2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« Groovements / Aaron Parks Thomas Fonnesbæk Karsten Bagge | トップページ | Tres Trick / Akiko Toyama Trio(外山 安樹子トリオ) »

2016年4月15日 (金)

Joonas Haavisto Trio @ 栃木県総合文化センター (4/14)

Joonas Haavisto Trio @ 栃木県総合文化センター (4/14)
Joonas Haavisto (p) Antti Lotjonen (b) Joonas Riippa (ds)

Joonas1

新譜の『Oku 』が大変素晴らしかったフィンランドのピアノトリオJoonas Haavisto Trioが来日しているのでお昼のライブに行ってきました。

ええと、、我が家の新入社員の娘より早くに家をでて、、宇都宮を目指す。
文化センターに着いたのは開場ちょっと前。お昼のコンサートなのでどのくらい人が集まるのだろう?と、油断していましたら、、なんと、長蛇の列。し。。しまった。。汗

それでも、一人というのは、、どうにかなるもので、前から二列目でほぼ真ん中左寄りの私的ベストポジションです。笑

コンサートのオープナーは「One For Jean」、思った通りのイマジネーションあふれる世界です。ちゃんとMCで曲名紹介し次はベースソロから始まる「Winter Sleep」暗く緊張感ある演奏。1音の響きが消えるまで計算されてます。どなたかな。。ちょっと、終わりが掴みにくいのか、、フライング気味の拍手が気になりましたが。。。
新譜の曲順でいくようでドラムの刻む音と音数の少ないピアノが印象的な「Frozen」、最後の音が消えると同時に「Xibalba」。硬質で透徹な響き、コンテポラリーな演奏が続きます。

ここで、ピアノソロで「Singularity」。間をいかした美しく知的な演奏でした。。

再びトリオ演奏にもどって「Chilling At Shinjuku」、三位一体となった独創的な演奏。
疾走感と緊張感、、そして自在で奔放な「Band Wagon」。う〜〜ん、、思った以上に煽られました。笑
終演は、一転、叙情的で心を掴まれる「When I Fall In Love」。

アンコールの拍手には挨拶だけの登場だったけど、サイン会は開いてくれました。(時間の関係でしょうか。。。残念。。。)
ええと、、MCできちんと曲を紹介する雰囲気からも、、すっごく真面目な性格をなんでしょうね。

母国のフィンランドの冬をイメージするような寒色系で透徹な演奏。知的で思索的で美しい響きは桜の季節の花冷えという言葉を思い出しました。澄んだ空気の中に色彩を感じます。
3人での息もぴったりなら、信頼感も感じられる甘さを省いた北欧ピアノトリオでした!

と、いうわけで、、夕方には家に戻るはずだったのですが、、
なぜか、、大宮での新幹線の乗り換えで、、東京行きの新幹線に乗ってしまいました。。
大回りして、、随分、時間をかけてのご帰宅となりました。。

んじゃ、退散♪

« Groovements / Aaron Parks Thomas Fonnesbæk Karsten Bagge | トップページ | Tres Trick / Akiko Toyama Trio(外山 安樹子トリオ) »

JAZZ(Far North )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/64991746

この記事へのトラックバック一覧です: Joonas Haavisto Trio @ 栃木県総合文化センター (4/14):

« Groovements / Aaron Parks Thomas Fonnesbæk Karsten Bagge | トップページ | Tres Trick / Akiko Toyama Trio(外山 安樹子トリオ) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ