2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽で拡がる輪

« Spark of Life / Marcin Wasilewski Trio with Joakim Milder | トップページ | 休日かふぇは「7 SUENOS / FAMILIA」Quique Sinesiで決り♪ »

2014年10月18日 (土)

The Art of Conversation / Kenny Barron - Dave Holland

Art_of_conversation

ケニーバロンとデイブホランド…この熟練アーティストならば、まあ間違いはない、って、言うのは、大方の予想だとおもいます。しかも、バロンには亡きヘイデンとの『Night & the City』があり、ゲッツとの名盤『People Time』もデュオですからね。
ホランドも最近の私のブログでは、クリポタやらシピアーギンだのへん拍子ビシバシの総司令官ホランド閣下としてのほうが印象はつよいのですが、Milcho Levievとの万華鏡のような『The Oracle』なんてのもあったりするので やっぱり、興味津々なわけですね。

まずは、ホランドのThe Oracle。素敵な曲なのですが、つかず離れずの阿吽の呼吸で気品さえ漂う演奏。ピアノの音がしっとりと濡れて輝くようだし、ベースも温もりの感じる温かな音色。名演の予感はこの1曲で確信へ。テーマがモンクのようなバロンのThe Only One。バース交換なども行ってとても楽しそう。
バロンのRainは、静かに雨に佇む人影がみえるようなしっとりした曲。テーマメロディをはじめホランドの情感こもったベースソロに心奪われる。一転、パーカーのSegmentをグルーヴィに決める。ユニゾンのキメキメにジャズ好きの血が騒ぎます。
翳りと哀愁の漂うWaltz for Wheeler。 「Dedicated to Kenny Wheeler」と書かれており、九月に亡くなったばかりのKenny Wheelerに捧げられてます。別のCDのライナーにホランドとホイーラーは友人と書かれてましたので、病状を知っての励ましの?選曲でしょうが、今はレクイエムとして心に響くのが残念です。
オンリーワンの登場、モンクのIn Walked Bud。独特の音の階段を躍動感もって力強く演奏。ジャズ喫茶に行きたくなりますよね。
まるで映画の中の男女の会話のようなホランドのバラードIn Your Arms。同じくホランドのDr Do Right。こちらはラテンタッチでテンポよく進みます。バロンのSeascapeは、エレガントで明るい陽射しが降り注いでるよう。
終演は私も好きな曲の多いストレイホーンのDaydream。ゆったりと優雅な時間もこれでおしまい…。最後の1音が消えて、幕が閉じる間まで美しい。

さりげないフォロー、オブリガード、必要最小限のバッキング。
長年蓄積された互いの信頼感がもたらす、いい塩梅の距離感。
音楽の秋にどうぞ。

1.The Oracle
2.The Only One
3.Rain
4.Segment
5.Waltz for Wheeler (Dedicated to Kenny Wheeler)
6.In Walked Bud
7.In Your Arms
8.Dr Do Right
9.Seascape
10.Daydream

Kenny Barron (p)
Dave Holland (b)

あのインパルスからのリリースでジャケットは一見ロールシャッハ・テストみたいで地味です。でも、よく見ると左右対称の人の横顔が2色で描かれていて、絵は構図は左右対称ですが、色は左右で反対なのですね。内容とばっちりあってるとても良いジャケットでした。
こういうアルバムを聴いてるとジャズ喫茶が懐かしくなります。はい。

んじゃ、退散♪

« Spark of Life / Marcin Wasilewski Trio with Joakim Milder | トップページ | 休日かふぇは「7 SUENOS / FAMILIA」Quique Sinesiで決り♪ »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

Suzuckさん,こんにちは。TBありがとうございました。

まぁ,この二人ですから,これぐらい朝飯前ではないかって話もありますが,冒頭の"The Oracle"から有無を言わさぬ出来ですよねぇ。そして,彼らの書くオリジナルのよさってやはり特筆ものでしょう。特にDave Holland。奏者として一流なだけでなく,作曲能力も一流であることを見事に実証してますわ。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

こちらからもTBさせていただきます。
ホランドはもちろん自己バンドの演奏が一番好きだし、わたし的にはチック・コリアのトリオでフリージャズをやっていたときのイメージも強いのですが、こういう比較的オーソドックスな演奏でのプレイも絶品ですね。
本作は演奏良しに加えて録音も超優秀なので、迷わず5つ星にしました。

閣下、、

マルチンさま同様、1曲目で勝負は決りでしたね。
わたしも、ホランドさまの作曲能力と感受表現に してやられました。
2人で来日しないかな。。

トラバ、ありがとうございました。


追伸 閣下はオールマンののフィルモアセット買ったの?
   すげーええですよ。

ナリーさま、、
わたしはやはりホランドのへん拍子バンドですわ。
あのおかげで、シピアーギンさまの追っかけにもなれましたし。。
でも、このオーソドックスな演奏。。とてもよかったです。
これは、ジャズ喫茶でかかっていても モンクはどこからもでないよな。。と、おもいました。
音よかったですよね。

どうも、ありがとうございました。

Suzuckさん,こんにちは。

Allman Brothersは買っていません。気になってはいるんですが,ちょっと高くて手が出ません。手持ちのアルバムで我慢します(苦笑)。

閣下、、

そうなんですかあ。
我が家は 休日の度に 聴き比べごっこです。ヽ(´▽`)/

遅れて購入しました。皆さんがいいとおっしゃるので、聴いてみたら、やっぱり良かったでした(笑)。

スタンダード大会になることなく、オリジナルがけっこういいのにもビックリしましたが、やはり5曲目も印象に残ります。音もいいですし。

TBさせていただきます。

910さま、、

そうなんですよね。
演奏も素晴らしいのですが、、オリジナル曲がいいのですね。
とくに、ホランドさまの曲が 心にしみますよね。

トラバありがとうございます。m(_ _)m
こちらからもトラバしますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/57712263

この記事へのトラックバック一覧です: The Art of Conversation / Kenny Barron - Dave Holland:

» 名人同士の対話を聞くかのごときKenny Barron & Dave Hoallandデュオ [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
The Art of Conversation Kenny Barron Dave Holland(Impulse!) 記事の更新がおろそかになってしまった。どうも最近はサボり癖がついていかんなぁと思 [続きを読む]

» Kenny Barron, Dave Holland / The Art of Conversation [Jazz & Drummer]
Kenny Barron(P) Dave Holland(B) Rec. March 5, 2014,NY (Impulse 3794661) ケニー・バロンのリーダー・アルバムにはデュオ作品がけっこう多いのだが、そっち系の演奏を好んで聴くことはない私が所有し ...... [続きを読む]

» The Art Of Conversation/Kenny Barron/Dave Holland [ジャズCDの個人ページBlog]
このアルバム、実は発売日を過ぎてから、他の人のブログで高評価だったので、デイヴ・ [続きを読む]

» 批判ではありません。 THE ART OF CONVERSATION / KENNY BARRON DAVE HOLLAND [JAZZ最中]
1曲目、ベースのボーンという音が出た途端、思った通りのアルバムだと解る。もちろんピアノも、いや予想より良い音です。 2曲目、バロンのモンク理論の展開という感じの演奏です。 ホランドのソロから始まるバロンのバラッドずっとバース・ソロみたいないかにもホランド...... [続きを読む]

« Spark of Life / Marcin Wasilewski Trio with Joakim Milder | トップページ | 休日かふぇは「7 SUENOS / FAMILIA」Quique Sinesiで決り♪ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ