2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

音楽で拡がる輪

« Free Flying / Fred Hersch and Julian Lage | トップページ | Grand River Crossings: Motown & Motor City : Geri Allen »

2013年10月17日 (木)

歌姫と…恍惚に秋色に染まる。。。

なぜか、しっとりしたい季節ですよ。
で、、相当大人過ぎる女子である私も恍惚と秋色となるべくヴォーカル盤を用意しました。
秋前から準備しましたよ。今年も、素敵なおねえさまたちが揃ったんだもん。。

ところが、トラブル発生。
聴いてすぐに、1番にお気に入りにランクインした「Live in NYC / Gretchen Parlato」が壊れたCDプレイヤーの中に眠ってしまったのです!再生不可能。取り出し不可能・・。。

他のアルバムも充分恍惚状態になれるのですが、、
そこは、、あなた、、大好きなアルバムが聴けなくなって、簡単に気持ちを変えられますか?
やっぱ、時間がいりますよね。。
だから、ちょっと、駆け足でタイトル紹介だけ、、すませておくことにいたしますです。

Live in NYC / Gretchen Parlato

Live_in_nyc

自主制作?だったデビュー盤「Gretchen Parlato」からの延々と続く人脈は、彼女の実力、人気、知名度ともの広がっていて、その1人1人が日本でも注目される人たち。
そんな人たちとのライブはそのナチュラルな囁くような歌声と歌唱力、この個性は唯一無二の世界です。まるで、蝶々が舞うような軽さ。そして、バンドとの一体感。DVDがついて輸入盤なら1000円前後で手に入るはず。どうなん、どうぞ。(笑)

After Blue / Tierney Sutton

After_blue

歌唱力はヴォーカルファンの折り紙付きです。だって、わたしだって、2枚アルバム持ってるもん。(笑)こちらの人脈もバンドのそうそうたるメンバーみるとわかります。絶対買いたくなります。
しかも、表現力抜群の彼女が、曲に力のあるジョニミッチェルの曲を渋く歌いあげます。
こりゃ、1曲目からぐっと引き寄せられ、、気がつくとまるでアカペラを聴いてるよう。
闇にジョニミッチェルの肖像が浮かび上がります。
でも、ぐっとそれが近づいてくるとティアニーサットン…彼女自身。
スピリチュアルと言ってもいい素敵なアルバムです。


Beautiful Life / Dianne Reeves

Dr_front

上の2枚とまったく違った、ゴージャスでソウルフルでポップな仕上がり。
彼女のルーツ的な曲を取り上げ、話題のグレゴリーポーター等のゲストとのデュオもあるって、メジャーなヴォーカル姫のおきまり的なつくり。。
とはいえ、、このグルーブ、ダイナマイトなエレガントさ。
ロールスロイスで、高速道路を時速40キロみたいな安定感。やっぱ、気持ち良いもんですヨ。


と、書き殴ってみましたが。。
気持ちを切り替えて、、前に進めるのでしょうか。。
人間、、そんなに簡単に心変わりできるでしょうか。。。

んじゃ、退散♪

« Free Flying / Fred Hersch and Julian Lage | トップページ | Grand River Crossings: Motown & Motor City : Geri Allen »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは〜
このアルバム 迷っていたら 一時在庫切れになっちゃったんですよ...

閣下もいいと言っていましたね♪
ディスク、出ましたか? こういうのって どうしたら出てくれるんでしょうね。
オートバックスとかで見てもらえないのかな!?
出てくるといいね。

ダウンビート8月号、第61回批評家投票の女性ヴォーカル部門で、Tierney Suttonが10位、Gretchen Parlatoが続く11位でした。
NYCのライブ、今のところ今年の私的ジャズヴォーカルディスク大賞候補です。
というか、今年ヴォーカルのアルバムあまり聴いてないのですが・・・・・
スイマセンがリンクここに貼らせていただきます。
http://ameblo.jp/otremazul/entry-11643477913.html

Marlinさま、、

>こんばんは~
>このアルバム 迷っていたら 一時在庫切れになっちゃったんですよ...

そうなんですか。残念でしたね。
って、いってる場合じゃないんですけどね。(汗)

>閣下もいいと言っていましたね♪

私のリンク先のお友だちで、これがダメって人は、、探せないんだけど。。
でも、私はすごく良いと思いました。
ティアニーサットンも良かったですよ。

>ディスク、出ましたか? こういうのって どうしたら出てくれるんでしょうね。

うん。。
話せば長いことになりますが、、まだです。。

>オートバックスとかで見てもらえないのかな!?

それって、勘違い。
それは、閣下ですよ。私はでかける寸前に届いて、車では快適に聴きました。。

>出てくるといいね。

ありがと。m(_ _)m
もう少し、頑張ってみます。はい。

Izu-Ochoさま、、

>ダウンビート8月号、第61回批評家投票の女性ヴォーカル部門で、Tierney Suttonが10位、Gretchen Parlatoが続く11位でした。

ほぉ!
ティアニーサットンもすごく良かったですモネね。
でも、好みの問題で、Gretchen Parlatoのアルバムの方が好きだなぁ。。。

>NYCのライブ、今のところ今年の私的ジャズヴォーカルディスク大賞候補です。

うん。私も候補ですけど、他にも居るんだなぁ。。(笑)

>というか、今年ヴォーカルのアルバムあまり聴いてないのですが・・・・・

私も、インストの比率から言うと、、数はあまり聴いてないですけど。。
好きなヴォーカルは新譜情報はキャッチします。
人生長いので、皆さんが思ってるより、、好きなヴォーカルも多いのですよ。(爆)

>スイマセンがリンクここに貼らせていただきます。
http://ameblo.jp/otremazul/entry-11643477913.html

ありがとうございました。
トラバ出来なんですねぇ。。ちょっと、悲しい。。

こんにちは。秋口は日頃ジャズ・ヴォーカル物を聞かない私も,多少気が変わるシーズンですねぇ。と言うか,いいアルバムが出ただけですが(笑)。

Gretchenはバック込みでポイント高く,Tierneyはやはり選曲の勝利でしょうねぇ。後者はやや地味な感じは否めませんが,Joniに対するリスペクトがよく表れていたと思います。両方好きですが,どっちか一方を取れと言われれば,Gretchenでしょう。素晴らしい歌唱と伴奏だと思いました。

ということで,ダブルでTBさせて頂きます。

閣下、、

これでも女の子なんで、自分の気持ちを託して(笑)ヴォーカルものも聴きますよ。
そんでもって、女の子なんであんまりお色気あると嫉妬してしまいます。

こういうきちんとしたテクニックに基づいたヴォーカルは大好きです。
甲乙と言うより、自分の好みの順番なのですが、Gretchen Parlatoのライブ盤のコスパは凄すぎるなーって、思いました。20年たって手を出すのはTierney Suttonの盤かもしれませんが。。
そして、王道のDianne Reevesの一種の冒険も胸を打つものがありました。
力のあるヴォーカリストは「牽引」していかなくちゃいけないのだよ。。なんて。

トラブル続きで腐ってる私ですが、テンションあげてがんばります。

Suzuckさん、こんばんは。
CDプレーヤーから取り出せてますか?!

甘くクールなボーカルもそうなんですが、バンドのかっこよさも満足度高く、これがDVD混みで1000円台前半ってお買い得で、コスパ抜群ですね。映像の方みると、バンドはなにげに緊張感ありありで、このパフォーマンスもなるほどって感じでした。
というわけでTBさせていただきます。

とっつぁんさま、、

CDプレイヤーは、とっても、困ったことになってます。
いやー、昔から、、彼女のアルバムに集まって来るメンバーって、かっこいいですよね。
みんな、優れ者だよねー。
お得感満載なアルバムでした。。

わたしも、メルドーとのデュオアルバム楽しみです。
って、クリポタ音源も追いかけきれてなくて、、クリスマスシーズンに突入しちゃって。
頭が、とっ散らかってます。え?はいはい、、いつもです。はい。┐(´д`)┌ヤレヤレ

閣下、、

http://mysecretroom.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/lua-ya-yeahwon.html

これも、Sun Chungのプロデュースだけど、結構、暖かな感じですよ。
って、、プロデューサーがとても大事なのは、、皆さんの文章でよくわかりました。
お勉強になるリンク先ばかりで、、時々、、凹みます。(笑)

頭が、、、、ついていかん。。。。

と、いうことで、わたしの好きなあるばむでした。

すずっくさん、このアルバムは最初のハンコックナンバーで、やられました。
ピッタリの雰囲気でツボにはまりました。バックもいいですね~。
インストとして、ボーカルとして両方の味わい。
CDプレイヤー、アクシデントですね。聴けないとなるとよけい聴きたいでしょう。
とするとライブに行くとか。私はこのアルバムでやはり来日ライブ、行けば良かったと思いました。

マダムさま、、

今年もよろしくお願いいたします。
ハンコックの蝶蝶って、かっこいい曲ですよね。

現在、貸し出し中で(笑)聴けないのですが、、
引っ張りだせましたよ。DVDを最後まで観てない、ってのが、惜しいのですが。。
我が家のシステムが、また、複雑化して、、DVDの聴き方がわからないことになってます。
そりゃ、ライブ、行きたかったですよ。デビューアルバムからのファンですもん。。
でも、まあ、あのときは無理。
ハーシュのソロが奇跡的にきけたり、ショーターが奇跡的に聴けたり、
ユニティバンドが奇跡的に聴けたり。。
よく考えれば、、ラッキーなことですよね。。。

皆さんの評判が良かったので、買ってみたら、出会えてよかったアルバムの1枚になりました。ヴォイス的なので、普段はインストものばかり聴いている私も、聴いていてうれしくなってしまいました。こういう方向性もあったのか。

TBさせていただきます。

910さま、、

910さまの「お茶目な」文章で思わず笑ってしまいました。
この人、ずいぶん前から気に入って追いかけているのですが、確かに器楽的なスタンスですが、わたし的にはヴォーカルです。笑
DVDもついて、この内容で1000円ちょっとて、かなりのお得ですよね。

大事な人への、、おしゃれなプレゼントにもおすすめです。ヽ(´▽`)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/53634609

この記事へのトラックバック一覧です: 歌姫と…恍惚に秋色に染まる。。。:

» 秋の夜長にぴったりのTierney SuttonによるJoni Mitchell集 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
After Blue Tierney Sutton(BFM Jazz) Tierney Sutton 私はこのブログにも書いているが、熱心なジャズ・ヴォーカルのリスナーではない。しかし、ごくまれに聞く [続きを読む]

» Gretchen Parlatoのライブ盤:ここのところ女性ヴォーカルの連チャンだが,これは避けて通れまい [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Live in NYC Gretchen Parlato (ObliqSound) ここのところ,ジャンルを問わずって感じはあるものの,女性のヴォーカルものが続いているのは,私にしては珍しいことである [続きを読む]

» Gretchen Parlato / Live in NYC [とっつぁんのblog]
Gretchen Parlato (vo,perc) Taylar Eigsti (p,key) Alan Hampton (b,vo) on #1,3,4,5,6 Mark Guiliana (ds) on #1,3,4,5,6 Burniss Earl Travis ii (b,vo) on #2,7,8,9 Kendrick Scott (ds) on #2,7,8,9 Recorded Live at Rockwood Music Hall, New York, NY, De... [続きを読む]

» GRETCHEN PARLATO / LIVE IN NYC [JAZZ & BOSSA]
新年、おめでとうございます。 個人的には、一昨年に続き、昨年も激動の年でした。今年はどうなるのか。 ジャズを聴く暇がない時期も続きましたが、聴く時間が少なくなっても、心に触れる 音楽との 出会いを望んでいきたいものです。 本年もよろしくお願いします。 さて。グレッチェン・パラート。 一聴して、前作にも増して、いい雰囲気。ライブ盤。 オープニングでやられました。ハンコック・ナンバー。Butterfl..... [続きを読む]

» Live in NYC/Gretchen Parlato [ジャズCDの個人ページBlog]
この1月、CDが延期連絡ばかりで全然家に届いてなくて、早くて1月末になりそうだと [続きを読む]

« Free Flying / Fred Hersch and Julian Lage | トップページ | Grand River Crossings: Motown & Motor City : Geri Allen »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ