2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

音楽で拡がる輪

« Imaginary Cities / Chris Potter Underground Orchestra | トップページ | Break Stuff / Vijay Iyer Trio »

2015年1月25日 (日)

Wolfgang Muthspiel Trio @ Cotton Club (1/24 1st )

Wolfgang Muthspiel Trio @ Cotton Club (1/24 1st )
Wolfgang Muthspiel (g,vo), Larry Grenadier (b), Jeff Ballard (ds)

Wolfgang_1

Wolfgang Muthspielのアルバムはここでは二枚しかあがってません。
『Travel Guide / Ralph Towner Wolfgang Muthspiel Slava Grigoryan』『Driftwood / Wolfgang Muthspiel Larry Grenadier Brian Blade』
世の中には、巧いし凄いけどあまり有名でない演奏者って沢山いるとおもいますが、このお方も実力から考えるともっと有名でもいいかな。。って、思いませんか?

エレクトリックギターで始めたムースピール。ビタースイートで浮遊感あるプレイ。知的ムード満載で時に大きな「間」、そして繊細なに反応。1音の響きを大切に、それでいて一度スイッチが入ると高度なテクニックの高速フレージングでだめ押し。その上、歌はポップなメロディで感情がストレートに伝わってくる、フォーキーというかカントリーが入ってるとというか。。これまた、意表を突くほど好感が持てる。アコギの響きも絶品だったよ。
過去のアルバムからオリジナルを中心に選曲されていてジョニミッチェルの曲等もありました。
残念 あがらセットリストがつくれないので もしも どこかでみつけたら追加しますね。

ベースのグレナディアとはとても相性のいい感じで、ピッチが正確でほれぼれするような渾身のソロを随所で。思った以上にソロがツボに入ってしまいました。比較的小さな身体なのに上に下に凄いですよねぇ。
グレナディアとはメルドートリオでの朋友バラードはブラシワークが中心に様々な音をちりばめていく。
パーカッション的な事はじめドラムと頭をフル活用してました。
さすが、当代一のピアノトリオのリズム陣。一緒に音楽を創り出していく姿勢や関わり方が素晴らしい。

思ったよりも沢山の観客が入っていてよかった。
ギター演奏中は大学教授 、歌う時にはティーンエイジャーのようなムースピールにぞっこんでーす。
終演後は サインにも応じてくれたので、サインと写真をゲット♪
やったね!と 会計並びながら 跳ねてました。

Wolfgang_2


んじゃ、退散♪

« Imaginary Cities / Chris Potter Underground Orchestra | トップページ | Break Stuff / Vijay Iyer Trio »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/58692932

この記事へのトラックバック一覧です: Wolfgang Muthspiel Trio @ Cotton Club (1/24 1st ):

« Imaginary Cities / Chris Potter Underground Orchestra | トップページ | Break Stuff / Vijay Iyer Trio »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ