いてみたいですよね。
LPを聴ける環境にあるのに、LPを買えない悲劇。笑
お聴きになったら、ご感想をお聞かせください。m(_ _)m

風呂井戸さま、、
絶賛できない方はコメントしたり、ブログ書いたりしない方が多いだけかもしれませんね。
ジャズピアノの神さは、彼だけではないとおもうのですが、、
かなり多くの現代のジャズピアニストのはるか源流でであるとはおもいます。
特に、好きで聴いているピアニストににはその傾向が多いかもしれません。

トラバありがとうございました。

おはようございます♪

札幌でも五〇堂で、CDとレコードの聴き比べができるんですよ。
自宅のステレオでCD聞いた後にLP聞かせていただきましたので臨場感がかなり違いましたね☆
外山トリオのCDと同日発売日でしたね。
あっ失敗した、関口さん、監視下から解き放して連れて行けばよかった(笑)

Bossoートラヤマさま!

まだ、聴き比べができてない私です。
新発田のバードでは、その場で聴き比べができるんですよ。
監視下って!!せきぐちさまを拉致して 聴き比べさせる?って!!
そりゃ、いまはNGでしょう。笑

仕事が忙しくて、自分の記事更新がやっとの日々ですが、久々にコメントします。
なんとなくデジョネットがオフ気味なので不満がありましたが、スタジオでの落ち着いた演奏で、未発表は凄いなあ、と思いました。LP1枚分に編集したら名作ですね。
改めてCDのなかから気に入りをピックアップしようと思っています。

kenさま、いつもお忙しいですものね。

私は、この時エヴァンスは素晴らしベーシストにであってとても幸せだったんだとおもいます。
で、スタジオ盤では、ディジョネットがその意向をくんだ演奏になったんだとおもってます。
やっぱり、この音源はすごいとおもいます。
でも、これをぎゅっと一枚分にまとめるのもいいかもしてませんね。
自分だけの1枚。ぐっと、きますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/65478007

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡の掘り起こし盤 『Some Other Time / Bill Evans』:

» Bill Evansの未発表音源:このリリースは「事件」だ! [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Some Other Time: The Lost Session from The Black Forest Bill Evans (Resonance) 貴重音源のリリースを連発するResonan [続きを読む]

» Some Other Time/Bill Evans [ジャズCDの個人ページBlog]
自分が社会人になって、ジャズに目覚めて2-3枚目に買ったアルバム(CD)がビル・ [続きを読む]

» ビル・エヴァンスBill Evansの好評発掘盤「SOME OTHER TIME」 [灰とダイアモンドと月の裏側の世界]
しかし絶賛の嵐ですね・・・・・それ程の大事件か?  ビル・エヴァンスBill E [続きを読む]

» Bill Evans: Some Other Time (1968) 改めて聴き直す [Kanazawa Jazz days]
 どうも肯定的には書いていない前回の内容が気になっていた。ゆっくり聴き直したい、と思っているが、時間があまり取れない。  そんなことを思っているうちに気がつくと6月。あまり昂奮せずに平常心でレコードをターン・テーブルにおいてみる。あまり前提条件を置か...... [続きを読む]

« Black Ice / Wolfert Brederode Trio | トップページ | 「外山安樹子トリオTres Trick レコ発ツアー」@ジャズフラッシュ(5/20) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ