2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« Two for Stevie / Max Ionata & Dado Moroni | トップページ | Animessi ~ Le Chateau dans le Ciel ~ / Giovanni Mirabassi »

2015年2月12日 (木)

Giu' La Testa / Sylvain Luc Stefano di Battista

Giu_la_testa

春と思えば、雪がちらつき大寒波とか。。
すでに心は春待ち状態なので 寒さが身にしみます。。
そんなわけで、ぷちイタリアブームが続きます。

イタリア生まれのバティスタとフランス生まれのリュック。
2人とも、ブログ開設当時からのファンでございます。はい。
土壌は違うと言え、双方とも哀愁の旋律満載の風土を持つ哀愁請負人。
仲良く、それぞれのお国の巨匠ルグランとモリコーネの曲を2曲づつ入れた仏伊合作品。

オープナーはレイチャールズの「I got a Woman」をファンキーにイケイケで!
これはちょっとびっくり。この2人の組み合わせなのでもっと端正な響きかと勝手に思ってました。最初から、やりますねっ!「 Touch her soft lips & Part」はアコギとソプラノで美旋律を聴かせます。哀愁のこもったゆったりと丁寧な演奏。。この感じをイメージしてたと白状しましょう。。と、「Django Rock」もファンキーにアルトをならします。
「Love Thema for Nata」の哀愁、ソプラノとアコギの響きにうっとり。。これよこれ♪
バティスタ曲「Arrivederci」はどことなく艶っぽさを感じる。アルトの響きにも。ソプラノで伸びやかに「Giu’ la Testa」、リュックのギターの響きの美しいこと。ファンキーにちょっとノイジーに「Sauvage」はリュックの曲。2人の息がぴったり合った「 La chanson des Jumelles」。ニーノ・ロータの「8 1/2」のテーマは互いの反応をたのしむように快楽的に。
終演はリュックの「Fresh」。互いの演奏をたのしむように絡み合います。

柔軟交互にというか、最初に思っていた哀愁満載路線とは少しちがうのですが、
アコースティックな透明感と情感をたのしむ演奏と、丁々発止でアイデア満載のハードボイルドの演奏と二度美味しい感じです。
うむ。。


1. I got a Woman(Ray Charles / Ronald Richard J.)
2. Touch her soft lips & Part(William Walton)
3. Django Rock(Michel Legrand)
4. Love Thema for Nata(Ennio Morricone – Andrea Morricone)
5. Arrivederci(Stefano di Battista)
6. Giu’ la Testa(Ennio Motticone)
7. Sauvage(Sylvain Luc)
8. La chanson des Jumelles(Michel Legrand)
9. Otto e Mezzo(Nino Rota)
10. Fresh(Sylvain Luc)

Sylvain Luc (g)
Stefano di Battista (as#1,3,5,7,8,9 ss#2,4,6,10)
Daniele Sorrentino (el-b,b)
Pierre-Francois Dufour (ds)

と、この双頭のアルバムの2人の主役。
リュックもなんですが、バティスタを目の前で聴いてみたいと長年思ってます。
今年の前半は どうも来日はなさそうなんだけど。。
どうかな。。後半。ふらりと来日しないかな。

んじゃ、退散♪

« Two for Stevie / Max Ionata & Dado Moroni | トップページ | Animessi ~ Le Chateau dans le Ciel ~ / Giovanni Mirabassi »

JAZZ(Grazie Italia )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/58911783

この記事へのトラックバック一覧です: Giu' La Testa / Sylvain Luc Stefano di Battista:

« Two for Stevie / Max Ionata & Dado Moroni | トップページ | Animessi ~ Le Chateau dans le Ciel ~ / Giovanni Mirabassi »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ