2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

音楽で拡がる輪

« 「外山安樹子トリオTres Trick レコ発ツアー」@ジャズフラッシュ(5/20) | トップページ | In Movement / Jack DeJohnette / Ravi Coltrane / Matthew Garrison »

2016年5月24日 (火)

Pat Metheny @ブルーノート東京(5/21 1st,2nd)

Pat Metheny @ブルーノート東京(5/21 1st,2nd)
with Antonio Sanchez, Linda Oh and Gwilym Simcock

ブルーノート東京のパット・メセニーの公演(5/21)にいってきました。

Bn_1
(BN東京のHPより)

Pat Metheny (g)
Antonio Sanchez (ds) Linda Oh (b) Gwilym Simcock (p)

1stと2ndを続けて聴きました。
オープニング部分のピカソギターのソロ、メンバーが加わってからの「So May It Secretly Begin」への流れは、どちらも一緒。ピカソギターでの神聖でコズミックな雰囲気は、まさにこれから始まるメセニー祭りを予感させる。その余韻をうまく保ちつつ「So May It Secretly Begin」への移行部分は本当によく計算されていて流石。
ギターもフルアコに変えてグイグイ引っ張っていくプレイにゾクゾク。
この時点でどちらのセットの観客も「やったぁ!』って、心で叫んだと思う。

残念ながら未熟者できちんとセットリストを覚えていないのですが、1stでは、この後「Have You Heard」、「Sirabhorn」、「Unquity Road」、「What Do You Want?」と続きアンコールのガットギターソロによるメセニー曲メドレーまでに、この他4曲を熱演。やっぱり「Have You Heard」に一番?歓声があがったとおもいます。人気曲ね♪
ちょっと曲名が自信ないのですが、ギターシンセも何曲かで使い、特にサンチェスとちょう燃え上がった「When We Were Free(違うかも)」では、執拗な繰り返しと暴力的なまでなコール&レスポンスで聴いている方も力が入りました。一緒に顔が赤くなちゃったね。笑
アンコールを入れて1時間15分って感じ。

Bn_2

2ndでは、オープニングにバンドのコールがあって、始まる前から観客を煽ります。
やっぱり、ピカソギターのソロは神秘的で異空間に誘います。今度は正面だったので弾いている手元もちゃんと観えて嬉しい。ギター弾きでないけど、やっぱり手元が観えないとつまらないですよね。
その後はメンバーが加わって「So May It Secretly Begin」。
続いての「Minuano 」で歓声あげてたら、なんと次は「Travels」です。もう、この時点でドキドキが止まらなくなってるわけ。そして、お酒も多少回ってきて思考回路も弱っています。笑
この後4人揃ってでの演奏は8曲しているようなのですが(patweek.com参考)自分で覚えているのは「Farmer's Trust』。美しいメロディにうっとりしました♪

アントニオ・サンチェスはいわずもがスーパードラマー。音の数も音圧もすごいけど緩急つけて的確なドラミング。バンドサウンドを支える時の力強さは半端ないし、ソロは神業。会場をわかせる。
リンダ・オウは、女性とは思えない骨太な音ですが、しなやかでナチュラルなフレーズで情感たっぷりなソロで盛り上げる。決してトリッキーな感じはしないけど、すっごく安定していてやっぱり巧い!
グウィリム・シムコックは、とても楽しみにしていたピアニストです。その端正な容姿と同様なクールで軽快。音色からは欧州の透明感が感じられ素敵。
いつだって楽しそうに演奏するパット・メセニーですが、この日も常に満蔵そうな微笑み。ハイテンションな演奏をこれでもかと繰り返していました。


そして、2ndでは3人とそれぞれデュオをしました!!これが各自の特徴を踏まえた(当たり前か。。)選曲でとても良かったです。
リンダ・オウとは哀愁と郷愁に溢れる「How Insensitive」。フレーズの一つ一つに感情の発露をみる美しい演奏。ベースソロもしなやかさと強さを秘めた素敵なソロ。
グウィリム・シムコックとは「Phase Dance」。その爽やかな曲調に軽やかにつけるバッキング。空間的広がりと清々しさを。ソロでもサクサクと軽やかだけど厚くカラフル疾走感たっぷり。
最後がアントニオ・サンチェスとの「Question & Answer」。これが圧巻でした。
もう、ここのお客様ならば想像にたやすい超絶技巧で大迫力のソロの応酬。ギターシンセです。ヒートアップなんてものでなくて、まさに死闘の様相。ご本人たちも限界への挑戦なのでしょうが、聴いている方も思いっきり踏ん張ってしまいました!サンチェスはもちろんですが、大御所パット・メセニーの挑戦的なお姿に感動!!限界に近づけば近づくほど、アヴァンギャルドになればなるほど、、とってもパット・メセニー的なものを感じる。かっけ〜〜!!

アンコールはガットギターでメセニー曲のメドレー。終演後も再アンコールを求める拍手がしばらく鳴り響いていました。。
この日の観客はメドレーの最後の「Last Train Home」のテーマを心に鳴り響かせながら家路についたことでしょう。。

って、ことで、、気がつけば2時間越え。。。おもいきりメセニーさまを満喫!
あのお年になっても挑戦し続ける姿にまたまた惚れなおしてしまいました。

Bn_3

んじゃ、退散♪

« 「外山安樹子トリオTres Trick レコ発ツアー」@ジャズフラッシュ(5/20) | トップページ | In Movement / Jack DeJohnette / Ravi Coltrane / Matthew Garrison »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
自分は5/18大阪サンケイホール公演に行ってきました。大阪は約2時間半だったのでBNなどクラブの2回分弱くらいの構成だったようですね
大阪のアンコールはAre you~とソロ、And I Love her 1曲でした


演奏と新メンバーの印象はだいたい同じで、古いファンも最近聴きはじめたファンも楽しめた選曲とアレンジだったんじゃないですか?2~3曲新曲というかメンバーの持ちネタ?ありましたし、これもなかなか良かったですね

ただQ&Aのシンセのソロ最後部はもうしんどかったです、おぢさん・・・キンキンと耳に響いて・・・。00-01かな?トリオのライヴCDもこの曲は途中からスキップしてます(^^ゞ

あとは音響がイマイチで大音量の時に低音が割れてました。オーケストリオンのライヴも同じ会場で、音響ばっちりだったので、技術者の力量か、もしかすると席が違ったからかもしれません。オーケストリオンは1階前から1/3中央付近でほぼベスト位置、今回は1階左最後方でしたからね

クリポタと来た時のカルテットは新神戸オリエンタル劇場というところで、あの時のことは報告しました?

台風接近中の中、ライヴ直前にかみさん(当時46歳)がトイレで盗撮されて警察沙汰に・・・ライヴ終わってから事情聴取して帰宅は深夜になってしまいました。今では良い思い出ですw

ではでは・・・

ダメダメ副団長さま、お返事遅くなってすみませんでした。m(_ _)m

大阪のホールにいらしたんですね!
今回は、どこの演奏でも懐かしい人気の曲をいれてくれたようですね。

サンチェスとのデュオ、、ダメでしたか。。
確かに壮絶でしたものね。
BNの音響は1セット目は脇だったんで、バランスがもう一つでした。
2セット目は正面だったので 満足です。
って、、盗撮とか、、事情聴取とか。。なんだか、すごい思い出とかぶってますね。。。

Suzuckさん,こんばんは。通しで見られるとは素晴らしいですねぇ。

私はついついコスト・パフォーマンスを考えてホールに行ってしまいましたが,やっぱりBN行けばよかったかなぁなんて記事を拝見していて思ってしまいました。

今回の演奏はオーケストリオンがなかったのがよかったですが,やはりこれはテクノロジーに依存しない線を狙ったんではないかと思えました。演奏はいつもの感じって気もしましたが,Linda Ohはいい音出していましたし,Gwilym Simcockのフレージングも魅力的でした。

ということで,TBさせて頂きます。

閣下、オーケストリオンは究極にはデジタル的なテクノロジーに依存せず、パッと・メセニーが自分自身で音楽をすべて創造したい欲求を満たす存在にしたいんだとおもうんですけど。。
今回は、新人?の2人が楽しみなわけですが、私は合格点だったとおもいます。
パッと・メセニーの音楽世界を構築する人たちってただ合格点じゃダメ評価をくだされるようですが。。
私は、このメンバー良いとおもいました。パッと・メセニー自身が過去に戻る気はないわけなんですもの。

トラバをありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/65653622

この記事へのトラックバック一覧です: Pat Metheny @ブルーノート東京(5/21 1st,2nd):

» Pat Methenyライブ参戦記 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Pat Methenyの新バンドを聞きに,新宿文化センターに行ってきた。MethenyのバンドはUnity Groupを一昨年聞いて以来ということで,インターバルは結構短い。そして今回,ブルーノートで [続きを読む]

« 「外山安樹子トリオTres Trick レコ発ツアー」@ジャズフラッシュ(5/20) | トップページ | In Movement / Jack DeJohnette / Ravi Coltrane / Matthew Garrison »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ