2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

音楽で拡がる輪

« Jim Hall翁。。 | トップページ | The Brecker Brothers Band Reunion / Randy Brecker »

2013年12月13日 (金)

Prism / Dave Holland

Prism

例年以上に、師走なのにクリスマスソングに浸りきれない。(ちょう。。戯言。。)
既に、年間ベストが決まりつつある時季なのに、ブログアップしてないCDが山ほどある。。(一応、聴いてあります)

って、弁解無用で手短に。(笑)
ホランド閣下の「Extensions」で、私のハートをぶち抜いたユーバンクス兄弟のお兄ちゃんが帰ってきました。彼の精鋭隊には、弟のロビンさまをはじめ、、マイダーリンのクリポタやらサーシャさまやら、めくるめく音楽的マッスルな方々がそろっているのですが、、わたくし的には、ユーバンクス兄ちゃんの復帰祝いのような、、えらく好みで豪華な布陣です。(クリポタいないけどさ。。)
曲は、メンバーみんなで持ち寄りです。

1曲目のユーバンクス作The Watcherから、おどろおどろしいロック調な豪腕サウンド容赦なく繰り広げられている。ドスの効いたホランド閣下のベース、常時戦闘態勢のハーランド、暗くうねるティーボーン、そしてその密度の濃い空間を縦横無尽にドライブするユーバンクス。頭が痛くなるくらい、、めちゃ、痺れる。
ユーバンクスのギターが黒くうねるThe Empty Chair。肝のすわっホランド節、かっこいい。ティーボーンが創りだすフリーの空間刺激的なSpirals。心身ともに壊れそうな気分。ハーランドとともに明るく失踪するChoir、哀愁を感じるThe Color of Iris、ミステリアスな空間に詰められた歪んだサウンドA New Day。
ベースソロではじまるThe True Meaning of Determination。常にスリリングな感じで集中してる。歪んだ響きが美しく感じるEvolution。雑音の一歩手前的な部分もあって、気分は追い込まれていく。
終演Breatheは、狂気をはらんだティーボーンの怖いほど透徹な美しいピアノから。。
オープナーからこれでもかと続いた強面のサウンドを忘れさせてしまいそうになるほど、、静で柔らかな演奏。鎮静作用を狙ったとは思えないけど、いい塩梅かもしれません。。

変拍子が当たり前のような楽曲で、とどまるところを知らない激しく攻撃的なサウンド。ホーンが入らず、コード楽器二つで、密度高い凶悪で強気なサウンド。マッスルな一団でした。。
彼らが一丸となったときの音圧はお腹にかなり、、きますです。

年末は、師走の忙しいときにかけちゃいけない気がします・・。。


1. The Watcher
2. The Empty Chair (For Clare)
3. Spirals
4. Choir
5. The Color of Iris
6. A New Day
7. The True Meaning of Determination
8. Evolution
9. Breathe

Dave Holland (b)
Kevin Eubanks (g)
Craig Taborn (p, fender rhodes)
Eric Harland (ds)

で、、実はユーバンクス兄ちゃんは、兄弟も参加してる

The Messenger / Kevin Eubanks

って、今年出してます。
ここでも、お久しぶりのブランクはまったく感じさせない、バリバリの早弾きで圧巻でござった。。
うむ。。今後の展開がたのしみだす。
と、師走の駆け込みって、感じで、、すみません。。

んじゃ、退散♪

« Jim Hall翁。。 | トップページ | The Brecker Brothers Band Reunion / Randy Brecker »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

続けてこんにちは。

私もそろそろ今年のベスト盤を考えなければならないのですが,本作も候補に入ってくるだろうなぁなんて思っています。いずれにしても,ブート音源で高まっていた期待を全く裏切らないハイブラウな作品だったと思います。

やっぱりDave Hollandって凄い人ですわ。ということで,TBさせて頂きます。

閣下、、

わたしは、このアルバムの入荷のタイミングが悪すぎました。。。
ちょっとした、出荷の延期が、、ここまで、ブログアップにひびくとは。
って、それもこれも個人的な都合なんだけど。。

好きか嫌いでいわれたら、好きなんですが。。
さて、年間でどのポジションか、、って、いわれると、、わたしは悩んでしまいます。

でも、ホランド閣下を生で聴いてみたいとおもってます。はい。

実はもう今年のベスト3を選んでしまっていて、これは入ってますです。

いつもはホーンで楽しめたのに、ホーンがなくても楽しめる意外性とそのサウンドのインパクトが良かったです。

TBさせていただきます。

910さま、、

そうなんですよね。
わたしも、はやく、ベスト3だけでも選ばなくては。とりあえず、そっちは、年内だったはず。。

クリポタやサーシャさま、そして、ロビンさま、、わたしの大好きな方々がいないのですが、やっぱ、ここははずせませんよね。ホランド閣下は、、やはり、凄腕ですね。

こんばんは。
この忙しい年の瀬にコメントさせていただきます。

ホーン抜きは意外でした。
このメンバーですからガッツリジャズをやってくれていて満足です。
カッコいいアルバムですよね。
私には意外と聴きやすく、現代性少々後退かなという印象でした。
ケヴィン・ユーバンクスを久々に聴いてこんなにロックっぽかったかなとも思いました。
《A New Day》、ミステリアスですかね~。そう言われるとそんな感じかも。
私はこの曲が大好きです。メセニーっぽく感じたんです?

トラバさせていただきます。

いっきさま、、

歳があけてしまいましたね。
すみません。

ホーン抜でも、ガッツりでしたね。
ホランド閣下ですからね。笑

ユーバンンクス兄ちゃんは、尖ってましたね。
つうか、ロックなサウンドを全面的におしだしていて、、びっくり。
かなり強面な印象はありましたが、ここまでロックなサウンドだったかな、って、正直ないんしょうでした。

トラバいたしますね。
今年も、よろしくお願いいたします。

この盤は、音源聴いて正規盤のリリースを待っていたわけですが、期待通りの内容に狂喜しました。
で、私もベスト3に選んでます。


TBさせていただきます。

oza。さま、、

チックコリアと人気を二分しておりましたね。
このメンバーも生で聴いてみたいです。

どうも、、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/54244897

この記事へのトラックバック一覧です: Prism / Dave Holland:

» Dave Holland Prismの新作が強烈で燃える! [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Prism Dave Holland (Dare 2) 今回の北京出張の主目的は、現地で開催されるイベントへの出展だったのだが、イベントも無事終了し、ホテルの部屋に帰って本作を聞いた。 このバンドの演 [続きを読む]

» Prism/Dave Holland [ジャズCDの個人ページBlog]
9月の新譜をやっと聴くことができます。発売後1ヶ月ぐらい経ってしまいました。デイ [続きを読む]

» これまでの路線と変わったデイヴ・ホランドの新譜 [「いっき」のJAZZあれこれ日記(ブログ)]
新譜紹介です。この人の新譜はフォローするようにしています。 デイヴ・ホランドの『 [続きを読む]

» Dave Holland Prism [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Dave Holland Prism のCDアルバムがようやくリリースされました。 2012年9月に、中年音楽狂さんのblogで紹介され、どうにか音源を聴くことができ(当時、youtubeでも演奏は聴けた)、ぶっ飛んだ経緯があります。  その時の記事がコレ(http://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2012/09/dave-hollandpri.html) その後、いくつか断片的な音源は聴いていたのですが、早く正規盤CDでの演奏を聴きたいと切望していた..... [続きを読む]

« Jim Hall翁。。 | トップページ | The Brecker Brothers Band Reunion / Randy Brecker »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ