2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

音楽で拡がる輪

« 休日かふぇは「Chain of Days / Silje Nergaard」で決まりっ! | トップページ | Midwest / Mathias Eick »

2015年3月30日 (月)

This Is the Day / Giovanni Guidi Trio

Coverjpg

イタリアのピアニスト、ジョヴァンニ・グイディ。
10年ほど前にヴィーナスレコードから日本デビュー。
一昨年には今回と同じメンバーでECMデビュー。2作目も澄み切った美しい音色と演奏。
大きな空間にトーマス・モーガンの重力を感じるベースが見事にはまる。
9曲がオリジナル、「Quizas quizás quizás」、「I'm Trough With Love」ドラムのJoão Loboの「Baiiia」。

オープナー「Trilly」の優しく柔らかなこと。心洗われるひととき。。
遠く地の底からきこえてくるようなベースソロから始まる抽象的で美しい「Carried Away」。
澄んでいても抑えた沈み込んだ感じが漂うグイディ。切なさが滲み出る「Game Of Silence」。
フリーの様相でインタープレイを追求する「The Cobweb」。空間の魔術師。
ドラムのジョアン・ロボの「Baiiia」も緊張感ある不思議な音風景。つづく、「The Debate」も抽象的な音の世界。
内省的でリリカルな「Where They'd Lived」。鬱々とした洗練された「Quizas quizas quizas」。
破壊的、芯の強さをみるような「Migration」。やはり、優しく美しくどこか儚げな「Trilly var.」。
「 I'm Trough With Love」という選択が何とも渋く、じ〜〜ンと胸に染みる。
終演は美しくも儚げ暗く切ない「The Night It Rained Forever」。
メロディも演奏もとても美しい。

夢のような儚さに現実の重みをつけるベースが居て、彩りをつけるドラムが居て、、
何処か切なくやるせなさを漂わせながら進む…。ひとりでゆっくりと どうぞ。
イタリア持つ美しいメロディは健在、でも、静謐で抑えめな感情表現。。
見えないのに、どこかに花の香りを感じるような。。

1. Trilly
2. Carried Away
3. Game Of Silence
4. The Cobweb
5. Baiiia
6. The Debate
7. Where They'd Lived
8. Quizas quizas quizas
9. Migration
10. Trilly var.
11. I'm Trough With Love
12. The Night It Rained Forever

Giovanni Guidi (p)
Thomas Morgan (b)
João Lobo (ds)



肌寒い春先にいいかもしれないですね。

んじゃ、退散♪

« 休日かふぇは「Chain of Days / Silje Nergaard」で決まりっ! | トップページ | Midwest / Mathias Eick »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

自分のブログを検索したら、彼の「Indian Summer」(CAM Jazz)を、’08年ごろ聴いたと書いているにも関わらず、それをブログにアップしてないし、処分してしまったようだし、と少々後悔しています。ちょっと魔が差して、たまにこういうことをすると、バチが当たるんですね(笑)。

このアルバム、耽美的なメロディ加減とベースの引き締め加減、適度にフリーっぽい曲が入っていたりと、けっこうツボでした。確かに最近メロディで当たっているかもしれません。

TBさせていただきます。

910さま、、わたしもブログにあげてないんですが、、
わたしの場合あげないCDの方が遙かにおおくて。。汗

やっぱ、トーマス・モーガン効果絶大ですよね。
世の中には、巧いベーシストはいっぱいるのに 不思議だなぁ。。
この存在感はなんなんでしょうねぇ。

とらばありがとうございました。

 私はこの5月になってこのアルバムに接して感動しています。印象ではこのアルバムはトータル・コンセプト・アルバムとしても評価しています。そんなところから彼の1stアルバム「Tomrrow Never Knows」をあらためて聴き直しています(”ローズマリーの赤ちゃん”に惹かれて買ったものですが)。ちょっと作品の描くところの狙いは違ってはいると思いますが・・・・。
 YouTubeのデモ映像を見ると今作はManfred Eicherもかなり気合いが入ってますね。こうゆう姿を魅せるのも珍しいように思いますが・・・・。
 TBもさせてください。

Suzuckさん,こんばんは。

このアルバム,デリバリーされてからしばらく聞かずにおいた私がアホでしたと言いたくなるような美しい作品でした。冒頭からつかみはOKってのはまさにこれのことですよねぇ。PCあるいはiPodで聞いていても,音のよさも特筆すべきものではないかと思いました。美的なるものとフリーっぽさの混じり具合も適切ですね。

ということで,TBさせて頂きます。

風呂井戸さま、、

対応が遅くなってすみません。
暑かったり、寒かったり、もう、はちゃめちゃな新潟です。

3月にブログアップしたのですが、これから眠れなくなりそうな夏の夜に聴くと効果大かもしれませんね。何れにしても、今後も楽しみなお方です。

閣下、私も聴くことが追いつきません。。
つうか、ブログアップが間に合いません。かなり、溜まってるんですが。。。
順番を飛ばしてあげてしまおうか、思案しちゃいます。

いろんな意味で絶妙なバランスだとおもいます。
って、ことで、トラバお待ちしております♪

Suzuckさん,こんにちは。TBリトライしましたが,誤って2回送信してしまいました。ヘッダーのおかしい方は削除して頂けますか?お手数お掛けします。

私もAvishai Cohen見たかったのですが,身体が許してくれませんでした(笑)。

:::::::::::::::::::::::::::
閣下、すみません。なんだか、私がコメントできないので、編集でお返事です。

閣下、今度はとどきました。
お手数かけました♪

そうだ、体調はどうなんでしょうねぇ。
確かに、アヴィシャイのライブは、、お身体にさわったかもしれませんわ。。
ひきつづき、、お大事にどうぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/59462732

この記事へのトラックバック一覧です: This Is the Day / Giovanni Guidi Trio:

» This Is The Day/Giovanni Guidi Trio [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMレーベル新譜聴き2日目。今日はGiovanni GuidiのECM2作目で [続きを読む]

» これは素晴らしい! ジョヴァンニ・グイディ・トリオGiovanni Guidi Trio「THIS IS THE DAY」 [灰とダイアモンドと月の裏側の世界]
     <My Photo Album>  ~花の季節(1)~         [続きを読む]

» Giovanni Guidiの甘美なピアノの響き。 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
This Is the Day Giovanni Guidi Trio(ECM) 私は結構ECMレーベルの音楽が好きな方だと思っている。だから,新譜が出ると,自分の嗜好に合いそうなアルバムはできるだけ [続きを読む]

« 休日かふぇは「Chain of Days / Silje Nergaard」で決まりっ! | トップページ | Midwest / Mathias Eick »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ