2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

音楽で拡がる輪

« 祝来日20周年!だった 愛しのラーシュ・ヤンソン(Lars Jansson)さま♪ | トップページ | ジャズ批評 188号がでました〜♪ »

2015年10月26日 (月)

 Bridges / Adam Baldych & Helge Lien Trio

Bridges

ポーランドの鬼才ヴォイオリニスト、アダム・バウディフの新作はノルウェーを代表するピアニスト、ヘルゲ・リエンのトリオとの作品です!
アダムの前作はヤロン・ヘルマンのデュオ「The New Tradition 」
アダムさまは、神童と呼ばれ超絶技巧の名をほしいままに演奏活動をつづけ、現在はジャンルの垣根を越えた活躍で世界の注目の的、そして、ヘルゲ・リエンは、透明感あるロマンチックな演奏からプログレッシブで躍動感ある演奏で北欧のトップアーティストです。伝統を踏まえ現代的アプローチで創造の世界を広げます。
冒頭1曲目がヘルゲとの共作で、終演曲がMassive Attackの「Teardrop」、他はアダムの曲です。

オープナー「Bridges」から静かで叙情的な響き。透明感あふれるピアノと民族的メロディを根っこに持つバイオリンとの美しき融合。「Polesie」も艶やかな世界。美しくカルテットの花咲く「Mosaic」。
あぁ、やっぱり、ヘルゲのピアノはすごく美しい!そして、トリオの阿吽も最高♪
印象的なメロディを持つ「Riese」。4人の様々なテクニックが際立つ「Dreamer」。
哀愁の権化「Requiem 」。重なりの美しい「Karina 」、どこか明るさを持つ「Missing You」。
彼らしくちょっと実験的な「Up」。少し暗い感じの「Lovers」。
終演はMassive Attackの「Teardrop」。うねるような不思議な世界でかっこよし。

カルテットは一体化してしなやかで艶やかな世界を創造。リズミカルでダイナミックそして叙情的なアダム・バウディフのアグレッシブで熱のこもった演奏もどこかクールで美音のヘルゲ・リエンのピアノと相まって夢の中の風景のよう。
その世界はスラブやバルカンの音楽と北欧音楽の融合に止まらぬアダム・バウディフの世界観が広がっている。


1.Bridges
2.Polesie
3.Mosaic
4.Riese
5.Dreamer
6.Requiem
7.Karina
8.Missing You
9.Up
10.Lovers
11.Teardrop

Adam Bałdych (vn)
Helge Lien (p)
Frode Berg (b)
Per Oddvar Johansen (ds)

ヘルゲ・リエンはオリジナルのトリオで今年も来日いたします!!
もちろん、主催は「Office Ohsawa」の大沢氏ですね♪

12/2 (水)18:30 open 19:30 start
京都 RAG
自由席 前売 5,000 円 当日 6,000円 drink 別

12/3 (木)18:30 open 19:00 start
金沢 もっきりや
自由席 前売 5,000 円 当日 6,000 円 drink 別

12/4 (金)18:30 open  19:00 start
上越 ラ・ソネ菓寮 春日山店
自由席 前売 5,000 円 当日 6,000 円 drink+cake代別 500円

12/5 (土) 21:00 open  21:30 start
新宿 Pit Inn
自由席 前売 5,500 円 当日 6,500円 drink 込 入場時整理番号付

12/6 (日) 19:00 open 19:30 start
横浜 Airegin
自由席 前売 5,000 円  当日 6,000 円 drink 別

12/7 (月) 20:30 open 21:00 start
新潟 Jazz Flash
自由席 前売 5,000 円  当日 6,000 円 drink 別

12/8 (火) 20:00 open 20:30 start
経堂  Karura Hall
自由席 前売 5,000 円  当日 6,000 円

12月7日は新潟市のジャズフラッシュです!

んじゃ、退散♪

« 祝来日20周年!だった 愛しのラーシュ・ヤンソン(Lars Jansson)さま♪ | トップページ | ジャズ批評 188号がでました〜♪ »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

 このアルバムは知りませんでした。なかなか魅力的ですね。
 Helge Lien のファンとしては、是非ともと・・・・・、発注しました(笑)。
 今年も来日してくれるのですね。最近彼は益々髭が立派になって(これはミュージックとは関係なかったですね)若い割には風格も出てきてます(笑)。
 今年は冬の日本海の12月4日の上越市に参戦したいです。

風呂井戸さま、、
ヘルゲさまは、ピットインで一度聴いたときも ヘルゲさまだけでなく、バンドとしてもとても素晴らしいと感じております。
今回は、新潟市内で、、しかも音にこだわったジャズフラッシュでのライブなのでとても楽しみです。
同じ日にマッツさまのユニットも聴けるとのことで、両方予約してしまいました。

新潟は長っぽそいので上越は遠いのです。まだ、行ったことないのでライブレポート楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/62226705

この記事へのトラックバック一覧です:  Bridges / Adam Baldych & Helge Lien Trio:

» アダム・バウディフ [灰とダイアモンドと月の裏側の世界]
トラディッショナル・ジャズ・ヴァイオリンとピアノ・トリオの描く不思議なカルテット [続きを読む]

« 祝来日20周年!だった 愛しのラーシュ・ヤンソン(Lars Jansson)さま♪ | トップページ | ジャズ批評 188号がでました〜♪ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ