2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

音楽で拡がる輪

« and we met / 山口泰一郎  森泰人 | トップページ | マイ・ベスト・ジャズ・アルバム2013 と 夜光雲(ソロピアノ三枚) »

2014年2月25日 (火)

Reverie at Schloss Elmau / Gwilym Simcock & Yuri Goloubev

Reverie_se_2


ちょっと前のおでかけ、、街の中、建物の北側、しかもいろんな要因で陽のあたらない場所にだけ雪がのこってました。
建物を挟んで反対側は春のような陽射しなのに。。少しの違いで随分かわってしまう事ってありますよね。

ロシア出身で伊太利在住のベーシストYuri Goloubevは、クラシックからジャズに転向したベーシストでその技量に定評があるので「名盤請負人?」なんだそうです。イギリス出身のGwilym Simcock は、ACTレーベルが認めた新世代ジャズピアニストの1人、めきめきと頭角を現しているピアニストの1人です。以前から共演していますけど、今回は初のデュオ。シムコック自身がソロアルバムを作成した古城での録音です。(Schloss Elmauで検索すると素敵な写真が沢山でてきますよ♪)
2人のオリジナルが古城の厳格で優雅な空間に響きます。1,3,4,5,7がシムコック、2,6,8がゴロウベフ。

オープナーのPastoral、静寂な空間に美しいピアノの音色が煌めきます。ベースが入って目覚めを促します。穏やかな曲調はやがてやがてスリリングな呼応になり、躍動感豊かな演奏に。ボーイングもとても美しくとけ込みます。
憂いを含んだメロディLost Romance。2人で重ね重ね物語を語るような演奏は心に沁み込みます。
Shades Of Pleasure、互いの気持ちの高まりを押さえられないように前々と進みます。
流麗華麗な指の動きに、もう、ひたすら聴き入ってしまうほど素晴らしい2人。心の高まりを後おしするように、効果的に弓が響きます。
アップテンポで互いの反応を楽しむようなAntics。息つく暇もないって、こういう事ね。笑
消え入るような繊細なタッチから強気の決め技まで自在。

弓弾きの美しい調べではじまるA Joy Forever 。ピチカートにかわってからも幽玄な世界が広がっています。本当に美しい弓の演奏でした。
知性的で繊細、品格のあるやりとりが続くNon-Schumann Lied。
ほんのりとした幸せ感、ふんわりと光が差し込むようなピアノとベースのやり取り。。Flow。
互いに歩み行く Vain Song。ベースもピアノもメロディアスに歌う、歌う。。歌う。
終演は、「コントラバスのパガニーニ」のReverie。夢の世界に誘うピアノ調べも美しく、Yuri Goloubevのクラシック奏者として過ごした月日回想するような弓、そして、現在を饒舌に語る指。。未来を夢見るように至福の時間が幕を閉じます。

古城の空間を生かした自然な響き、そこに相応しい格調ある演奏。
超絶スリリングな展開でも、なぜかゆとりを感じる優雅さ美しさ。
2人の感情の発露に心に沁みわたる物語を感じます。
まさに、古城の幻想…期待を上回る美しい世界でした。。。

1. Pastoral
2. Lost Romance
3. Shades Of Pleasure
4. Antics
5. A Joy Forever
6. Non-Schumann Lied
7. Flow
8. Vain Song
9. Reverie

Gwilym Simcock (p)
Yuri Goloubev (b)

春の兆しがみえて来ましたね。
二月は逃げる、って、本当ですね。
疲れたときには、ゆったりと、こういうアルバムもいいですよね。

んじゃ、退散♪

« and we met / 山口泰一郎  森泰人 | トップページ | マイ・ベスト・ジャズ・アルバム2013 と 夜光雲(ソロピアノ三枚) »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

Suzuckさん、こんにちはmonakaです。
このアルバムこれは聞きたいと思ったのですが入手方法がわかりませんでした。
手に入れるまでずいぶん時間がかかるだろうと思っていたらこれだ。 ACTいつでもうまく買えませんかって、こっちのネットコンタクト能力がいけないのでしょうが。

手に入れて聞いたら記事にします。

ブラザー最中さま、、

ACTって、新譜がでる度に悩みますよね。
今回は、HMVで買いました。
当日出荷おっけーとまとめ買いのクーポンも狙って組み合わせてみました。
いまも、在庫ありですよ。。

お待ちしております。(^-^)


昨年からリリースをたのしみにしていた1枚です。
豊かな響きが堪能できる1枚ですね。Yuriさん来日してくれないかしら。

AdamとYaronのデュオがたのしみでしかたないです。

続けて失礼します。
カノンさまが コメントしている、adamとYaronのデュオって??
ヤロン・ヘルマンさんでしょうか?
気になります〜

カノンさま、、

素敵なデュオでしたね。
心を持って行かれてしまいますよね。

>Yuriさん来日してくれないかしら。

よろしくお願いいたします。笑

The New Traditionのことですよね?
これって、まだ先ですよね?
デュオのオムニバスもつい買ったので、、ちょっとだけなら聴けるはずなんですが。。。

Marlinさま、、

>ヤロン・ヘルマンさんでしょうか?
そうなんですよ。

Marlin さま、Yaron Hermanお好きですよね。
これだとおもいます。
The New Tradition / Adam Baldych & Yaron Herman
Adam Baldychは、ポーランドの気鋭のバイオリニストです。
https://www.actmusic.com/en/Artists/Adam-Baldych/The-New-Tradition/The-New-Tradition-CD

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/55131514

この記事へのトラックバック一覧です: Reverie at Schloss Elmau / Gwilym Simcock & Yuri Goloubev:

« and we met / 山口泰一郎  森泰人 | トップページ | マイ・ベスト・ジャズ・アルバム2013 と 夜光雲(ソロピアノ三枚) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ